カレーに飴色玉ねぎを入れる量やタイミングはいつ?必要な理由も紹介!

 

こんにちは。

 

みんな大好きなカレーをさらに美味しくするためにどうしたらよいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回さらにカレーを美味しくするひと手間として飴色玉ねぎをおすすめします。

 

今回の記事ではカレーに飴色玉ねぎを

どのくらいの量入れたらいいの?

どのタイミングで入れたらいいの?

入れるメリットって何かあるの?

 

などの疑問について詳しく解説してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

カレーに飴色玉ねぎを入れる量やタイミングはいつがベスト?


 

 

まずカレーに飴色玉ねぎをどのくらいの量を入れたら良いかについては、明確な決まりはありませんが、

 

カレー 4 人分に対し玉ねぎ1玉分

 

を使うことをおすすめします。

 

飴色玉ねぎは旨味成分が凝縮されていますので1玉だけでもカレーを美味しくすることができます。

 

より玉ねぎの旨味を出したい方は2玉使ってもかまいません。

 

2玉入れるときは1玉の時よりしっかりと炒めて、飴色玉ねぎをつくり、玉ねぎの旨味成分を凝縮させることがポイントになります。

 

入れるタイミングとしては、まずカレーを作る最初のタイミングで玉ねぎを炒め、飴色玉ねぎを作ってください。

 

そして、飴色玉ねぎを作ったら、肉やジャガイモなどの他の食材を合わせ、炒めていきカレーを作っていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

カレーに飴色玉ねぎは必要?

 

入れるメリットを紹介! 飴色玉ねぎを入れることで、さらに美味しいカレーを作ることができます。

 

ではなぜ美味しいカレーを作るために飴色玉ねぎが必要なのか、飴色玉ねぎを入れるメリットについて紹介していきます。

 

旨味

 

 

コクが生まれ、味が深まる 飴色玉ねぎにすることで、玉ねぎの余計な水分を飛ばし、旨味を凝縮させることにより、カレーに旨味やコクがプラスされます。

 

炒めることにより、香ばしさもプラスされるのでカレーの風味も良くなります。

 

酸味

 

苦みを軽減できる 玉ねぎは炒めることで玉ねぎ独特の酸味や苦みが軽減されます。

 

そして、玉ねぎの甘みが引き立つのでカレーを よりおいしくしてくれます。

 

飴色玉ねぎを上手に作る手順

 

 

飴色玉ねぎを作ろうとしても、とても時間がかかったり、玉ねぎを焦がしてしまったりして思うように作れたかったという方もいるのではないのでしょうか。

 

私自身何回も玉ねぎを焦がしてしまい、焦げ臭い料理を作ったことがたくさんあります。

 

よりおいしい料理を作ろうとしているのに逆に美味しくなくなったら嫌ですよね。

 

そこで飴色玉ねぎを簡単に短時間で作る方法を紹介します。

 

1. まず玉ねぎをみじん切りにします。

細かく切ることで玉ねぎの水分が外に出やすくなり、水分を飛ばしやすくなるので時間を短縮することができます

(スライスの場合もできるだけ、細く切るようにしてください)

 

2. 切った玉ねぎを耐熱容器に薄く広げ、軽くラップをして、電子レンジで1~2 分程度加熱します。

しんなりと柔らかくなるように時間は調整してください。

 

3. フライパンに油をしき、電子レンジで加熱しておいた玉ねぎを入れ、強めの中火で炒めます。

炒める途中で大さじ1杯程度の水を入れると、より香ばしくなります。

 

4. 焦がさないようにへらなどでかき混ぜながら、10分程度炒めると完成です。

 

スポンサーリンク
 

冷凍玉ねぎを使うと時短で飴色玉ねぎが作りやすい?

 

冷凍玉ねぎを使うと時短で飴色玉ねぎを作ることができます。

 

冷凍することによって、玉ねぎの繊維が破壊され、玉ねぎの水分が出やすくなります。

 

水分が出やすいため、焦げの心配を減らすこともでき、簡単に飴色玉ねぎを作ることができます。

 

時間がある時に、玉ねぎをまとめて切っておき、冷凍保存しておけば、使いたいときに使うことができるのでおすすめです。

 

私は玉ねぎのみじん切りがとても苦手で、結構時間もかかって、面倒くさいので、時間がある時にまとめて切っておきます。

 

そうすると使いたいときにすぐ使えるので楽ですね。

 

まとめて切って、ストックしておくと調理自体の時間も節約できますよ。

 

飴色玉ねぎを時短で作りたいときは、レンジか冷凍玉ねぎを使うことで短い時間で作ることができます。

 

冷凍玉ねぎのストックがある時は、冷凍玉ねぎを使い、ないときはレンジで素早く作るなど、使い分けをすると良いと思います。

 

まとめ

 

今回、カレーに飴色玉ねぎを入れる量やタイミング、メリットについて紹介しました。

 

まずカレーに飴色玉ねぎを入れる量としては最低でも1玉分入れることでより玉ねぎの旨味をプラスすることができます。

 

カレーに玉ねぎを入れるタイミングとしては、カレーを作る最初の段階で玉ねぎを炒め、飴色玉ねぎを作りまし ょう。

 

鍋にも飴色玉ねぎの旨味が移り、料理がおいしくなります。

 

カレーに飴色玉ねぎを入れると

・旨味、コクが生まれる

・酸味、苦みを軽減できる

 

というメリットがあり、さらにカレーを美味しくすることができます。

飴色玉ねぎを手軽に素早く作るポイントとして

 

1. できるだけ細かく切る

2. 電子レンジで1~2分程度加熱する

3. 大さじ1杯程度の水を加え、強めの中火で焦がさないようにへらなどでかき混ぜながら加熱する。

 

このポイントを意識することで普通の手順で作るよりも手軽に短時間で飴色玉ねぎを作ることができます。 また、冷凍玉ねぎでも時短で飴色玉ねぎを作ることができます。

時間がある時に、まとめてストックしておけば、 使いたいときに使えるので便利ですよ。

 

ぜひ、今回紹介した方法で飴色玉ねぎを素早く簡単に作って、さらにおいしいカレーを作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です