潮正利さんと畠山健司さんの顔画像は?群馬県で起きた死亡事故の詳細とは?

「運転席とカーナビ運転席とカーナビ」のフリー写真素材を拡大

群馬県安中市松井田町五料の国道18号で車3台が衝突する事故がありました。

この事故で同市松井田町下増田の無職、潮正利さん68歳は重体

畠山健司さん48歳は腰を折るなどの重症

富山さんの妻である美紀さん50歳が心破裂で死亡が確認されました。

この事故でワゴン車に乗っていた男性も軽傷を負っています。

今回の事故についての概要を見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

18日午後3時55分ごろ、群馬県安中市松井田町五料の国道18号で、同市松井田町下増田の無職、潮正利さん(68)の乗用車が、対向の千葉県船橋市宮本の職業不詳、畠山健司さん(48)の乗用車に衝突。潮さんの車に、群馬県川場村の男性会社員(46)のワゴン車が追突した。

潮さんは腹を強く打ち、重体。畠山さんは腰の骨を折る重傷で、後部座席にいた妻、美紀さん(50)が心破裂で死亡した。男性も軽傷を負った。

出典:産経新聞

事故は18日午後3時55分ごろ、群馬県安中市松井田町五料の国道18号で起きたものです。

潮正利さんの車が畠山健司さんの車に衝突し、潮の車に男性会社員の車が衝突してしまった事故です。

この様子から事故は次々と衝突し、巻き添えになってしまったものだと思われます。

この様子から事故現場の様子がかなりひどいことが想像できます。

この事故で潮正利さん重体

畠山健司さんが重傷

富山さんの妻が心破裂死亡しました。

またワゴン車を運転していた男性は、軽傷とのことです。

ではこのような事故が今回なぜ起きてしまったのでしょうか?

事故の原因は?

 県警安中署によると、現場は片側1車線の直線道路。潮さんは行楽先から帰宅途中だった。同署は、潮さんがセンターラインをはみ出したとみて、詳しい原因を調べている。

出典:産経新聞

事故の原因は潮さんがセンターラインをはみ出したことで起きた事故だったそうです。

しかし詳しい内容についてはまだ調査中とのことなのでコチラについては情報が入り次第加筆させていただきます。

潮正利さんと畠山健司さんの顔画像は?

2人の顔画像は現在公開されておりませんでした。

コチラについても公開され次第加筆を行いたいと思います。

スポンサーリンク

潮正利さんと畠山健司さんのプロフィール

名前 潮正利
年齢 68歳
職業 無職
住所 同市松井田町下増田

名前 畠山健司
年齢 48歳
職業 職業不詳
住所 千葉県船橋市宮本

潮正利さんは68歳とドライバーとしては高齢だと感じました。

恐らく判断ミスが原因で今回の事故は起きてしまったのではないでしょうか?

今回の事故がもしも歳からくる判断ミスなのであればやはり、高齢者の運転の危険性は人ごとではないように思えます。

富山さんは48歳とドライバーとしてはまだ現役で、今回の事故で潮正利さんの乗用車に衝突された方です。

しかし今回の事故で妻が亡くなってしまったのは非常に悲しいことでございます。

現在も畠山健司さんの容体は重体ということで回復が願われる状態でございます。

今回の事故の様子から相当なスピードで衝突したことが伺えます。

また2人のFacebookアカウントなども調査しましたが顔画像は公開されておらず、個人のアカウントを特定することはできませんでした。

潮正利さんのFacebookアカウントの検索結果はコチラ

畠山健司さんのFacebookアカウントの検索結果はコチラ

事故が起きた現場と様子は?


現在のところ正確な事故現場についての場所は公開されておりませんでした。

また事故様子も現在は報道されておらず状況については不明でしたが、今回の事故での怪我の様子からひどい状態の可能性は非常に高いと思います。

コチラの情報については画像等が公開され次第加筆して行きたいと思います。

ネットの声は?

・対向車がセンターラインを割って真正面に来る恐怖は、味わったことのある人にしかわからないだろう。ホーン鳴らしっぱなしにしてフルブレーキかけたよ。

・安中に住んでますが田舎は狭くて片側1車線の道が多いんです。車線ギリギリのトラックとすれ違う事もしばしば。トラック多いんです、、。
もし、目の前からくるトラックがはみ出してきたら、よける事もできないし。すれ違う度にヒヤヒヤしながら運転しています。

・いつ自分が逢うことになるかもわからんですね
そろそろドラレコ付けるかな

出典:Yahoo!ニュース

今回の事故現場はどうやらコメントを見る限りでは事故が多発していると言う声が多数ありました。

このような場所での事故は特に気をつけたいものです。

まとめ

今回の事故は車3台を巻き込むと言う事故でした。

現在の時点では事故現場の状況などについては報道されておりませんでしたが富山さんの妻が心破裂で亡くなったことから、事故の悲惨さを物語っております。

今後のような事故が起きないことと、今回の事故でなくなった富山さんの妻である

美紀さんのご冥福と事故にあった方々の回復が1日でも早く治ることを心からお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする