高市昭典の家族と勤務先の会社は?松山市の国道であおり運転をした動機を調査

出典:ホウドウキョク

あおり運転をしたとして58歳の会社役員の男が逮捕された事件です。

この事件で逮捕されたのは高市昭典容疑者で2018年8月に松山市の国道であおり運転を起こした事件です。

最近になりこの様なあおり運転が増えて来ておりますね。

今回のあおり運転も非常に許し難いものです。

今回あおり運転で逮捕された高市昭典容疑者家族の情報と勤務先の会社について調査したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:ホウドウキョク

事件は愛媛県の松山市の国道あおり運転が起きた事件で会社役員の高市昭典容疑者58歳が逮捕された事件です。

逮捕された会社役員・高市昭典容疑者(58)は、2018年8月、松山市の国道で、40歳の男性が運転する車を追い越し、およそ700メートルにわたり、蛇行運転や急停車などを繰り返し、その後、男性の車を停止させて、どう喝した脅迫の疑いが持たれている。

出典:ホウドウキョク

40歳の被害者男性が運転する車を追い越しなんと700メートルもの距離を蛇行運転急停車などを繰り返していたそうです。

運転するものとしてのモラルに非常に欠けていると思ってしまう様な犯行ですがさらに酷いのが、車を停止させて、どう喝した脅迫を行っていたのですから驚きです。

最近ですとあおり運転による死亡事故裁判になっておりますが、この様なことが起きてもあおり運転が無くならないことについては怒りと悲しみを覚えてしまいますね。

頭に血が上ると後先考えないタイプがこの様なことをあおり運転を起こしてしまうのでしょう。

事件発覚のきっかけは?

出典:ホウドウキョク

事件発覚のきっかけはドライブレコーダーの映像から割り出した結果、高市昭典容疑者が浮上したみたいです。

最近この様なあおり運転の事件の発覚はこのドライブレコーダーが役に立つことが多い為、この様な事件に巻き込まれてしまった際の証拠を残せる、ドライブレコーダーが今後は重宝するかも知れませんね。

またこれだけ証拠が出ているのに対し高市容疑者は調べに対し

調べに対し、高市容疑者は「覚えていない」と話しているが、警察は、動機など厳しく追及する方針。

出典:ホウドウキョク

「覚えていない」とは驚きです。

後になって自分がしてしまったことに対して我に返ったのでしょうか?

今回は幸いなことに大きな事故にはならなかったもののもしも死亡事故になってしまったらと考えたら、この様な発言をしても「時すでに遅し」だと感じてしまいますね。

もしも我に返ったのであれば今回のことを深く反省していただきたいですね。

スポンサーリンク

高市昭典容疑者の顔画像は?

高市昭典容疑者顔画像については現在の時点では公開されておりませんでしたのでコチラの情報については公開され次第加筆して行きたいと思います。

スポンサーリンク

高市昭典容疑者のプロフィール

名前 高市 昭典
年齢 58歳
職業 会社員
容疑名 あおり運転

年齢は58歳の会社役員で会社の中ではベテランの存在だったと思います。

58歳の会社役員ということで恐らくプライドも高かったのではないでしょうか?

プライドが高かった故、相手の車に腹を立て今回の犯行に及んでしまったのではないでしょうか?

今回の事件でもう今の会社の立場に戻ることは困難に近いでしょう。

また高市昭典容疑者Facebookアカウントも調査しましたが、顔画像が公開されておらず、個人と断定できるアカウントを特定するのが困難でした。

高市昭典容疑者のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

高市昭典容疑者の家族は?

高市昭典容疑者の家族の情報ですが現在の時点では公開されている情報がなく特定には至りませんでした。

58歳の会社役員ということで奥さんや子供がいてもおかしくない年齢と立場ということで家族がいる可能性は高いと思われます。

高市昭典容疑者の勤務先の会社は?

高市容疑者の勤務先についても調査しましたがコチラも公開されている情報がありませんでした。

勤務先の会社の情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

あおり運転が起きた事件現場は?

あおり運転が起きた正確な現場も明らかになっていない為、情報が入り次第加筆して行きます。

スポンサーリンク

ネットの反応

愛媛県はどうやら自動車運転の治安がそこまで良くないと行った評判でした。

しかしあおり運転が問題になっている今だからこそ再度ドライバーの方々にはこの問題について考えてもらいたいものですね。

まとめ

今回の事件は愛媛県で起きたあおり運転の事件でした。

幸いなことに今回大きな事故にはならなかったものの1つ間違えれば大きな事故になっていた可能性があります。

現在あおり運転が原因の死亡事故による裁判が話題になっているだけあってあおり運転に対してもう一度真剣に考えて欲しいと感じてしまいました。

悲劇が起きた後では「知りませんでした。」や「覚えていません。」では済まされません。

今後この様なあおり運転がなくなることを祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする