竹田達也容疑者の顔画像と母親の詳細は?ネクタイで母親を殺した動機は?

「ネクタイを緩めるネクタイを緩める」[モデル:段田隼人]のフリー写真素材を拡大

息子が母親の首をネクタイと手で締め殺害した疑いで逮捕された事件です。

殺害の疑いで逮捕されたのは川崎市高津区久末、自称団体職員、竹田達也容疑者54歳です。

子供が親を殺してしまう事件は本当に後を絶ちませんね。

武田容疑者は何故母親の殺害に至ってしまったのでしょうか?

今回の事件の概要と殺害された母親の詳細

そして何故殺害に至ってしまったのかを見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

神奈川県警高津署は1日、自宅で母親(85)の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで川崎市高津区久末、自称団体職員、竹田達也容疑者(54)を逮捕した。

出典:産経ニュース

母親は85歳で息子である竹田達也容疑者54歳で高齢ですね。

殺害してしまった動機はやはり介護疲れでしょうか?

それとも親子間での揉め事でしょうか?

非常に気になりますね。

高齢化が進むにつれこの様な事件は年々増加の傾向にあるだけあって人ごとには思えませんが、やはりこの様な問題に対してまだ日本も対策が追いついていないだけあって今後もこの様な事件が増えていってしまうのでは無いかと考えると恐ろしいですし、何よりこの様な問題で悩みを抱えてしまう息子、娘が増えてしまうのが問題ですね。

もし今回の事件が介護疲れによるものだとしたらとても他人事では無いですね。

母親殺害の犯行動機は?

母親は病院で死亡が確認され、署は殺人容疑に切り替えて動機などを調べる。

逮捕容疑は1日午前10時ごろ、母のミツ子さんの首をネクタイと手で絞めて殺害しようとした疑い。

署によると、同午前10時40分ごろ、竹田容疑者が「母親を殺した」と署に出頭。自宅に駆け付けた署員が心肺停止状態で倒れているミツ子さんを発見した。

竹田容疑者は次男で、ミツ子さんと2人暮らし。

出典:産経ニュース

武田容疑者の母親殺害犯行動機については現在の時点では調査中とのことでしたが母親の年齢が85歳と考えるとやはり介護によるトラブルの可能性は非常に高いと思われますね。

また殺害にはネクタイが使われており、犯行も計画的に行われた可能性が高いと考えられます。

その後竹田容疑者は自主した様子から見ると恐らく母親を殺して自分も楽になりたかったのでは無いでしょうか?

次男で母親と2人暮らしと言うことで長男の存在も気になりますね。

詳しい犯行動機などについては情報が公開され次第加筆して行きたいと思います。

スポンサーリンク

竹田容疑者の顔画像は?

竹田容疑者の顔画像については現在公開されておりませんでした。

コチラについては情報が入り次第加筆させていただきます。

竹田容疑者のプロフィール

名前 竹田 達也「たけだ たつや」
年齢 54歳
職業 自称団体職員

年齢は54歳で次男ということと母親と2人暮らしと言うことが現在分かっております。

恐らく父親は先に亡くなられたのでしょうか?

また長男はどうしているのかも気になりますね。

母親と2人暮らしと言うことで結婚はされていない可能性が高いですね。

犯行や犯行後に自首したことから母親を殺して自分もになりたかったのでは無いでしょうか?

またFacebookなどを調べれば犯行動機などについても手がかりが得られるかと思い調査しましたが顔画像が公開されておらず特定には至りませんでした

竹田容疑者のFacebookアカウントの調査結果はコチラ

スポンサーリンク

母親の詳細とプロフィールは?

名前 竹田 ミツ子
年齢 85歳
職業 無職

85歳と高齢で介護なしでは生活は難しい年齢だと感じます。

息子と2人暮らしと言うこともあって息子である竹田容疑者も悩んでいたのでしょう。

しかしこの様な結果になってしまうともっと何か方法はなかったのかと考えてしまいますね。

今後この様な事件が起きないことと亡くなられた竹田ミツ子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

事件の起きた自宅現場は?

事件の起きた正確な自宅現場については公開されておりませんでした。

コチラについては個人情報の観点から公開されない可能性が高いと思われます。

まとめ

今回の事件は54歳の息子が85歳の母親を殺害してしまうと言う事件でした。

犯行動機についてはまだ明らかにされておらず不明な点が多いこの事件ですが、やはりこの様な事件の背景には高齢化による日本社会が抱える問題が少なかれず関わっていることが考えられます。

今後人口が減っていく中でこの様な事件は増加の傾向をたどっていくことが予想されます。

今後この様な問題に国がしっかり目を向けていかないと介護に悩む子供や今後について悩む高齢者が増えてくることが心配されます。

これらについては今後の課題ですが何よりも今後この様な事件が無くなることと、亡くなられた竹田ミツ子さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする