抹茶アイスのカフェインは子供にとって悪影響?何歳ぐらいからなら 大丈夫?

 

抹茶アイスって美味しいですよね。

 

チョット苦くて、甘くて、抹茶の香りが口に広がり幸せな気持ちになり満たされる、みんなが好きな抹茶アイスです。

子どもって、大人が食べているものは何でも欲しがりますよね。

 

それが、子ども達みんなの大好きなアイスクリームだったら大変!もっと欲しがります。

 

大人が抹茶アイスを食べていると子ども達がよってきて、かわいい顔で見あげながら「アイスちょ ~だい」って言われそうです。

 

かわいい顔で「アイスちょ~だい」って言われて「あ~ん」って口を開けてきたら、ついついスプー ンで抹茶アイスを口に入れてあげたくなります。

でも、チョット待って!

「抹茶アイスってカフェインが入ってるの知ってる?」

「子どもに抹茶アイスを食べさせてもいいの?」

「抹茶アイスって、何歳くらいから食べさせて良いの?」

 

って、悩んだことのある人はいませ んか?

抹茶アイスのカフェインが子ども達に良いのか悩んだことがある人に説明します。

 

アイスのカフェインって小さい子供には悪影響だった!?

抹茶アイスは、チョット苦くて、甘くて、抹茶の香りが口に広がり幸せな気持ちになれ満たされる、 みんなが好きな食べ物です。

抹茶アイスにカフェインが入っていることは知っていますか?

 

カフェインには、覚醒・興奮などの作用があり「夜寝られなくなる」と言うのはここから来ています。

 

エナジードリンクや栄養剤がを飲むと「眠気が覚める」「やる気が出る」のもカフェインの効果が関係していることが多いです。

 

身体が小さい子ども達は、大人よりカフェインの影響を受けやすいといわれてるので注意が必要 になります。

 

子どもは脳が未発達で、肝臓代謝機能も低いため、大人と同じ量のカフェインを摂取するのは危険です。

日本では、子どものカフェイン摂取量は定められていませんが、カナダで「カフェイン摂取量目安」 が定められているので参考にしてください。

 

4歳~6歳 45mg
7歳~9歳 62.5mg
10歳~12歳 85mg 成人 400mg
抹茶に含まれるカフェイン量(日本食品標準成分表・文部科学省、記載)

抹茶 3.2g/100g

抹茶アイスにも、確かにカフェインが入っています。

 

抹茶アイスのレシピを見てみると200mℓ~400mℓの乳製品に大さじ1杯(5グラム程度)が多いこ とでも分かるように、抹茶アイスに含まれる抹茶の量は微々たるものです。

 

抹茶アイスを子どもが、2口~3口食べたからといってカフェイン摂取量を気にする必要はありません。

 

しかし、抹茶アイスを1パック全部食べるとか、濃い抹茶アイスなどは注意が必要になります。

 

スポンサーリンク
 

抹茶アイスは何歳からなら大丈夫なの?

調べた限りクロですねの写真

 

気になるのは、カナダの「カフェイン摂取量目安」4歳~しか書いていない!

ということは、3歳まではカフェインを出来るだけ控えた方がいいということです。

しかし、抹茶アイスの抹茶は微量でカフェインの量も微々たるものですから、香り付けに使われているくらいなら神経質にならなくても大丈夫。

 

大人がイライラして子どもに接すると子どもも気がつきビクビク大人の顔色を見るようになります。

 

おおらかな気持ちで子どもに接すると子ども達も伸び伸びと生活が出来るのです。

 

あまりカフェインに神経質にならずに子どもの成長を楽しんでください。

大人は「子どもが昼寝の時」「子どもが夜寝てから」など子ども達の目に見えない時間に、抹茶アイスを食べるなどの配慮が出来ます。

しかし兄姉となると話が別です。

 

兄や姉と歳が離れてて、兄や姉が目の前で抹茶アイスを美味しそうに食べていると、どうしても 欲しがることになります。

我が家も3人兄妹、8歳5歳0歳で産まれたので、一番上の子の子は、チョコレート、アイスクリー ムなどは小学校入学まで食べていませんでした。

 

しかし、二番目の子ともなると、幼稚園入園の 頃にはチョコレート、アイスクリームなどを食べることとなり、末っ子に至っては2歳前頃に、兄姉がチョコレート、アイスクリームなどを食べてるのを見て一緒に食べていました。

 

兄姉が分け与えるということもあり、兄姉が分けると多い量を食べることになるので、食べ過ぎないようはじめから少量を分けてあげていました。

子どもが育つ環境というものがあるので、「出来るだけ食べない方がいい」くらいに考えて、大切なのはカフェインの摂取量なので、小さい子どもには薄めるとか、一口だけにするなど摂取量を減らす工夫をすれば大丈夫です。

 

小さい子供に抹茶アイスを食べさせる時の注意点

ギャン泣き赤ちゃんの写真

 

抹茶アイスのカフェインは微量なので神経質にならなくても大丈夫です。

 

しかし、カフェインの摂取量に注意するということは大切で、小さな子どもが食べる抹茶アイスの量、抹茶アイスの抹茶の濃さなどに気をつけて食べさせてください。

 

もちろん、少量だからと抹茶アイスを毎日食べさせるのも良くありません。

抹茶アイスには、カフェイン以外に糖分もたくさんはいっています。

 

糖分がたくさんはいっているから甘くてクリーミーで美味しいのですが、子どもが糖分を摂り過ぎると、肥満や糖尿病になることもあるからです。

市販の抹茶アイスには、添加物も入っています。

 

抹茶アイスには「着色料」「安定剤」「乳化剤」などが入っていますので、子どもには添加物を与えたくないと考えてる方も多いです。

安心して子どもが食べられる「抹茶アイス」を手作りしてみませんか?

 

スポンサーリンク
 

安心して子供が食べられる「抹茶アイス」の作り方を紹介!!

【材料】
・抹茶 大さじ1杯(大人の通常の量)
・牛乳 100cc
・練乳 100cc
・生クリーム 200mℓ
・砂糖 50g(大人の通常の量)
・塩 少々
・お湯 少量

1.抹茶は少量のお湯で溶かしておく。

2.牛乳、練乳、砂糖、お湯で溶いた抹茶を混ぜ合わせる。

3.生クリームを泡立てる。

4.泡立てた生クリームに、混ぜ合わせた牛乳、練乳、砂糖、抹茶を入れ、ヘラで混ぜ合わせる。

5.密閉容器に入れ冷凍庫で凍らせる。

6.凍ったらスプーンでかき混ぜ、再度、冷蔵庫で凍らせる。

7.5、6を繰り返す。(多く繰り返すとクリーミーな抹茶クリームになります)

お子さまには、抹茶の量と砂糖の量を減らして調整して作ってみてください。

 

カフェインの量と糖分の量で調整できます。 大人用と子ども用を一緒に作って冷凍しておけば、大人と子どもが一緒に抹茶アイスを食べられることが出来るのです。

是非、お試しくださいね。

 

まとめ!

 

抹茶アイスのカフェインは子供にとって悪影響なのか?ということについて紹介してきましたが、抹茶アイスのカフェインは1口2口食べる程度であれば問題はありませんが、3歳までは抹茶アイスを与えるのは極力控えた方が良いでしょう。

 

抹茶アイスの抹茶の量自体は多くはありませんが、子供に抹茶アイスを食べさせる際は、濃い抹茶アイスは控えたり、量を少なめにしたり、工夫する様にすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です