派遣に必要なタイピングレベルと速度の平均は?練習方法とコツを紹介!

 

「派遣で各職種に必要なタイピングスピードの平均はどれくらい?」

「タイピングスピードの練習方法とコツは?」

 

これから派遣の登録会を控えていて、このような不安はありませんか?

 

派遣経験が通算10年で、片手打ちからブラインドタッチは楽勝なレベルまで成長。
そのような実績を持った私が疑問にお答えします。

 

タイピングは毎日少しずつでも練習すれば上達します。

 

上達しないからと言ってすぐに投げ出さず、気長に継続していれば確実にコツを掴めます。

本記事を参考にして、希望職種に応じて正しい方法で努力しましょう。

 

派遣の仕事探しにタイピングスキルは重要!?

 

派遣の仕事探しにタイピングスキルが重要なのか気になりますよね。

 

結論を言えば、タイピングスキル次第で仕事を紹介される数が変わります。

 

とくに、データ入力はタイピングのスピードが非常に重要で直に選考に影響します。

 

職種に関係なく業務が正確で早ければ就業時間を有効に使えます。

 

空いた時間を別の業務やスキルアップに充てたり、オフィスの整理整頓に使ったりできます。

 

したがって、タイピングスキルを高めることは派遣先からの評価につながるでしょう。

 

スポンサーリンク
 

タイピングスピードを応募条件にしている求人もある

 

派遣の仕事探しにタイピングスキルは重要です。

 

多くの派遣会社では、スタッフ登録時にタイピングスキルを測定します。

 

企業から依頼されている求人の募集要項に、タイピングスピードの目安があるからです。

 

とくに、データ入力や事務職ではタイピングスピードが選考で重視されます。

 

データ入力業務はある程度のタイピングスピードがないと、顔合わせの前に社内選考で足切りされることもあります。

 

事務職WordExcelなどのオフィス製品のスキルが重要です。

 

データ入力ほどタイピングスピードは求められませんが、一定の基準を満たしていることが条件の求人は多いです。

したがって、タイピングのスキルが高ければ仕事を紹介される確率が上がるでしょう。

 

業務スピードは契約更新の大切な要素!タイピングスキル向上で評価が上がる

 

一般的に派遣の契約更新の条件は以下の通りです。

 

・契約満了時の業務量

・労働者のスキル・能力

・労働者の勤務成績

・会社の経営状況

 

タイピングスキルを向上されると、業務のスピードが上がります。

 

よって、契約満了時の業務量と勤務成績はプラス。

 

さらに、空いた時間をスキルアップや別の業務に費やすことができます。

 

結果、会社の経営状況にそれほど左右されづらい能力・スキルが身につきます。

 

タイピングスキルを向上させれば、契約更新がこれほど有利なのです。

 

派遣に必要なタイピングスピードの平均はどのくらい?

 

派遣先によって基準は異なりますが、必要なタイピングスピードの目安は把握しましょう。

 

事務員やデータ入力はパソコンを使った仕事が多いので、非常に重視されます。

 

ただし、いくらタイピングが早くてもミスが多ければ評価が下がるので注意してください。

 

ここでは、「事務職」「データ入力」「営業職」に分けて派遣に必要なタイピングの平均を紹介します。

 

事務職の場合

 

事務職は、1分間に平均100文字(100/分)打てればアピールにつながります。

 

実感としてブラインドタッチを覚えればそこまで難しくないので積極的に狙ってみてください。

ブラインドタッチを覚えて、ある程度のタイピングスピードがついてきたら次は正確性を高めて行くようにしましょう。

 

データ入力

 

データ入力で優遇される平均タイピングスピードは、1分間に150文字(150/分)。

 

テンキーは、1分間に200文字(200/分)です。

 

練習する際の目安として覚えておきましょう。

タイピングスピード80/分テンキー150/分でも問題はないのですが、最低限のレベルでありアピールするには少し物足りません。

 

また、タイピングの正確性も非常に重要です。

 

派遣先の業務では企業にとって重要な情報や個人情報を扱う機会があるのでミスは命取りです。

 

スピードに特化しすぎず、正確性を重視した練習をしましょう。

 

正確にタイピングできるようになれば、自然とタイピングスピードもついてきます。

 

最も多くの入力をこなす都合上、データ入力の場合は重要な情報に触れる機会が多いです。

 

まずは正確なタイピングを身に付け、次にスピードを上げる練習をすれば良いでしょう。

 

営業職

 

営業職も客先へのプレゼン資料や業務報告など、パソコンを使用する機会が多くあります。

 

要するに、事務員では対応できない書類作成は営業社員が自分で行うということです。

 

営業職の場合はタイピングスピードに明確な基準はありませんが、事務員よりも圧倒的にオフィスにいる時間が短い分、早いに越したことはありません。

 

タイピングテストの結果で、そこまで合否に大きな影響はないでしょう。

 

しかし、派遣先での業務を考えると事務職と同じくらいのタイピングスピードは欲しいところです。

 

スポンサーリンク
 

タイピングが苦手な人必見!?練習方法とコツを紹介します! 


タイピングのテストは、以下2種類のパターンがあります。

・派遣会社のシステムにログインすれば自宅で何回も受験できる

・登録会の当日に1回だけテスト

 

自宅で受験できれば精神的に楽かもしれませんが、高得点を取るためにどちらのパターンにも備えて十分に練習しましょう。

 

ここでは、タイピングスピードを上げる練習方法とタイピングのコツを紹介します。

 

タイピングスピードの練習は、タイピング練習サイトで行うと良いでしょう。

 

本番の測定はそのままの環境で実施される場合があるので、慣れておくと得です。

 

また、サイト内にタイピング練習の成績を保存できるので、スキル向上のモチベーションが上がります。

 

おすすめのタイピングは正直ありません。

 

検索サイトで「タイピング練習 無料」と検索するとサイトの一覧が表示されるので、何個か使ってみて自分に合ったサイトを選んでみてください。

 

登録会のタイピングテストでよく使われている練習サイトがあるので、慣れがあることで本番が少しでも有利になるため以下にサイトを紹介します。

 

e-typing

 

e-typingの良いところは、「ローマ字入力」「カナ入力」「英語」「長文」「テンキー」など幅広く練習できることです。

 

実際のタイピングテストでは、さまざまパターンで入力を行えるので本番の再現性が高いです。

 

サイトURL :インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピング

 

マナビジョン

 

マナビジョンは、制限時間内を1分から5分に設定して、「ローマ字入力」「カナ入力」を練習できます。

 

デメリット「テンキー」の練習ができないことです。

 

他のサイトで代用しましょう。

 

サイトURL :タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

 

派遣会社名は言えませんが、上記のアプリはタイピングテストでそのまま使われているのをよく見ます。

 

あくまでも、私の経験上ですので参考までによろしくお願い致します。

 

上達するタイピングのコツは?


タイピングのコツは以下2点です。

 

・正確にホームポジションを覚える

・キーボードを強く打ち過ぎない

 

この2つについて詳しく紹介していきますね。

 

正確にホームポジションを覚える

 

ブラインドタッチができれば、タイピングスピードが大幅に上がります。

 

そのために、まずはホームポジションを覚えましょう。

 

ホームポジションは、両手の人差し指をキーボードのJ(右手)F(左手)に置きます。

 

人差し指に突起しているものが当たるのが分かりますよね。

 

その状態で他の指を横に置きます。

 

これでホームポジションの完成です。

 

ホームポジションから左右5本指を前後・左右にずらして、キーボードを見ずにアルファベットの位置を覚えていきます。

 

また、テンキーのホームポジションは、「4・5・6」です。

 

キーワードと同様の方法で周辺の数字を覚えましょう。

 

キーボードを強く打ち過ぎない

 

もう1つのコツは、キーボードを強く打ち過ぎないことです。

 

強く打つと1文字打つたびに指とキーボードが長く触れるので、次の文字がスムーズに打てません。タイピングは弱く早くを意識しましょう。

 

以上、2点を意識すればタイピングスキルは確実に変わります。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

 

今回は、派遣に必要なタイピングの平均スピードはどのくらいかを紹介してきました。

 

派遣に必要なタイピングの平均スピードは職種・職場のレベルによって大きく異なりますが、今ではパソコンを使わない企業は、ほとんどありません。

 

自分が少なからず、事務系の仕事や営業職などのホワイトカラーの派遣を希望しているのであれば、最低限のタイピングスキルは持っておくべきでしょう。

 

今回の内容をもう一度簡単にまとめると、

・事務職は、1分間に平均100文字(100/分)

・データ入力で優遇される平均タイピングスピードは、1分間に150文字(150/分)。

・営業職は事務作業がメインではないが、タイピングスピードが速いに越したことはない

 

というのが、タイピングスピードの参考となります。

 

私もタイピングは苦手で、文字を打つのにも時間がかかるタイプの人間でしたが、ブラインドタッチの練習や数をこなしていけば、必ず上達していきますので、日々練習し、文字を打つことを習慣化するのがおすすめです。

 

今回の内容が少しでも、あなたの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です