打ち水は逆効果?昼間(日中)ではなく朝にやると効果的な理由を紹介!!

 

 

打ち水は、地面に水をまき涼をとる方法です。

 

水道水でなく雨水を溜め置いたものや、お風呂の残り湯などを使えばお金もかからず、簡単にできます。

 

ただ、やり方を間違えると逆効果になることもあります。

 

打ち水は朝にやると、効果的な理由とその方法をご紹介します。

 

暑さをしのぐ効果的な打ち水をぜひご活用ください。

 

昼間(日中)の打ち水は逆効果?その理由を紹介!

 

 

 

打ち水はいつ行っても良いわけではありません。

 

昼間(日中)の打ち水は逆効果

 

とも言われていますが、それはなぜでしょうか。

 

暑い日に涼しくなりたいための打ち水ですから、効果が出ないことはやりたくないですよね。

 

理由を知れば、昼間(日中)に打ち水をしようという気は起こらないでしょう。

 

昼間(日中)の打ち水はサウナのようなもの

 

昼間(日中)の打ち水は、極端に言うと近頃のサウナで取り入れられている「ロウリュ」のようなものです。

 

ロウリュはサウナストーンに水をかけてサウナ内の温度を上昇させるもの。

 

涼しくなる目的の打ち水とはまるで反対の効果が出てしまいます。

 

「焼け石に水」という言葉がありますが、真夏の日中、強い日差しに照らされたアスファルトは正に焼け石に近い状態でしょう。

 

そこに水をかけても石の温度は冷めることなく、ほとんど意味のないことです。

 

 

一瞬で蒸発するので効果が薄い

 

なぜ昼間(日中)に打ち水をしても涼しくならないかというと、かかった水が一瞬で蒸発してしまい、地面の温度が下がらないからです。

 

打ち水で涼しくなる仕組みは、水が蒸発するときに接している地面の熱を奪うから。

 

でも蒸発する時間が短すぎると、奪われる熱はわずかなものです。

 

地面が熱すぎるため、打ち水の効果は期待するほど得られません。

 

湿度が上がって蒸し暑くなる

 

熱い地面に水をまいてもあっという間に蒸発してしまいます。

 

蒸発するということは、湿度が上がるということです。

 

日本の夏はただでさえ蒸し暑いのに、そこへさらに湿度を上げてしまえば、暑さが追加されると言ってもいいでしょう。

 

昼間(日中)に打ち水をすることは、涼しくなるどころか暑くなる可能性があり、逆効果と言われるのはそのためです。

 

スポンサーリンク
 

打ち水をするのであれば、朝の時間が効果がある?その理由は?

彩り豊かに染まる幻想的な朝焼」の画像・写真素材を無料ダウンロード(1)背景フリー素材 BEIZ images

 

打ち水は朝の時間に行うと効果的面です。

 

それにはきちんとした理由がありますので、知っておいてください。

 

うだるような暑さの真夏日に、少しでも快適に過ごせるよう、朝のひと手間をやってみましょう。

 

気温が上がりきる前の朝8時頃までがおすすめ

 

 

打ち水は、昼間(日中)よりは気温の低い、朝の8時頃までに行ってください。

 

朝から日差しの強い日もありますが、日向よりは日陰のほうが気温が低いので、そこを狙いましょう。

 

日が高くなると、外に出るだけでめまいがするほど暑くなります。

 

朝であればまだ少しはマシなので、その時間に行うことをおすすめします。

 

ゆっくり蒸発するので効果が持続

 

打ち水は朝がおすすめの理由は、水が蒸発する時間をゆっくりにできるからです。

 

打ち水をすると蒸発により地面の熱を奪います。

 

一気に蒸発するよりも、少しずつ時間をかけて蒸発した方が、涼しい効果を長く持たせることができるのです。

 

花壇・プランターへの水やりついでにできる

 

 

庭先で花を育てていれば、朝の水やりが日課という人も多いでしょう。

 

そのついでに地面にも水をまくだけで、打ち水の効果が得られます。

 

ベランダにプランターを置いていれば、ついでにベランダにも水を巻いてください。

 

日よけのすだれやグリーンカーテンがあれば、そこに水を巻くのも効果的です。

 

スポンサーリンク
 

打ち水の効果的なやり方を紹介!

 

昼間(日中)よりも朝が良いということはわかりました。

 

では、より効果的に打ち水を行うコツをご紹介します。

 

自分なりのやり方で効果が実感できなかったという方は、ぜひ参考にされてください。

 

打ち水で気化熱により気温が下がる

 

そもそも打ち水の効果とは、地面にまいた水が蒸発するときに、周りの熱を奪うことで表面温度を下げることです。

 

その熱を奪う力を「気化熱」と言います。

 

熱を下げて温度が下がると、少し涼しく感じられます。

 

水は水道水を使う必要はありません。

 

お風呂の残り湯で十分ですので、バケツに汲んで使ってください。

 

日陰の芝・土にかける

 

日向より日陰、アスファルトではなく芝や土にかけてください。

 

日向にまいた水はすぐにお湯になってしまいますし、蒸発も早いです。

 

芝や土は水を吸収しつつ、適度に蒸発もしてくれます。

 

そのため効果が長続きするのです。

 

水たまりにはせず、少なめにまく

 

水をまく量ですが、たくさんまけばいいというものではありません。

 

水たまりになるほどまいてしまえば、なかなか蒸発してくれません。

 

地面の熱を奪うのは蒸発するときなので、少量を広い範囲に巻くことが効果的です。

 

打ち水というと手桶に汲んだ水をひしゃくでまくイメージがありますが、バケツの水を手ですくってもいいですし、じょうろやペットボトルを使うなど、やり方は自由です。

 

夕方の打ち水は寝苦しさを防ぐ

 

朝の打ち水は効果がありますが、実は

 

夕方の打ち水もおすすめ

 

です。

 

気温が下がり始めた夕方、日が落ちる前の18時~19時頃までに済ませましょう。

 

寝室の窓の外に打ち水をしておけば、寝るときに窓を開けても気持ちよく過ごせます。寝苦しさを防ぐ効果がありますので、一度お試しください。

 

まとめ!

打ち水は昼間(日中)に行うと逆効果になることがわかりました。

理由は下記のとおりです。

すぐに蒸発してしまうので意味がない

・湿度が上がり、かえって蒸し暑くなる

 

打ち水は正しいやり方をすればかなり効果を上げることができます。

時間朝8時頃まで

場所日陰の芝や土の上

水の量水たまりにならない程度、広い範囲にまく

 

打ち水は江戸時代にも行われていた涼をとる方法です。

 

お風呂の残り湯を使えば余分な水道代もかからず、エアコンの電気代も節約できます。

効果的に打ち水を行い、厳しい暑さを乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です