富岡恵美子容疑者(43)の顔写真は?藤井六段の偽物の色紙転売か?

将棋盤と駒の商用利用可能なフリー写真素材

出典:フォトック

富岡恵美子容疑者(43)があの藤井六段の偽物のサインを、インターネットで販売したことが発覚し、逮捕される事件がありました。

ファンにとっては、あまりに遺憾なこの事件。

富岡恵美子容疑者(43)の犯行動機は?

今回の事件について、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

将棋の高校生棋士、藤井聡太六段(15)の偽のサイン色紙を売ったとして、愛知県警は12日、東京都文京区水道1丁目、派遣社員富岡恵美子容疑者(43)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「小遣い稼ぎだった」と話し、容疑を認めているという。

出典:朝日新聞

驚く事に犯行動機は、ただ単にお小遣い稼ぎがしたかったからとの理由でした。

流石に、これにはファンもの怒りの声も多いのでは、ないでしょうか?

瀬戸署によると、富岡容疑者は昨年8月4日ごろ、藤井六段の偽のサイン色紙をフリーマーケットアプリ上で大阪府豊中市の会社員男性(26)に売り、5670円をだまし取った疑いがある。藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られ、今回の偽物も詰将棋が書かれていた。

 男性は偽物と知らずにネットオークションで転売。落札されたのを見つけた愛知県瀬戸市の男性から情報提供があり、県警が捜査していた。県警が藤井六段本人に真偽を問い合わせると「筆跡が違う」「持ち駒の香車の数が違う」などと回答があったという。

出典:朝日新聞

藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られていたそうで、今回フリマアプリで出品されたのも、自作の詰め将棋でした。

ファンの男性は偽物とは知らず、5670円で落札し、落札を見つけた愛知県瀬戸市の男性から情報提供があり、県警が捜査したところ、藤井六段本人に問い合わせると「筆跡が違う」「持ち駒の香車の数が違う」と言う証言があり、偽物であることが判明。

このことにより、容疑者逮捕に至ったそうです。

また容疑者は、藤井六段のサインだけでなく、瀬戸署によると、富岡容疑者は将棋の加藤一二三九段や平昌五輪の出場選手のサインも売ったという趣旨の供述をしているそうです。

この様な事件は、ファンも悲しいですが、何より、藤井六段自身が、ファンの為に書いたサインが偽物と言う形で、出品されていたという事で、何より悲しいと感じているのは藤井六段自身だと考えます。

スポンサーリンク

容疑者の顔写真

現時点では公開されておりませんでした。

公開され次第追記させていただきます。

容疑者のプロフィール

名前 富岡恵美子(とみおかえみこ) 
年齢 43歳
職業 派遣社員

恐らく、日々の生活がギリギリで、お金が必要になり、話題の藤井六段の偽サインを販売したものと思われます。

しかし、どんな理由があっても、この様な事件は、本人並びにファンにとっても非常に悲しい事件だと考えます。

今後、反省してもらえる事を祈るばかりです。

容疑者の勤務先

正確な勤務先までは、特定出来ませんでしたが、住所を見る限り、この区域だと思われます。

ネットの反応

・買った男も転売目的なら同情の余地はない

・偽物のサイン色紙の話題で思い出すのは「とくダネ」で
宮崎駿監督のというのがネットオークションに出品されていた話。
小倉さんは真贋以前に監督がどんな絵を描くか知らなかったのを
テレビで見た。
これは関心のない人間にはどうでもいいこと。現に宮崎駿さんは
自分のサインが転売されてるのを知って求めに応じなくなったらしい。

・将棋ファンとして非常に腹が立ちました。

・ネットで売られてるサインを買うやつの気が知れない。偽物の可能性が高いのに

・若い藤井六段にこんな悲惨なことが起こるなんて。将棋ファンとしては悲しい…許せない。

出典:yahooニュース

藤井六段のサインが出品された事に対しての怒りのコメントが多数見受けられました。

また、サインをネットで買う、人に対しての「どうなのか?」と言う声も少数ありました。

有名人のサインは高額で、落札されることも珍しくはなく、その為、転売目的で入手し、高額で、出品されるケースが後を絶ちません。

出品された、本人の事を考えますと、こういった行為に対して悲しみ憤りを覚えますね。

この様に、転売目的で売られているものに大しては、欲しい気持ちも分かりますが、一番は、買わないことに尽きると感じます。

買ってしまえば、高額で出品した人の思うツボと考えます。

まとめ

今回の事件、藤井六段の心境を考えますと、非常に残念な事件だと感じました。

この様な事件は、非常に残念ですが、今後、この様な事件に負けず、藤井六段が高みに行けます様、今後の活躍が楽しみでございます。

藤井六段がご活躍出来ます様、今後とも応援しております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする