萩野長治さんと田中正次さんの顔画像は?キノコ狩りで遭難し死亡した事故の概要とは?

「松茸が乗せられたお盆(6本)松茸が乗せられたお盆(6本)」のフリー写真素材を拡大

キノコ狩りで遭難し、行方不明だった男性2名の遺体が、車が見つかった駐車場から西へ1キロほど離れた沢の近くで見つかった遭難事故です。

この遭難事故で亡くなったのは

新潟県小千谷市の建築業の田中正次さん74歳

農業の萩野長治さん73歳

の2名です。

2人は何故出かけたまま遭難し、死亡してしまったのでしょうか?

今回の事故の概要について見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

遭難事故の概要

出典:TBS News

長野・新潟県境の山林にキノコ採りに入ったまま行方不明となっていた新潟県の男性2人が、遺体で発見されました。

遺体で発見されたのは、新潟県小千谷市の建築業・田中正次さん(74)と、農業・萩野長治さん(73)です。

2人は先週末、「キノコ採りに行く」と言って出掛けたまま不明となり、長野県栄村の登山口にある駐車場で、乗ってきた車が見つかりました。

出典:TBS News

長野・新潟県境の山林にキノコ採りに入ったまま行方不明となっていた新潟県の男性2人が、遺体で発見された、遭難事故です。

遭難し行方不明になったのは田中正次さん74歳と萩野長治さん73歳です。

2人は先週末にキノコを取りに行ったまま行方不明になりました。

その後の調査で長野県栄村の登山口にある駐車場で、乗ってきた車が見つかりました。

また乗ってきた車の画像がコチラだと思われます。

出典:TBS News

恐らくコチラ画像の車が2人が乗ってきた車だと思われます。

そして14日に100人近い態勢で捜索したところ車が見つかった駐車場から西へ1キロほど離れた沢の近くで2人の遺体が確認されました。

この様な遭難事故は慣れていても、起きてしまうものであるだけに自然の恐ろしさを再度実感させられます。

スポンサーリンク

田中さん萩野さん2人の死因は?

遺体で発見された2人の死因は現在調査中とのことです。

死因につきましては警察の方で調査中との事ですのでコチラにつきましては情報が公開され次第加筆して行きたいと思います。

田中さんと荻野さんの顔画像は?

出典:TBS News

2人の顔画像については現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラについても情報が入り次第加筆して行きたいと思います。

スポンサーリンク

田中さんと荻野さんのプロフィール

名前 田中 正次(たなか しょうじ)
年齢 74歳
職業 新潟県小千谷市の建築業
住所 新潟県

名前 荻野 長治(おぎの ちょうじ)
年齢 73歳
職業 農業
住所 新潟県

2人とも高齢でしたが、キノコ採りは日課だったのでしょうか?

しかし山林ということもあってこの時期の気温の変化激しく、ベテランの登山家ですら、命を落としかねないのがまた山の怖いところであります。

行方不明のまま遺体で見つかり、非常に残念な気持ちでいっぱいです。

またFacebookアカウントについても調査しましたが、顔画像が公開されていないことと、年齢から見てもSNSをしている可能性は非常に低いかと思われる為、個人のアカウントの特定には至りませんでした。

田中正次さんのFacebookアカウントの調査結果はコチラ

荻野長治さんのFacebookアカウントの調査結果はコチラ

スポンサーリンク

遺体が見つかった現場は?

残念ながら正確な位置については情報が公開されておりませんでした。

現場の情報については公開され次第加筆して行きます。

ネットの反応

・キノコ狩りの多くは中高年が趣味としておこなうものです。
道のないところに分け入り、キノコに気を取られるあまり周りが見えなくなるケースが多く、しばしば滑落したり、クマに遭遇したりして事故が起きます。

個人がすべて責任を負えればよいですが、一たび事故が起きれば、今回のように100人体制で捜索することになり、はっきり言って非常に迷惑です。

身の丈を知り、無理をしないこと。それができない人間は山に入るべきではないと思います。

・危険を冒してまで
採りたい魔力が
キノコにはあるのでしょう。

・うちの祖父も去年キノコ狩りに行って、帰ってこず4日後に遺体で発見されたのを思い出しました。死因は凍死。しかも、一年前の今日。

自分は大丈夫とは思わず、しっかりとした装備で行くべきなのかなって考えさせられます。

・自生キノコは市販のものよりはるかに美味しいと聞く。
嘘みたいと思うけど、キノコ採りしたことある人は毎年行きたいんやって。

・山に入りなれたベテランでも、今年の大雨や地震によって、地形が微妙に変化していたり、思っていた景色が変わっていて、迷ってしまったり、原因は不明ならはじめて入る山だと思って細心の注意が必要なのでは。

出典:Yahoo!ニュース

キノコ採りは趣味として楽しい分、最新の注意を払って山に行くことの重要さを促すコメントが多数見受けられました。

確かにこの様な事故はベテランでも十分起きうる話であり、毎年死亡者を出しているだけあって自然の恐ろしさを再度認識させられます。

まとめ

今回はキノコ採りに行った高齢者の2人が遭難事故に遭い死亡するという事故でした。

今の時期は特に季節の変わり目であり、非常に気温の上がり下りが激しい分、これから山に出かける人は最新の注意と十分に知識を蓄えて、登山に臨むことをお勧めします。

今回の様な遭難事故は今後なくなることと、今回の遭難事故で亡くなられた

田中正次さん萩野長治さんのご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする