逵正俊の顔画像と犯行動機は?妻や奥さんの存在は?母親を殺そうと家を放火した男が逮捕

出典:日テレnews

三重県志摩市で自宅に放火し、父親ら家族3人を殺害しようとし、43歳の男性が逮捕されました。

逮捕されたのは逵正俊容疑者です。

7日午後11時ごろ、火をつけた紙を自宅に燃え移らせて全焼させ、同居している父親ら家族3人を殺害しようとしたそうです。

何故こんな恐ろしい犯行に出てしまったのでしょうか?

家族間で上手くいかないことでもあったのでしょうか?

今回の事件について見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:日テレnews

殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、志摩市阿児町国府の工員・逵正俊容疑者(43)。警察によると、逵容疑者は、7日午後11時ごろ、火をつけた紙を自宅に燃え移らせて全焼させ、同居している父親ら家族3人を殺害しようとした疑いがもたれている。

「住宅が燃えている」などと通報を受けた警察が現場に駆け付けたところ、自宅近くにいた逵容疑者を発見し、自ら火をつけたことなどを認めたため逮捕した。けが人はいなかった。

出典:日テレnews

殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、志摩市阿児町国府の工員・逵正俊容疑者です。

容疑者は自宅に火をつける為、紙に火をつけて自宅を全焼させ同居している家族3人を殺害しようとした疑いが持たれております。

現場の画像が現場の悲惨さを物語っておりますね。

容疑者は何故こんなことをしたのでしょうか?

家族に強い恨みでもあったのでしょうか?

出なければこの様な行動には出ることはできないと考えられます。

自宅を放火した犯行動機は?

また逮捕時容疑者はこの様なことを証言しておりました。

調べに対し、逵容疑者は「3人殺して自分も死ぬつもりだった」などと話していて、警察が動機などを調べている。

出典:日テレnews

家を燃やして自分も死ぬつもりだったそうです。

犯行から見て、相当追い込まれていたのでしょうか?

おそらく家を燃やしてそのまま自分も死ぬ覚悟でやった犯行なのでしょう。

犯行動機については現在の時点では公開されておりせんでしたが、犯行から見る限り

家族に対しての恨み悩みがものすごく強かったと思えます。

詳しい犯行動機については情報が入り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

妻、奥さんは?結婚の有無は?

妻・奥さんの情報については現在の時点では公開されておりませんでした。

年齢的に結婚して、家族がいてもおかしくない年齢ですね。

コチラの情報については公開され次第加筆させていただきます。

逵正俊容疑者の顔画像は?

出典:日テレnews

逵正俊容疑者の顔画像は現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラにつきましては公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 逵正 俊(つじ まさとし)
年齢 43歳
職業 志摩市阿児町国府の工員
住所 三重県志摩市阿児町国府

容疑者の年齢は43歳と年齢は高い方で、

父は73歳

母は67歳

祖母は88歳

と高齢で犯行動機はやはり介護関係でしょうか?

「自分も死ぬつもりだった」と言う証言から、相当ストレスを抱え込んでいたのではないでしょうか?

不幸中の幸いはけが人が出なかったことですね。

また容疑者のFacebookアカウントを調査しましたが本人と断定できるアカウントを見つけることができませんでした。

Facebookアカウントの検索結果はコチラ

スポンサーリンク

放火のあった事件現場の自宅の住所は?

住所については公開されておりませんでした。

個人情報の関係から今後公開されない可能性が高いと思われます。

ネットの反応

・なにがあった?一家心中にしなければいけないほど追い詰められてたのか?

・父親以外二人と容疑者との、
続き柄は?

・なんですぐ放火したがるかね。
放火したら何か解決するのかね。

出典:Yahoo!ニュース

放火という犯行の影響だけあって犯行動機を知りたいと言うコメントが多数見受けられました。

確かに犯行動機が分かっていない以上コチラから勝手な推測はできない為、コチラとしても犯行動機は非常に気になるところではありますね。

放火ということで突発的にやってしまったのではないかという意見や介護疲れという意見も多数見受けられました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件は43歳の息子が自宅を放火してしまうという事件でした。

公開されていない情報が多くこれから公開されるのを待つばかりではありますが、何よりこの様な家族がらみの問題は昔も現代も頭を悩ませられる問題でございます。

しかし今回幸いなことにけが人が出なかったことは不幸中の幸いですね。

今後この様な事件が無くなることと、情報が入り次第加筆の方を行って行きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする