派遣(アパレル)の顔合わせの服装・髪型は?当日の持ち物などを紹介!

 

「派遣(アパレル)の顔合わせの服装・髪型はどうすれば良いのだろう?」

「当日の持ち物は?」

 

そんな疑問や悩みはありませんか?

 

アパレルは、顔合わせの服装・髪型が選考に大きく影響します。

 

アパレル販売の仕事で重要なのは接客技術ファッションセンス。

 

来店したお客様に最適なコーディネイトを提案する時に頼りになるのは、これまでの接客で培った経験とセンスより他は無いと言っても過言ではありません。

 

よって、当日の服装・髪型は厳しくチェックされます。

 

しかし、高いお金をかけてまで特別な格好で決めていく必要はありません。

あくまでも、顔合わせは選考の場で就職活動ですよね。

 

志望する派遣先のブランドイメージに合わせる必要はありますが、清潔感を重視すればマイナスの印象は与えません。

 

ぜひ、記事を最後まで読んでいただき、顔合わせ当日の服装・髪型、持ち物を参考にしてみてください。

派遣(アパレル)の顔合わせの服装は私服?スーツ?

 

 

派遣(アパレル)の顔合わせの服装は、派遣先に合わせましょう。

 

自分たちのショップで働いているイメージが出来ないと、派遣先は採用をためらいます。

 

アパレルはファッションセンスが問われる分、その傾向が他の業界より強いでしょう。

 

したがって、何も考えずにスーツや私服を着たから正解とは言えません。

 

明確な決まりがないので服装選びは難しいですが、アパレルでは重要な選考基準です。

 

ここでは、アパレルの顔合わせで最適な服装のポイントを紹介します。

 

派遣(アパレル)の顔合わせの服装はショップのイメージに合わせればOK

 

アパレルの場合は顔合わせの服装に明確な決まりはありません。

 

志望しているショップの雰囲気やブランドイメージに合わせればOKです。

 

アパレルの選考ではファッションセンスが問われます。

キレイ目な服を扱っている派遣先に、いくらトレンドを取り入れていてもパンクやストリート系のファッションで行くのは論外です。

 

また、ビジネススーツでしっかり決めれば悪い印象は与えませんが、派遣先の雰囲気にマッチしなければ逆にマイナス評価につながるケースもあります。

 

派遣先から服装の細かな指示がある場合は迷わずにその通りにすべきです。

 

スポンサーリンク
 

清潔感やTPOも意識

正解は「○(まる)」です。の写真

 

繰り返しますが、当日の服装がショップのイメージと合わないことで、マイナスにつながるケースは非常に多いです。

 

派遣先の商品をよく研究して職場にマッチした服装を意識するのは必須です。

 

また、オシャレで流行を取り入れてさえいれば良いわけではありません。

 

派遣の顔合わせは就職活動の場なので社会人の常識をわきまえた服装選びも必須です。

 

服装を選ぶ際は、以下の点を意識しましょう。

 

・清潔感(シミやシワ、臭いが無いか)
・サイズが合っているかどうか
・落ち着いた色の服(ブラック・ネイビー・チャコールなど)
・年齢に合った服を選ぶ
・季節感を意識

 

まず、服装選びは清潔感が第一前提。

 

いくら、立派な服を着ても汚れが目立つようであれば台無し。

 

服装云々の前に、人に不快感を与えない服装を心がけましょう。

 

服装がTPOや自分自身に合っていることも同様に大切です。

 

いくら服装にセンスがあっても、顔合わせの場に適していない格好や自分に合わない服装は評価を落とします。

 

男女別のNGな服装

絶対ダメの写真

 

 

男女別に顔合わせで一般的にNGな服装をあげました。

 

ショップによって服装の許容範囲は異なりますが、ぜひ参考にしてみてください。

 

男性のNGな服装 スウェット、パーカー、ジャージ、Tシャツ、Gパン、スニーカー、サンダル
女性のNGな服装 アクセサリー(つけすぎはNG)、キャミソール・ノースリーブ、ショートパンツ、ミニスカート、スニーカー、サンダル

 

服装を自分で決めたら派遣会社と念入りに確認をする。

 

自分で顔合わせ当日の服装を決めたら、派遣会社と一度は念入りに確認しましょう。

 

新規の派遣先であれば話は別ですが、派遣会社はあなたが志望している企業で何人ものスタッフの顔合わせを担当しています。

 

したがって、派遣先について最も熟知しているのは派遣会社です。

 

顔合わせ当日の服装が自分でどうしても決められなければ、最初から派遣会社に相談しても良いですよ。

 

派遣(アパレル)の顔合わせ当日の髪型は?男女別に紹介!

スマホを鏡代わりにする女性モデルの写真

 

髪型に対して自由度の高いアパレル業界ですが、顔合わせ当日の髪型は控え目にした方が良いです。

 

個性を出すのは大切ですが顔合わせは就職活動。

 

派遣とはいえ、会社の顔として接客します。初対面から個性的で清潔感がない髪型は、社会人としての常識を疑われ確実にマイナスです。

 

清潔感を第一に優先し、ビジネスの場にふさわしい髪型を心がけましょう。

 

顔合わせの段階であれば、当日のファッションに合わせて清潔感を意識する程度で問題ありません。

 

髪型を色々と変えるのは、入職してからでも遅くありません。

 

万人に不快感を与えない髪型で選考に臨めば安全です。

 

ここでは、男女別に顔合わせ当日の髪型について説明します。

 

女性の場合

 

個性的な髪型を避け、清潔感を意識した髪型を意識しましょう。

 

個性が強い髪型はショップによって好みがはっきり分かれます。

 

顔合わせの段階では、あくまでもファッションに合わせて主張が少ない髪型を意識すると上手く行きます。

 

ヘアカラーは、黒髪に近い茶色。

 

カジュアルショップの場合は緩めのパーマをかけて柔らかい雰囲気を出してもOKです。

 

また、顔合わせの最中、常に髪を気にしているとあまり良い印象を与えませんよね。

 

前髪が邪魔にならないようにスタイリングして、ロングヘアの場合は後ろで結べばしっかりした印象を与えることができます。

 

顔合わせは初対面であることを忘れずに、個性が強すぎない清潔感がある髪型が適しています。

 

男性の場合

 

女性と同様に個性的な髪型は避けましょう。

 

自分では流行を取り入れたつもりで良かれと思ったヘアスタイルも、派遣先から全く評価されないばかりか逆にマイナスになる可能性もあります。

 

 

とくに、エクステ、メッシュ、刈り上げやスキンヘッドは顔合わせの場には適していないので基本的にNGです。

 

男性の場合は、黒髪か明るすぎないヘアカラーが理想です。

 

髪の長さは短めで清潔感があれば問題ありませんが、ひと昔前のスポーツ刈りを思わせる短すぎる髪型は流行に欠けるので評価を落とす可能性があります。

 

また、全体のコーディネイトと髪型が合わないと不自然な印象を与えてしまいます。

 

服装とのバランスをとりながら、清潔感を感じさせる髪型を意識しましょう。

 

スポンサーリンク
 

アパレルの派遣の顔合わせ当日の持ち物は?

 

(アパレル派遣)の顔合わせ当日の持ち物は、以下の通りです。

 

・筆記用具
・メモ帳
・化粧品や整髪料
・手鏡
・折り畳み傘
・その他指定された持ち物

 

筆記用具メモ帳は持参しましょう。

 

メモをとりながら顔合わせに臨むと、相手の話を真剣に理解しようとする前向きな姿勢が伝わりますよね。

 

冒頭にも書きましたが、アパレル派遣の顔合わせは当日の服装が非常に大切です。

 

顔合わせ前に空き時間があればメイク直しや身なりを整えることができように、化粧品整髪料手鏡の用意をおすすめします。

 

また、当日の天候が崩れた場合に備えて、折り畳み傘も持参しましょう。

 

雨で服がずぶ濡れになった状態で会場に向かうのはふさわしくありません。

 

乾くまでに時間がかかりますし、何よりも先方を気遣わせてしまいます。

 

忘れ物は大きなマイナスですので、前日のチェックや派遣会社に当日の持ち物を前もって確認しましょう。

 

まとめ

 

アパレルの派遣社員の顔合わせ当日の服装・髪型について紹介してきましたが、アパレルだからと、トレンドを盛り込みすぎた派手な服装は基本的にNGです。

 

アパレルの派遣社員の顔合わせの服装選びは、他の業種よりも選択が難しいかと思います。

 

今回紹介した内容を守っていただければ、そこまで大きく、企業側とのズレが起こることはほぼないと思われますが、もしも気になるのであれば、担当の派遣営業の人に

 

「過去に採用された方の服装や髪型はどんな感じでしたでしょうか?」

と確認してみるといいでしょう。

 

当日の顔合わせが上手くいくことを心から応援していますね!!

 

↓派遣の顔合わせの服装についての別途記事はコチラ↓

派遣の顔合わせ当日の夏シーズンの服装を職種別に紹介!

派遣先の顔合わせの冬場の服装を職種別に紹介!当日の注意点も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です