武尾宏大の顔写真は?県迷惑行為防止条例違反で逮捕の詳細は?

出典:テレビ神奈川

県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは県職員の武尾宏大容疑者

県警によりますと、武尾容疑者は、JR相模線の茅ヶ崎駅から倉見駅の間の車内で、両隣に座っていたそれぞれ24歳と22歳の女性会社員の胸や太ももを触った疑いが持たれています。

武尾容疑者は調べに対し、容疑を否認しているそうです。

今回の事件の概要について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:テレビ神奈川

県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、県の職員で茅ヶ崎水道営業所に勤務する武尾宏大容疑者です。 県警によりますと、武尾容疑者は26日午後10時頃、JR相模線の茅ヶ崎駅から倉見駅の間を走行中の車内で、両隣に座っていたそれぞれ24歳と22歳の、女性会社員の胸やふとももなどを触った疑いが持たれています。 武尾容疑者は調べに対し「寝ていたので触っていない」と容疑を否認しているということです。

出典:テレビ神奈川

事件は26日午後10時頃、JR相模線の茅ヶ崎駅から倉見駅の間を走行中の車内で起きました。

両隣に座っていた女性会社員の太ももや胸を触った疑いが持たれております。

武尾容疑者は調べに対し容疑を否認しているそうです。

両隣の女性の胸や太ももを触ったとして逮捕された、武尾容疑者ですが、流石に両隣の女性の体を触るのは少し考えものですね。

また武尾容疑者が容疑を否認している要因として

署によると、女性から被害の申告を受けた男性運転士が、倉見駅で署員に引き渡した。武尾容疑者は酒に酔った状態だったという。

出典:産経ニュース

なんと容疑者は酒に酔っていた状態だったそうです。

確かにお酒に酔っている状態でしたら、本人にそのつもりがなくても、酒に酔った勢いで犯行に及んでしまった可能性もありますし、寝ていたので、記憶がないという事もうなずけますね。

お酒を飲むのは自由ですが、記憶がなくなるまで飲んでしまうのも考えものです。

容疑者の顔写真

出典:テレビ神奈川

現在顔写真は公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前  武尾宏大(たけおこうだい)
年齢 36歳
職業 水道営業所職員

酒に酔っていたという事で、自分の意志で犯行に及んだのか、それとも本当に覚えていないのか現時点では不明ですが、やはりお酒の飲み過ぎはよくないという事がよく分かります。

これから連休シーズンになり、集まりでお酒を飲むことが増えると思いますが、こういったお酒で失敗してしまったり、お酒に酔った人に絡まれてしまう事態はさけたいものですね。

しかし、お酒に酔って、無自覚に犯行に及んでしまったのでしたら、それはそれで少し気の毒にも思えます。

今後の人生を大きく左右してしまう出来事なだけに今回の事件は他人ごとではないかもしれません。

また武尾容疑者のFacebookアカウントの調査も行いましたが、個人と断定できるアカウントがありませんでした。

気になる検索結果はコチラ

事件の場所

事件はこの区間で起きたものだと思われます。

現時点で公表されていますのは、区間のみで、正確な場所は公開されておりませんでした。

容疑者の勤務先

公開されています情報ですと、こちらが容疑者の勤務先だと思われます。

ネットの声

・ずっと連休になりましたね

・本人否認してて容疑の段階で実名と会社名まで報道していいの?

まぁコイツ庇う気もないし触ったことに間違いないんだろうけど、真相はわからないから、万一ね、万一よ、両側女性が示談金目的とかで共謀して仕組んだことだったら(そんなことはないと思うけど可能性としてね)、マスコミはどう責任とるのかね?

いや山口メンバーの件でもあの場に男がもう一人いたってフジTVが報道して後で撤回したけど、何かマスコミ報道には不信感あるんだよね、ちゃんと裏付けとっての報道なんだよな?っていうねw

・両隣に座っていたそれぞれ24歳と22歳の、女性会社員の胸やふとももなどを触った疑いが持たれています。

本人否認 なんか ありそうだな この二人の女性に。

・痴漢は冤罪が起こりやすい。この段階での実名報道は控えるべきだ。

出典:yahooニュース

今回の事件についての報道の仕方についての疑問が少数見受けられました。

また、酒に酔っていたとはいえ、えん罪の可能性もあるという声もありました。

現在痴漢えん罪も問題になっており、可能性としては、0ではないかもしれません。

真相が気になるところでございます。

まとめ

今回の事件は、現時点で不明な点も多々ありましたが、これからのシーズンお酒を飲むことが増える事を考えると、今回の事件は他人事ではないかもしれません。

お酒で人生を台無しにしない為にも、お酒とうまく向き合う事が今後私たちの課題かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする