ドライアイスはどこで買える?購入できる場所や値段を紹介!

 

 

買ったものを急いで冷やしたいとき、冷たさをキープしたいとき、氷よりもドライアイスが欲しくなると思います。

 

 

ただ、ドライアイスは探しても意外と見つからないのですよね。

 

 

ドライアイスを買いたくても、平均的な価格がどのくらいかも見当がつかないかもしれません。

 

そこで今回は、ドライアイスを購入できる場所平均的な価格について解説します。

 

また、ドライアイスを無料でもらえる場所があるのかどうかもお教えします。

 

ドライアイスが必要なときにすぐに探せるように、早速見ていきましょう!

 

ドライアイスはどこで買える?購入できる場所を紹介!


ドライアイスはスーパーではなかなか見つからないかもしれません。

 

でも、よく探してみると、購入できる場所は意外と身近にありますよ!

 

【ドライアイスを買える場所】

ネット通販

氷専門店

 

他には、葬儀屋でも販売してもらえるようですが、ネット通販や氷専門店が気軽に買える場所としておすすめ。

 

ネット通販

 

用途に合わせて必要な分のドライアイスを買うことができます。

 

手元に届くまでに多少時間はかかりますが、事前に注文しておけば確実に使うときに合わせられます。

 

重いドライアイスでも、自分で買いに行かずに届けてもらえるのはありがたいですね。

 

送料がかかる場合もあり、やや割高になってしまうかもしれませんが、メリットの方が大きいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドライアイス 20kg お届け日指定
価格:7744円(税込、送料別) (2021/12/11時点)

楽天で購入

 

 

 

氷専門店

 

あまり身近にないかもしれませんが、

 

氷を専門に扱っている店舗ではドライアイスを販売しています。

 

氷専門店では、その場でドライアイスを切り出してくれるので、必要な分量ぴったりを買うことができます。

 

ちょっと足りない、多すぎるという悩みも心配ありません。

 

意外と近所に氷専門店がある場合も多いので、探してみてくださいね。

 

ちなみに、コンビニやホームセンターでは安全面からドライアイスを販売していません。

 

コンビニやホームセンターはロックアイスを販売していることから、ドライアイスを扱っているイメージがありますよね?

 

でも、意外と取り扱いがないのです。

 

ロックアイスを販売している場所にドライアイスがあるとは限らないのを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク
 

ドライアイスの平均的な値段はいくら?

ドライアイスの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

ドライアイスを実際に購入すると、金額はどれくらいになるのか、見当がつきにくいかもしれません。

 

ドライアイスの平均価格

 

ネット通販 3kgで2500円程度
氷専門店 1kgで500~800円程度

 

一般的なロックアイスは、1kg200~300円程度なので、ドライアイスはやや高めという印象がありますね。

 

ドライアイスの方がロックアイスよりも長時間冷やすことができるのを考えれば、当然の金額かもしれませんね。

 

実は、ドライアイスは購入する分量が増えるほど、単価が安くなる場合があります。

 

買う量によっては、お得感を得られると思いますよ!

 

ドライアイスを買わずに無料でもらえる場所は?

 

ドライアイスは購入すれば確実に手に入ります。

 

でも、実はドライアイスを無料で渡してくれる場所もあるのです。

 

保冷のためなど、少量だけで間に合うのであれば、無料でもらってくるのもおすすめ!

 

ドライアイスを無料でもらう方法は

アイスクリームやケーキを買ってもらう

スーパーでもらう

 

です。

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

①アイスクリームやケーキを買ってもらう

 

アイスクリーム専門店やケーキ屋でドライアイスだけをもらうことはできません。

でも、テイクアウトすると、ドライアイスをつけてくれる場合があります。

多めのドライアイスをお願いすると分量に応じて有料になりますが、30分程度の短時間分であれば無料でもらえます。

 

②スーパーでもらう

 

比較的大型のスーパーでは、無料でドライアイスをもらえる場合があります。

ただし、アイスクリームなど保冷が必要なものを買ったときだけです。

ドライアイスは厳重に管理されていて、保冷用の氷のように袋に入れて準備されているわけではありません。

 

サービスカウンターなどでドライアイス専用のメダルをもらい、自分でメダルを投入して取り出す形になります。

意外と大きな音がして、びっくりするかもしれません。

ドライアイスは火傷の危険もあるので、操作方法をよく確認しましょう。

 

無料でもらえるのは、少量のドライアイスです。

まとまった量のドライアイスが必要な場合は、ネット通販などで購入するのが確実ですよ。

 

ちなみに、せっかくもらったドライアイスも家に着くまでに気化してしまったら台無し!

 

あらかじめタオルや新聞紙、発泡スチロールの箱などを準備しておいて、店を出てから包んで持ち帰ると良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

まとめ!

 

ドライアイスは普段あまり使わないものだからこそ、いざ必要になるとどこで手に入れれば良いのか分からないものですよね。

 

ロックアイスを販売しているコンビニやホームセンターではなく、ネット通販や氷専門店で探しましょう。

 

ドライアイスの価格はロックアイスに比べると、やや高めです。

 

でも、少量のドライアイスで良ければアイスクリーム専門店やケーキ販売店で無料でもらうこともできます。

 

スーパーでもらえる場合もあります。

 

必要なときにすぐに手に入れられるように、ドライアイスを取り扱っている場所をチェックしてみてくださいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドライアイス 20kg 【あす楽_土曜営業】
価格:7964円(税込、送料別) (2021/12/11時点)

楽天で購入

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です