山本小晴さんの顔画像は?川遊び中におぼれた7歳女児が死亡した事故の概要

福岡県大野城市下大利団地の御笠川で、川遊びをしていた小学生が流された事故がありました。

この事故で亡くなったのは山本小晴さん(7)です。

夏になると川にや海に出掛ける機会が多くこの様な事故が後を絶ちません。

事故は何故起きてしまったのでしょうか?

また山本小晴さんの顔画像などの情報を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

13日午後4時半ごろ、福岡県大野城市下大利団地の御笠川で、川遊びをしていた小学生が流されたと110番通報があった。

 県警春日署によると、駆けつけた消防隊員が川底に沈んでいた小学生を見つけ、病院に運んだが、約1時間後に死亡が確認された。

 亡くなったのは近くの小学2年生、山本小晴さん(7)。山本さんは中学1年の姉と、友人の小学6年生の計3人で遊びに来ていた。2人の話を聞いた通行人が通報したという。

出典:朝日新聞

水難事故は13日午後4時半ごろに福岡県大野城市下大利団地の御笠川で小学生が流されたと110番通報があり、事故が発覚しました。

しかし消防隊員が川底に沈んでいた山本さんを見つけ、病院に運ばれたものの、意識が戻ることはなく、病院で約1時間後に死亡が確認されたそうです。

山本さんは事故当日、中学1年生の姉友人の小学6年生計3人で遊びに来ていたそうです。

保護者や大人の人はいなく、子供だけで川で遊びに行っていたみたいです。

この時期の子供だけの川遊びは非常に危ないですね。

しかし、幼い子供が亡くなる事故は、非常に心が痛みますね、、

この事故で亡くなった山本小晴さんのご冥福をお祈り申し上げます。

山本小晴さんの顔画像

出典:ピープルズ

顔画像は現在の時点で公開されておりませんでした。

公開され次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

山本小晴さんの小学校は?

出典:ピープルズ

山本さんの小学校の情報も現在の時点では公開されておりませんでした。

コチラにつきましても公開され次第加筆させていただきます。

山本小晴さんのプロフィール

名前 山本 小晴(やまもと こはる)
年齢 7歳
職業 小学生
血液型 不明

幼い子供が事故で亡くなるのは非常に心が痛みます。

川の流れは非常に変わりやすく、大人でも事故で命を落とす事もあり、子供だけで川に出掛けるのは非常に危険だと再度認識させられました。

夏休みに友達が亡くなるというのは、小学生にとっては非常に辛いことだと思うと、心が痛みます。

スポンサーリンク

事故現場

事故は恐らくコチラで起きたものだと思われます。

ネットの反応

・毎年亡くなる子供のニュース、辛いですね。
親もまさか溺れるとは思ってないのでしょう。
川も海も危険です。
目を離しちゃいけない。

・川は大人でもその流れの速さ強さに怖くなる事がある
大人が充分に注意して聞かせないと

・川は危険ですよ。

・せめて、大人の人が着いていかないと。お姉さん、一生引きづるだろうね。

・お姉ちゃんは自分を責めるよね

・お盆に川や海の水辺に行ったらだめ。
迷信だと思うけど、、、

出典:Yahooニュース

お盆の水難事故件数は毎年多く、この時期に海や川に行くのは非常に危険だという事を再度認識させられました。

やはり、大人の方がいなかったことも事故の要因になってしまったのではないかと言う声も多数見受けられました。

しかし何より、ご家族の方が一番辛いのではないかと考えます。

今後この様な事故な事故で幼い子供の命が奪われる事が無くなることと、この事故で亡くなられた山本小晴さんのご冥福を再度お祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする