山本直樹医師の経歴とEDクリニック特定!大学医師免許を不正取得の手口は?

 

 

2020年7月23日に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病を患っていた女性を安楽死させたとして、今世間では安楽死と尊厳死についての倫理が議論されていますね。

 

女性を安楽死させた医師は2人ですが、その1人である山本直樹医師の経歴と勤務先であるEDクリニックが特定されました。

 

また山本容疑者の経歴として驚くことに、海外での医療資格を不正に習得していたのではないかという事実も今、明らかになっております。

 

 

山本直樹医師の経歴

 


年齢:43歳

住所:東京都

職業:開業医

 

「N YAMAMOTO, MD」という名前では男性昨日に関心のある方をメインに情報を発進しており、海外出張が多いことが情報から分かります。

 

しかし、今回の事件では安楽死で亡くなった女性の殺害に関与したとして、逮捕されており、様々な調査をしていく段階で山本容疑者が実は不正に免許を取得しており、海外での卒業の経歴を詐称していたのではないかという、疑いがかけられていることが分かりました。

 

府警が調査しても、海外での卒業資格の履歴が見られないなど、もしも本当に医師免許なしで医療行為をしていたのであれば、恐ろしいですね・・・

 

山本直樹医師は実は大学中退!?

 

山本容疑者は過去に大学を卒業せずに大学を中退しているのではないか?という疑惑が現在の調べで浮上しております。

 

確かに海外の大学での卒業履歴がないのであれば、大学を中退していることになりますが、医師免許を入手するには国家資格が必要なため、大学で医学の勉強を必ずおこなわなければなりませんが、ここでも不自然な点が多いですね。

 

医師免許を不正に入手したということですが、一体どういうことなのでしょうか?

 

気になりますね・・・・

スポンサーリンク

山本直樹医師のEDクリニックを特定!

 

山本容疑者は自身のクリニックを開業している開業医で、EDに悩む患者のための専門クリニックを経営しております。

 

名前はICIクリニックというED専門の病院で、完全予約制で医師が患者のところに出向くスタイルのクリニックです。

 

2016年、新しい時代を先取るスタイルのED治療院を都内に開業。全国の患者様からの要請に応えて、特にICI療法を多く取り扱い、ED治療に専念している。

また、その他のED治療法については他院(東京・大阪)とも連携して患者様にとって最善となる医療サービスが提供できる体制をとっている。

国際性機能学会会員 日本精神神経医学会会員 日本医師会認定産業医

出典:https://ici.clinic/ 

 

コチラは院長である山本容疑者の挨拶文になります。

 

働いているスタッフは全員男性で、患者にあった治療法でEDの悩みを解決し、治療していくクリニックということです。

 

ICIクリニックの概要を載せておきます。

 

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目5−6−2306

営業時間:日〜月 13時00分~23時00分

電話番号:+815037469090

ホームページhttps://ici.clinic/

 

山本直樹医師は海外の大学の医療免許を不正に入手した手口は?

 

山本容疑者は海外の大学を中退しているということですが、やはり医師免許を持っていたということで、不審な点です。

 

まず、医師免許というのはそもそも、不正に入手出来ちゃうものなのでしょうか?

 

実際に不正入手できるものなのか、調べてみましたが、過去に医師免許なしに医療行為をしたとして、逮捕された事例はいくつもありますが、不正に入手していたという事例は、私が調べた限りではありませんでした。

 

不正に入手した手段を調べてみたものの、考えられる要因としては、もう1人の容疑者である大久保医師関与しているのではないか?という声がいくつかありました。

 

大久保医師とは昔からの仲ということで、今回の事件に関わっており、医師免許についてもなにかしらの関連性があるのではないかと、推測する声がありますが、正直徹底的な証拠がないので、それも分かりません。

 

医師免許を不正に入手した経緯については、今後の調査で明らかになることでしょう。

 

調査の結果が分かり次第、コチラでも加筆していきます。

 

スポンサーリンク

山本直樹医師に対してのネットの反応は??

 

 

医師免許を持たずに医療行為をしていたとして、批判的な声が多く見受けられましたが、無理もありませんね。

 

山本直樹医師の経歴とEDクリニック特定!海外で大学医師免許を不正取得の手口は?まとめ!

 

山本直樹容疑者についての経歴とEDクリニックについて紹介しましたが、やはり医師免許を不正に入手していたという点に疑問点が残ります。

 

また山本容疑者は、女性の自宅の訪問記録に偽名を書いていたということで、自身の素性を隠していたことも分かっており、今後も調査は行われることでしょう。

 

亡くなった女性のご冥福をお祈りすると、共に事件の真相が1日でも早く、判明することを祈るばかりです。

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の事件を巡っての関連記事はコチラから

大久保愉一のTwitterを特定!やり取りの内容とは?まるでドクターキリコ!

大久保愉一容疑者・山本直樹容疑者の病院はどこ?京都市内のALS患者の安楽死問題

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です