カスタードクリームが固まらない時の原因と対処法は?失敗したカスタードクリームを使ったレシピも紹介!

 

 

カスタードクリームは、たまごと牛乳、小麦粉、コーンスターチとシンプルな材料で作れるので簡単そうに思っている人はいませんか?

 

カスタードクリームを作ってみて

 

カスタードクリームがダマダマになった

カスタードクリームが固まった

 

逆に

 

カスタードクリームが、固まらないベシャベシャなカスタードクリームになった

 

経験がある人はたくさんいますよね。

 

経験した人は分かると思いますが、滑らかなトロンとしたカスタードクリームを作るのは難しいです。

 

カスタードクリームを作るときにカスタードクリームのレシピ通りに材料を用意して作ったのに固まらない、ベシャベシャなカスタードクリームになったというときは、なにがいけなかったんでしょうか?

 

どうすれば良かったのでしょうか?

 

カスタードクリームが固まらない原因と、どうすればカスタードクリームが固まるのかのか対処法をご紹介いたします。

カスタードクリームが固まらない時の原因は?

 

 

カスタードクリームって、卵黄牛乳薄力粉コーンスターチがあれば出来るので簡単に手軽に出来そうです。

 

滑らかなトロンとした美味しいカスタードクリームを作るためには何に気をつければ良いのでしょうか?

 

カスタードクリームが固まらない原因はいくつかあります。

 

気をつけたいのは3点。

・卵黄の量

・小麦粉・コーンスターチの量

・加熱時間

 

この3点についてまずは紹介していきます。

 

スポンサーリンク

卵黄の量

 

カスタードクリームのレシピに書いてある卵黄1個って、同じMサイズのたまごでも卵黄の量は同じではないですよね。

 

卵黄の量が違うとカスタードクリームが、固まらずにベシャベシャのカスタードクリームになったり、固まりすぎてベッタとしたカスタードクリームになったりするのです。

 

卵黄の量を考えて、状態を見ながら牛乳、小麦粉などの微調整が必要となります。

 

小麦粉・コンスターチ

 

カスタードクリームは、牛乳に対して小麦粉やコーンスターチの量で基本的な固さが決まります。

 

カスタードクリームの普通の固さになるのが牛乳100ccに対し小麦粉・コーンスターチが10gです。

 

小麦粉やコーンスターチの量が増えるとカスタードクリームは固くなり、減るとカスタードクリーム は柔らかくなります。

 

最近は柔らかいカスタードクリームが人気のため、小麦粉・コーンスターチの量が少ないレシピもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

加熱時間

 

カスタードクリームは、加熱することで卵のタンパク質が固まり薄力粉のデンプンが糊化して固まります。

 

カスタードクリームの加熱時間が短かったり温度が低かったら固まらず、ベシャベシャのカスタードクリームになるのです。

 

カスタードクリームが固まらない時の対処法を紹介!

 

カスタードクリームが固まらない原因が分かれば、カスタードクリームが固まるように原因を除いてあげます。

 

原因である

・卵黄の量

・小麦粉

・コーンスターチの量

・加熱時間

に気をつけるが大切です。

 

カスタードクリームの加熱時間が足りないことが、カスタードクリームが固まらな原因となることが多いので、ベシャベシャのカスタードクリームは再度加熱してあげることが大事になってきます。

 

ベシャベシャのカスタードクリームを鍋に入れ加熱しながら混ぜるのですが、火が強いと焦げてしまう、かき混ぜ方が足りなくてもカスタードクリームが焦げてしまうので注意が必要です。

 

おすすめなのは、電子レンジで加熱することです。

 

カスタードクリームを耐熱容器に入れ、ラップをかけて「30秒加熱してレンジから取出しかき混ぜる」を繰り返すと、カスタードクリームがかたまってきます。

 

電子レンジでも加熱しすぎると焦げてしまいますので注意してくださいね。

 

それでもベシャベシャのカスタードクリームの時は、小麦粉を足してみてください。

 

カスタードクリームに少しずつ小麦粉を入れ混ぜて、レンジで加熱しかき混ぜるを繰り返してみましょう。

 

最終手段コーンスターチでとろみをつける方法です。

 

大さじ2杯のコンスターチを同量の水で溶き、カスタードクリームに入れよく混ぜながら加熱すると、水溶き片栗粉と同じようにカスタードクリームにとろみがつき固くなります。

 

カスタードクリームが固まらない、固すぎる、焦げた、ダマダマになったなど失敗したときにも、失敗したカスタードクリームを捨てないでください。

 

捨てたいと思っても、カスタードクリームは栄養もありますし、アレンジ次第で美味しく食べることが出来ます。

 

次は失敗したカスタードクリームを使ったレシピを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

失敗したカスタードクリームを使ったレシピを紹介!

 

ここでは失敗したカスタードクリームを使ったレシピを紹介していきます!

 

おすすめなのは、カスタードクリームを使って、パンケーキドーナツです。

 

カスタードクリームを作ってみたけど失敗してしまった時はパンケーキかドーナツにしてみましょう。

 

パンケーキ

【材料】
・失敗したカスタードクリーム 適宜
・ホットケーキミックス 1袋
・牛乳 適宜

1.ボールに失敗したカスタードクリームを入れ、牛乳を加え良くかき混ぜる。 (固まらなかったベシャベシャのカスタードクリームは、牛乳を入れずにそのまま使ってください)

2.ボールにホットケーキミックスを入れ、良くかき混ぜる。

3.フライパンかホットプレートで、ホットケーキを焼く要領で焼く。

 

カスタードクリームが入ると、いつものホットケーキよりも、ふっくらもっちり焼き上がります。

 

フ ルーツや生クリームでデコレーションしてもかわいいですね。

 

*焦げたカスタードクリームでしたら、ココアを生地に混ぜて焼くと、ほんのり苦味がアクセントになり美味しいですよ。

 

揚げドーナツ

 

揚げカスタードーナツも美味しいですよ。

【材料】
・失敗したカスタードクリーム 適量
・ホットケーキミックス 適量
・牛乳 適量
・揚げ油 適宜

1.失敗したカスタードクリームを冷凍する。 (固まらないベシャベシャのカスタードクリームだったらホットケーキミックスを加え混ぜ固めておく)

2.ホットケーキミックスを牛乳で溶きホットケーキの生地より少し硬めになるように混ぜる。

3.冷凍のままのカスタードクリームを、ホットケーキの生地にくぐらせ170°Cの油で約2分~4分揚げる。

(揚げ油の温度と揚げ時間は調整してくださいね)

 

手が止まらないほど美味しいドーナッツが出来上がります。

 

子どもから大人までみんなが大好きな、カスタードクリームです。

 

滑らかで美味しいカスタードクリームで、素敵なスイーツを作ってくださいね。

 

まとめ!

 

カスタードクリームが固まらない時の原因と対処法について紹介してきました。

 

カスタードクリームが固まらない原因は

・卵黄の量

・小麦粉・コーンスターチの量

・加熱時間

 

の3点で、この3つに注意することと、カスタードクリームが固まらない時の対処法は電子レンジで加熱すること」です。

 

今回紹介した対処法を試してみても失敗してしまった時は、落ち込まずに、失敗したカスタードクリームを使ったアレンジレシピを参考にしていただければと思います。

 

カスタードクリームを上手く固めるには練習も重要になりますで、是非今回の内容を参考に成功することを応援していますね!

↓今回の関連記事の紹介はコチラ↓

カスタードクリームは冷凍保存方法と日持ちはいつまで?保存する際の注意点も紹介!

生クリームの分離の原因と対策を紹介!分離したら戻すことは出来る?

生クリームは冷凍できるの?冷凍した生クリームの解凍方法と保存方法を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です