アルバイトに行くのが久しぶりだと緊張する理由と対応策を紹介!

色々な理由があり、アルバイト先に行くのが久しぶり、という事もあるかと思います。

「学校行事が終わったから」

「掛け持ちしていたバイトを辞めたので」

「体調不良からの復帰」

など長い間、バイトに行かなかったが、久しぶりにバイトに行くとなると緊張する人もいるのではないでしょうか?

久しぶりに行くバイトは環境の変化などで驚くことも多いかと思います。

久しぶりのバイトに行くのに緊張する理由と対応策

を紹介していきますので、是非参考にしていただければ幸いです。

バイトが久しぶりだと思う期間は?

「卓上カレンダーのチェックマーク」の写真

バイトにいくのが久しぶりだと「バイトの雰囲気が変わっていないかだったり自分のことを忘れていないか」が気になるものではないでしょうか?

バイトに行くのが久しぶりだと思う期間は人それぞれだと思います。

事情があって「1ヶ月ぶりにバイトに行くのを久しぶりという人」も入れば、「1週間休んだだけでも久しぶり」と思う人、実際はそれぞれでしょう。

私個人が過去に働いていたバイトの経験から、久しぶりと思う期間は

短くても約1ヶ月ほど

ではないかと考えます。

バイト先の人があなたを久しぶりと思うかは、普段の出勤日数も関係しているでしょう。

例えばですが、「普段バイトに週4で来ていた人が2週間振りにバイトに来たら久しぶり」と感じる人も多いかと思います。

この考え方は私が過去に働いていたアルバイトでの経験ですので、一概に正しい答えではありません。

つまり、バイトに来るのが久しぶりと思われるかは

普段あなたがどれくらいの日数働いているか?

によって変わってくるのではと考えます。

しかし、こればかりは本当に人の感覚なのであくまでも参考程度に抑えていただければ、幸いです。

バイトに行くのが久しぶりだと緊張する理由は?

「過労の末倒れてしまった社畜」の写真[モデル:大川竜弥]

バイトに行くのが久しぶりだと、色々な面で緊張しますよね?

私も過去にバイトを色々と訳があって1ヶ月ほど休んだことがあります。

慣れているバイトでも、1ヶ月休むと割と緊張ってするものなんですよね。

バイトに行くのが久しぶりだと緊張する理由はなんででしょうか?

環境の変化

「うわ…、私の目玉、誇張しすぎ…?」の写真[モデル:大川竜弥]

バイトを長期的に休んで、久々に行くと環境が変わっていることはよくありますね。

新しいサービスが導入されていたり、仕事のやり方が変わっていたりなど、久しぶりに来ると驚くことが多いかも知れません。

また、バイトは人の入れ替わりが激しく

久しぶりにバイト先に行ったらメンバーが変わっていた

なんて話もよくありますね。

バイト先に久しぶりに行く時にまず心配なのが、環境の変化という人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
 

業務能力に差が気になる

「パソコンが2台あるのにあえてメモを取る男性」の写真

仕事が慣れている人であれば1ヶ月であれば、感覚を取り戻すのに時間はかからないかも知れません。

しかし、まだ勤務年数が少ないバイトが1〜2ヶ月バイトを休んでしまうと、業務能力に差が出ると思います。

バイトを1ヶ月休んで、久々に来てみたら自分の後輩達の方が仕事が出来ていたりすると、気まずいと思う人もいるでしょう。

1ヶ月休んで、久しぶりに出勤したら後輩の方が立場が上になっている心配がある人は多いかと思います。

人間関係

「スマホを使って仲間とゲームをするふたり」の写真

バイトを長期的に休んでいると、心配になるのが人間関係ではないでしょうか?

私も過去に1ヶ月ほど休んでバイトに行ったことがあり、1ヶ月経つと人間関係が変わっていることって結構あるんですよね。

  • 新しい新人バイトが入ってきた
  • 違う店舗の社員が配属された。
  • 仲良かった人が辞めていた。
  • 仲良かった2人に派閥が出来ていた。

など、バイトの人間関係って変化が激しいことが多いです。

居心地良かったバイト先が、離れている間に居心地悪くなっていたりは実はよくあります。

また、バイトから離れていると人間関係から解放されるので、バイトに行くこと自体が億劫になりやすいです。

久しぶりにバイトに行ったものの、人間関係が嫌になってしまい、またバイトに行かなくなってそのまま辞めてしまう人も実際にいましたね。

忘れられていないか心配になる

バイトに久しぶりに行くと気になるのが

自分の存在が忘れられていないか?

という点です。

1週間〜2週間ほどであれば、存在が忘れられる心配はほぼないかも知れません。

しかし、休んだ期間が3ヶ月〜4ヶ月以上ともなると、自分の存在が幽霊部員的な扱いになってしまっている可能性が高いです。

先ほどの内容と少し、重複しますが3ヶ月〜4ヶ月バイトから離れていると人間関係も多少は変化しています。

久しぶりに来たら、知らない人が大半で話も自分を置いてけぼりで盛り上がっていたりも実際にありましたね。

バイトを3ヶ月〜4ヶ月以上休むと忘れられていないか実際に心配になるという声は多いです。

スポンサーリンク
 

生活リズムの変化

「通知をスマートウォッチで確認する」の写真

「これから長期間休んでいたバイトの出勤を再開しよう」

となると、今までの生活の中にバイトの時間が入るので、生活リズムが変わります。

今までの生活リズムの中にバイトが入るので、最初のうちは慣れているバイトであっても疲れることは多いでしょう。

特に不規則な生活をしていた人にとってバイトが入るということはその分、私生活も見直さなければなりません。

バイトを再開するのにあたって、これからの生活の変化に緊張する人も多いのではないでしょうか?

バイトが久しぶりでも緊張しない対応策は?

バイト先に久しぶりに行くという行動は、慣れているバイトでも多少は緊張するものです。

次は、久しぶりのバイトでも緊張しない対応策をいくつか紹介していきたいと思います。

バイトに行く前日に連絡をする

「iPhone X デュアルレンズカメラ(外向けカメラ)」の写真

バイトに久しぶりに行くのに緊張してしまう原因の1つとして考えられるのが

久しぶりに自分が出勤した時の周りの反応

かと思います。

私も、慣れているバイトとはいえ、1ヶ月振りのバイト初日は緊張しましたね。

前日や当日になるべく緊張しないおすすめの方法としては

自分が出勤日の人に前日に連絡を入れておく

です。

また、グループLINEなどがあるのであれば、「お久しぶりです。明日久しぶりにまた働かせていただきます。よろしくお願いします」などと、一言入れておくと当日バイト先に行きやすくなるかと思います。

また、気心知れている人が多いのであれば、フランクに雑談などを入れても良いでしょう。

お土産を持っていく

「紅茶とクッキーのティータイム」の写真

バイトに長いこと席を外していたということは、その分誰かが代わりで出てくれていた可能性が高いです。

また、長期休みをくれるバイト先にも感謝を伝えましょう。

お土産は特別高いものである必要はありません。

みんなで食べられるような一口サイズのお菓子などが個人的にはおすすめです。

特に旅行などで長期休みを取っていたのであれば、旅行先の名産品などは喜ばれやすいでしょう。

お土産を渡せれば、緊張もほぐれやすくなりますし、周りからも声をかけてもらいやすくなるかと思います。

スポンサーリンク
 

前日にバイト先に立ち寄る

「パッケージデザインがポップな外国製ビール棚」の写真

バイトの前日にバイト先に寄るのも、当日に緊張しない方法としては有効です。

忙しい時間帯に立ち寄ると、歓迎されない可能性が高いでしょう。

おすすめは店長や社員のいる比較的暇な時間帯です。

バイト当日だと、忙しかったり、仕事のことを考えなくてはいけません。

しかし、前日の暇な時間帯であれば、時間を作ってくれる事もありますし、周りの人から歓迎されやすいです。

前日に立ち寄って、楽しい話を少しでもできれば緊張もほぐれる事でしょう。

バイト先に立ち寄る際の注意点としては、周りは仕事中なので、長居するのは控えた方が無難です。

勤務時間を短くする

「電波時計(8時をお知らせ)」の写真

久しぶりのバイトは可能であれば、勤務時間を短くするのがおすすめです。

慣れているバイトでも、実際に長時間働いてみると、結構しんどいと感じることがあります。

8時間入れていたバイトを5時間勤務にしたり、最初の週は3日程にするなど、徐々に身体を慣らすとよいでしょう。

急いで身体を慣らそうとして、体調を崩すよりも徐々に身体を慣らしていくほうが、パフォーマンスを上げやすいかと感じます。

早めに家を出る

「まもなく八時をお知らせ致します(札幌市時計台)」の写真

久しぶりのバイト出勤の際は、早めに家を出ることをおすすめします。

家にギリギリまでいると、余計なことを考えてしまい、バイトに行くのが怖くなってしまうかも知れません。

1時間前に家を出て、近くのカフェで時間を潰したり、1時間前にバイト先に到着するのも良いでしょう。

早めにバイト先についておけば、雑談する時間もあるかも知れません。

また、よい職場環境であれば、あなたのことを歓迎してくれるはずです。

バイト先に着くまでは緊張するかも知れませんが、到着してしまうと、案外なんとかなってしまいます(経験談)

生活リズムを1週間前には整えておく

「まくらを抱いて爆睡中」の写真[モデル:河村友歌]

久しぶりのバイトは体力的にもキツい面もあります。

例えばですが、午前中の出勤であれば、なるべく早めに寝て、次の日に整えておくことが大事です。

しかし、夜更かしが習慣になってしまっているとついつい、寝る前にスマホをいじったり、寝付きが悪かったりと厄介だったりします。

生活リズムの乱れはメンタルにも悪影響を及ぼしてしまい、バイトに行くのが億劫にもなりがちです。

せっかく久しぶりにバイトに行くのであれば、元気な姿で出勤し、仕事をしたいものであります。

久しぶりのバイトでいい仕事をしたいのであれば、1週間前には生活リズムを整えておくのがおすすめです。

まとめ

久しぶりにバイト先に行くのは、慣れているバイトといえど、やはり緊張してしまうものであります。

しかし、久しぶりのバイトの緊張は一時的なもので、行ってみると案外、馬鹿話で盛り上がれたり、楽しい話題で盛り上がれるものです(笑)

久しぶりのバイト先に行く際は

  1. 事前にバイト先に連絡をしておく
  2. 前日の暇な時間帯に顔を出しに行く
  3. バイト前の1週間は夜更かしを控える
  4. 当日1時間前くらいにはバイト先に到着しておく
  5. お土産を渡す
  6. 勤務時間は短くしておく

といった流れを実践すれば、準備OKです。

最初は大変かと思いますが、バイト先に行けば、後は時間が解決してくれるので、是非、今回の内容を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です