「又吉直樹のヘウレーカ」トーキョーウイルスとは?巨大ウイルスについて紹介!

2019年10月30日放送の「又吉直樹のヘウレーカー」で2015年に発見された「トーキョーウイルス」についての紹介があります。

「トーキョーウイルス」とはなんのことぞ? と思うかと思いますし、私自身と正直馴染みがありません。

このトーキョーウイルスは通称「巨大ウイルス」とも言われており、名前だけでも背筋がゾッとしてしてしまいますね。

今回は又吉直樹のヘウレーカーで紹介される「トーキョーウイルス」についての紹介と発見者である 武村政春さんの出身大学・高校、について紹介して行きたいと思います。

「又吉直樹のヘウレーカ」で紹介されたトーキョーウイルスとは?

「トーキョーウイルス」とは2015年に発見されたウイルスであり、通称巨大ウイルスと言われております。

巨大ウイルスといっても、もちろん人間レベルの大きさではありませんし、人間の肉眼では見ることが出来ません。

トーキョーウイルスは東京荒川区で発見され、当時あまりの大きさから、ウイルスとは思わなかったそうです。

その間はウイルスと思われない程の大きさだったみたいです。

スポンサーリンク

巨大ウイルスとは?大きさってどのくらい?

巨大ウイルスの発見は2003年であり、始まりはフランスでLa Scola氏によって発見されたウイルスであり、通称「ミミウイルス」と言われております。

「ミミウイルス」とついた理由としては電子顕微鏡を使わなくても、存在を確認することが出来ることから当時は「バクテリアの一種なのでは?」と言われていました。

粒子経が大きく、400〜500ナノメートルと表面繊維を含めると800メートルまでに達します。

出典:http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/084/research/1.html

コチラの図がウイルスの大きさを表した図で最も大きいのが大腸菌で「ミミウイルス」の大きさは「パンドラウイルス」の次に大きいことが分かります。

「パンドラウイルス」もその大きさから巨大ウイルスの部類に入るそうですね。

また図には無いものの一番大きいウイルスが「ピソウイルス」と言われており、大きさは「バクテリア」並みだそうです。

ウイルスの代表格である「インフルエンザウイルス」は何処から来るの?

インフルエンザウイルスと妖怪は「取り憑く」という共通点があります。

インフルエンザウイルスに取り付くには必ず、宿主という存在がいます。

例をあげるのであれば「カモ」などが代表例です。

インフルエンザウイルスはこの「宿主」で増殖するしていき、人間に感染します。

インフルエンザウイルスに何度もとりつかれるのは何故?

インフルエンザウイルスに何度も取り憑かれてしまうのは「複製エラー」が起きてしまうためだそうです。

毎年インフルエンザウイルスに感染してしまうのは、インフルエンザウイルスが「複製エラー」を起こし、ウイルスが形を変えてしまうためだそうです。

これが毎年しんどくなるインフルエンザの正体なのですね・・・

武村 政春さんのプロフィール

・生年月日1969年10月

・出身三重県津市

・職業東京理科大学教授

研究キーワード 巨大ウイルス学, 生物教育学, 教材開発, 分子生物学, DNA複製, 生化学, 細胞進化学, 核の起源
研究分野 教科教育学 (生物教育、教材開発、教科書分析)
分子生物学 (DNA複製、DNAポリメラーゼ)
進化生物学 (真核生物、核の起源)
ウイルス学 (巨大ウイルス、核細胞質性大型DNAウイルス)
研究課題 中等教育のための進化学・分子生物学に関する新規生物教材の開発研究
新規巨大ウイルスの探索とその機能・進化に関する分子生物学的研究

出典:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?4d94

研究分野は主に生物学と微生物に精通している方で、新型ウイルスの研究にも日々熱を注いで入られます。

また面白い事に生物だけでなく、妖怪に関する著書も出版しており、「妖怪とかけてウイルスと説く、その心は?」という質問に「ヒトに取り付きます」とうまい事を言ったりもしております(笑)

武村政春さんの出身大学は?

武村さんの出身大学は1992年に「三重大学」生物資源学部 生物資源学科・農芸化学コースを卒業されており、卒業後は大学院に進学しておりましす。

1993年に進学した進学先の大学院は「名古屋大学大学院」の医学研究科病理系専攻博士課程修了しております。

三重大学は2019年の偏差値は47.5〜65.5と学部によって偏差値に大きく差があります。

ついでに武村さんがいた学部の偏差値は2019年の時点で偏差値52.2です。

武村政春さんの高校は?

武村さんの出身高校についての情報は残念ながら、有力な情報がありませんでした。

しかし、大学の偏差値と生物に関しての勉強や大学院へと進学されていることから、進学校出身という説が非常に濃厚かと考えられます。

ここら辺の情報については情報が公開され次第加筆させていただきます。

又吉直樹のヘウレーカー【トーキョーウイルス】とは?発見者である、武村政春の大学・高校を紹介!まとめ!

いかがでしたでしょうか?

今回は2015年に発見された「トーキョーウイルス」についての紹介と発見者である武村政春についての紹介でした。

ウイルスというと、インフルエンザなどの病原菌などをイメージされるかと思いますが、ウイルスと言ってもその数は膨大であり、奥が深いです。

今回判明しなかったことについては、情報が入り次第追記して参りたいと思います。

季節の変わり目で、ウイルスが繁殖しやすい季節になったので予防を忘れないようにしましょう!!