大澤秀一の経歴をwiki風プロフィールで紹介!プレハブ小山でパン屋を開業!?【激レアさん】

 

2020年5月27日放送の【激レアさん連れてきた】でパン職人の大澤秀一さんがゲストとして登場します。

 

大澤秀一さんは2019年開催の「第7回モンディアル・デュ・パン」で優勝という栄光を掴み取った方です!

 

日本一のパン職人の始まりの開業がまさかのプレハブ小屋など、調べれば調べるほど興味深い人物である大澤秀一さんについて紹介していきますので、是非最後までお読みいただけると嬉しいです!

大澤秀一のwiki風プロフィール!

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . . パンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」とは? . . 2年に1度、 日常パン・健康と栄養パン・ヴィエノワズリー サンドイッチ・飾りパンなどの総合力を競う 世界最高峰の国際製パンコンクール。 また、25歳以上のシェフと22歳以下の 若手パン職人がチームになって取り組む競技で 若手の育成を目的とした唯一の大会。 . . 世界1おめでとう🎉🍾 . . 春の選抜甲子園に出た自分より よっぽど!いや、遥かに凄いよ、兄弟w🤣 なんと言っても世界が付くからね〜 何もできない不器用な ただのいいやつって思ってたけど 誇れるものがあるってのは 素晴らしく、素敵だね🌟 自分に誇れるものと言ったら 何も無いな〜、、そんな俺に 頑張ろうって思わせてくれた瞬間でした👏 本当におめでとう‼️ これからも応援してるぜ📣 大澤シェフwww . . . . #大澤秀一 #大澤秀一シェフ #世界1 #世界イチ #世界一 #モンディアルデュパン #モンディアルデュパン優勝 #mondialdupain2019 #mondialdupain #フランス #france #パン #群馬 #パン屋 #follow4follow #folkgood #food #instagood #instafood #smile #happy #bakery #珈琲哲学 #cafe #instalike #coffee #bakery #chocolate #organic #organicfood #コムン . . . .

TKM “DOLCE” F(@takuma_dolce_golf)がシェアした投稿 –

生まれ年:1986年

年齢:34歳

職業:パン職人(Comme ’N(コム・ン))のオーナー

 

パン焼き場Comme ’N(コム・ン)のオーナーを務めており、2年に1度フランスで行なわれるパン職人の大会である「モンディアル・デュ・パン」の日本選考大会で優勝し、国際大会の出場権を獲得します。

 

「モンディアル・デュ・パン」ではパン職人達が技術と品質を競う国際大会で、大会に出場する選手は22歳以下の若手アシスタントとコンビを組み、大会に参加するルールです。

 

大澤秀一さんは助手である久保田さんという女性とコンビを組み、大会ではなんと100以上のパンを作ったそうで、その技術と努力の結晶が垣間見えますね!

スポンサーリンク

大澤秀一の経歴を紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

*Comme’N(コムン)の大澤秀一 × 高橋雅子 パン講習会* #わいんのある12ヶ月 の高橋雅子先生の#憧れブーランジェ美味しいパンの作り方 シリーズ第3回でした。 今回のゲストベーカーは昨年のパンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」日本代表選考会で優勝し、今年秋の世界大会への出場を控えている大澤シェフ。 なかなか都内で買う機会のないコム・ンですが、今回はパンの販売も特別にありました(๑˃̵ᴗ˂̵) そこに並んでいるパンの美しいこと!✨ 特に#クロワッサンデピス と#ショコラクロワッサン は飾り細工が施され、一見クロワッサンとは分からない! 木工細工みたいで、本当に飾りたくなる可愛さだった😆 #大澤秀一 シェフは初の一般向け講習&トークショーだったそうだけど、一所懸命にお話してくださってるのが伝わり、誠実なお人柄だなぁと感じます😊 教わるは#パンドミ と#チョット という変わった名前のパン🍞 パン・ド・ミは湯種で、私の好みのやつ! 試食が最初から楽しみ💕 湯種の作り方が今まで習ったのと少し変わってて、試してみたくなる。 どろどろな湯種❗️ おもしろい😳 でも使う直前のはもっちもっとそうな感触。 チョットという変わった名前のパンは、パンドミ生地をちょっと取って、そこに粉や材料を入れて冷蔵発酵もなしに自然に置いておいて作るエコなパン🥖 今フランスで話題になっている機械を使わず手でざっくり混ぜたり、冷蔵発酵などせずに作るパンの製法、レスペクチュパニスを取り入れてるそう。 世界大会でのテストの1つでもある不思議なパンの製法はすごく興味深かった😳✨ チョットは、とろとろの生地だけど、大澤シェフがうまーく分割丸めするのがやっぱりすごい! 簡単そうに見えるけど、打ち粉なしであんなどろどろの生地をくるくる丸めるなんて神の手だ✨✨ さらに、えだまめパンの#枝豆成形 も教えて頂きました🥜(←これはピーナツ) 可愛い! これはやりたくなる成形‼️ チョットも成形に決まりはないので、色んな成形を実演してくださいました。 大澤シェフはどんな質問にも向き合って、プラスアルファを加えながら色々教えてくださって、聞きやすいし教わりやすい🎶 雅子先生のさし挟む質問も「それ!」っていうのが多く、うまくお二人間の質疑応答ができて実り多い講習でした😊👍 恒例のお土産パンももちろん✌️ *きな粉とくるみと栗のブール *苺チョコとクランレザンとクリームチーズ きな粉とくるみと栗のブールはこの湯種食パン生地を使っているそう。 一見ハード系に見えつつじつはもちもち。 きな粉も栗もくるみもたっぷりで和風の甘さがあり、すんごく美味しかった💕 そして#焙煎玄米粉 のパンも魅力もめっちゃ感じました🌾 香りがすごくいいし、玄米粉入りのパンもしっとりもちふわでおいしい💕 使い方も細かく教えて頂いて、きてる人の何割かは早速アマゾンでポチったんじゃないかな😆 @winenoarumasako @comme_n @akomeya_tokyo #commen #コムン #大澤秀一シェフ #高橋雅子 #パンのイベント #トークショー #パン講習 #パン講習会 #パンマニア #パン好き #パンレッスン #パン教室

ひろ(@chihiyof)がシェアした投稿 –

 

大澤秀一さんの実家もパン屋を営んでおり、20歳の時に実家である高崎市吉井町のベーカリー、パリジャンで父の元でパン職人としての腕を磨きます。

 

25歳の時に前橋市の農産物直売所の誘いがあり、一度独立しますがわずか1年で事件が起こりました。

 

直売所は撤退の危機に立たされ、大澤さんのお店も閉店寸前まで追い込まれます。

 

幸いにも他所の移転の話もあった大澤さんでしたが「パン職人として技術を1から学び直したい」とこの頃から考え始めており、2012年6月にお店をたたみました。

 

 

その後、18歳の頃から憧れであったパン職人である、西川功晃(たかあき)さんの元で学びたいと決意します。

 

西川さんは「パンの教科書」を出版している著名なパン職人で、パン職人の業界で彼を知らない人はいないほどの方です。

 

大澤さんは電話での交渉では断られる可能性があると考え、直に西川さんに会いに行く為に、西川さんの経営している兵庫県神戸市にある「ベーカリー、サ・マーシュ」に向かいます。

 

その後、西川さんの採用試験を無事合格し、西川さんの元で働くことになりますが、ここからが困難の連続でした!

スポンサーリンク

尊敬する師の元で働くも、慢心を思い知らされた?

 

大澤さんは無事に西川さんの元で働くことになりましたが、大澤さんに待っていたのは厳しい試練の連続でした。

 

大澤さんは18の頃からパン職人の道を歩み、自身の腕に多少の自信はあったものの、パン作りに必要な「パンの丸め方やガス抜きなど出来ていたつもりが、全然なっていなかった」ことに気づきます。

 

西川さんのパン作りを間近で見て、パン作りの奥深さを再度痛感した大澤さんはパン作りにひたすら励みました。

 

師の店を辞め、国際大会の舞台へ!

 

師匠であった西川さんの店を2年後に退職した大澤さんは再び、自身の店を持つことを決意します。

 

店を開業する間は食品メーカーなどから依頼された新商品の開発やアルバイトで生計を立てていたそうです。

 

ある日、師である西川さんに誘われ出掛けたのがパン職人の夢の舞台である、パンの国際大会「モンディアル・デュ・パン」でした。

 

この大会ではパンの見た目と味の他に栄養バランスや工程、職人同士のチームワークなどの審査項目が多く、ただ単に美味しいパンを作れば良いと言うわけではありません。

 

この時、大澤さんが観に行った大会は2015年に行なわれた第5回目のモンディアル・デュ・パンで、この大会の観戦後、大澤さんは自身もこの大会に出場したいと思い、再び修行することを決意します。

 

 

大澤さんは自身の腕を磨く為に日本有数のパティシエである鎧塚俊彦さんの店でベーカリー部門を担当し、腕を磨きました。

 

その後大会に出場する為に、再び自身の店を開業するための物件探しを再開します。

 

そして、オープンしたお店は驚くことに駐車場内のプレハブ小屋でした!

 

お店をオープンすると、助手である若手パティシエの久保田遥さんと二人三脚で世界を目指します。

 

そして2019年に開催された第7回モンディアル・デュ・パンで優勝を果たしました!

 

この時、22歳以下の助手を選出する部門も設けられており、なんと助手である久保田さんも優勝を果たし、ダブル優勝します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

最新アップ情報 パン屋噺 4 今回もモンディアル・デュ・パンで優勝した大澤秀一さん(コム ン )に、飾りパンのお話を聞きました。 画像を見て頂ければ分かると思いますが、これまでのパンの飾りパンのカテゴリーを超える作品を作り、堂々の優勝でした。 世界の飾りパンをアップデートしてしまった、ご苦労など聞いてますので読んでみてください。 https://pan-manabiya.com/%e3%83%91%e3%83%b3%e5%b1%8b%e5%99%ba%e3%80%804-%e7%ac%ac7%e5%9b%9e%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%83%91%e3%83%b3%e5%84%aa%e5%8b%9d/ #comme_n #大澤秀一 #7th MONDIAL DU PAIN 2019 #モンディアル・デュ・パン #パンの学舎 #panmanabiya

パンの学舎(@panmanabiya)がシェアした投稿 –

この画像を見た時に「本当にパン?」と思ってしまいましたが、コレが世界を目指すパン職人が織りなす技術です。

 

パンではなく、もはやコレは完全に芸術の域と言える作品で、ただただ驚くことしか出来ませんね(大汗)

スポンサーリンク

大澤秀一のパン屋はプレハブ小山?


先程少し触れましたが、大澤さんのお店はプレハブ小屋で出来ております。

 

SNSの画像を見ているだけでお腹が空いてきますね!

 

しかし、大澤さんのお店は現在移転の段階であり、群馬県高崎市に店舗はない状態です。

 

移転先は東京を予定しており、新店舗は東京都世田谷区に2020年8月にオープンするそうです!

 

移転先もプレハブ小屋になるのか、どっしりと大きなお店を構えるのかは分かりませんがいずれにしても楽しみなことに変わりありません!

 

コチラでは大澤さんの経営するお店についてより詳しく紹介しております!!

大澤秀一のお店【コム・ン】の評判や口コミを調査!東京都世田谷区に移転予定!?【激レアさん】

 

大澤秀一の経歴をwiki風プロフィールで紹介!まとめ!

 

【激レアさん連れてきた】にゲスト出演する、大澤秀一さんをwiki風プロフィールで経歴共に紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

経歴からも大澤さんのパンに対する情熱と決めた目標は必ず達成する行動力が今の大澤さんを作ってきたことが分かりました!

 

現在コロナウイルスの影響で、食品業界も大変な時期ではありますが、大澤さんのお店が都内にオープンしたら是非1度足を運んでみたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です