シュトーレンは美味しくないしまずい!食べ方やアレンジ方法を紹介!

 

 

日本でもクリスマス時期になると見かけるようになったシュトーレンがあります。

 

シュトーレンの本場ドイツでは、クリスマスの準備時期のアドベントのスタート(クリスマスの3週間前の日曜日)にクリスマスまでの心の準備として、少しずつスライスしていただくお菓子のような重たいパンです。

 

シュトーレンを食べたときに、「パサパサする」とか「ぼそぼそだった」「美味しくない」「甘すぎる」 「不味い」など思ったことはありませんか?

 

しかし、原因はシュトーレンのせいではないことがあります。

 

そんな、シュトーレンが「美味しくない」「まずい」理由と、シュトーレンを美味しく食べられる食べ方 と、アレンジ方法をご紹介します。

 

シュトーレンは美味しくないしまずい!そう言われてしまう原因は?

 

 

 

シュトーレンは美味しいパンなのですが、「美味しくない」「まずい」と感じる理由を考えてみましょう。

 

 

シュトーレンのアレンジがまずいから美味しくない

 

 

ドイツでシュトーレンと呼べるものを作るには、「上質焼き菓子ガイドライン」という名称の規定集があり、生地や水分量ドライフルーツ・ナッツ油分砂糖などが厳しく定められています。

 

そんな厳格に定められているシュトーレンを、日本人向けに味や作り方を変えているものが販売されているのです。

 

シュトーレンは寒い時期に食べるものですので身体を温める効果もあり、スパイスドライフルーツナッツが入っているものにラム酒が加わっているので、味も個性的で味 の好き嫌いが分かれます。

 

もしかしたら、シュトーレンを食べて「まずい」「美味しくない」と感じたら、本当に美味しくないシュトーレンを買ってしまったのかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

シュトーレンの食べ方が間違っている

 

 

シュトーレンはクリスマスの約1ヶ月前から、少しずつたべるものです。

 

シュトーレンはキリストがおくるみに包まれている姿を象って純白を表す粉砂糖をふりかけています。

 

そのようなシュトーレンを食べるときには、薄くスライスして食べるのです。

 

シュトーレンは時間をかけて食べるものですから、時間が経つと熟成されます。

 

シュトーレンに 入っている砂糖や洋酒が中のドライフルーツやナッツに風味が移り美味しくなるのです。

 

そんな、シュトーレンを食べるときには薄く切らなければいけません。

 

厚く切ると厚く切ると、モソモソしたり口触りが悪くなります。

 

少しずつ、毎日の味の変化を楽しみながら美味しく食べてください。

 

シュトーレンの保存方法が間違っている

 

 

シュトーレンは寒い冬に食べるものですから、味をなじませるためにも常温で保存することをおすすめします。

 

しかし、現在の住宅では部屋の中は温かすぎてカビが生えたり傷んだりします。

 

そんなときには冷蔵庫で保管しましょう。

 

食べるときも注意が必要です。

 

普通のケーキなどは端から切り分けますが、シュトーレンは中央から切ります。

 

真ん中を1センチ以下に切り取るのです。

 

一度に全てを切って置くことがありますが、必ず食べる分だけ切り切った両端をピタリと貼付けラップに包み保存しましょう。

 

そうすることで、熟成してしっとりとしてきます。

 

毎日、少しずつ味の変化を楽しんでください。

 

スポンサーリンク
 

シュトーレンの美味しい食べ方やアレンジを紹介!!

 

シュトーレンがまずいと思った時に美味しく食べられるアレンジ方法をご紹介します。

 

 

温める

 

 

シュトーレンをレンジ500wで30秒ほど軽く温めると、砂糖が溶け出して生地にしみこみ、ラム酒やバターなどの香りが際立ち風味が増します。

 

ミルクティーなどとあわせて食べると、さらに美味しくなるのでおすすめです。

 

冷やす

 

 

シュトーレンを食べる1時間くらい前に冷蔵庫に移して冷やして食べると、冷たいシュトーレンのバターなどが口の中で溶けてフルーツやナッツなどの味が際立ち美味しくなります。

 

温かい飲み物 と一緒に召し上がってください。

 

スポンサーリンク
 

クリームチーズや生クリームを添える


クリームチーズ生クリームを添えて一緒に食べると、パサパサ感がなくなり美味しく食べられます。

 

ポイントは、生クリームに砂糖を入れないことです。

 

あっさりと食べられますよ。

 

パンプティングにする


耐熱容器にシュトーレンと、牛乳と溶き卵をあわせた卵液を入れオーブントースターで約10分焼く。

 

(機種によって異なりますので加熱時間は調整くださいね)

 

表面がこんがりして中はしっとりし て熱々で美味しいです。

 

まとめ!

 

クリスマスの時期になると見かける

 

シュトーレンの美味しくない・まずい理由

シュトーレンを美味しく食べるアレンジ方法

 

をご紹介しました。

 

美味しいシュトーレンを食べるために、時間をかけて、薄く切って少しずつ、食べてください。

 

一番 大切なのは、真ん中から薄く切って食べることです。

 

そして、保存は両端をピッタリとくっつけ保存しましょう。

 

シュトーレンのアレンジ方法も紹介しましたのでぜひお試しください。

 

シュトーレンに関しての別途関連記事はコチラ↓

シュトーレンが日持ちする理由を紹介!賞味期限や保存期間はいつまで?

シュトーレンにカビが生えた!?見分け方とおすすめの保存方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です