アムウェイはやばい?やばい理由は?アムウェイは宗教的ビジネスです!

 

皆さんはマルチ商法という言葉を聞いたことがありますか?

 

恐らくですが、この記事を読んでいるほとんどの人が、聞いたことがあると言う人が大半でしょう。

 

その中でも、今でも勢いのあるマルチ商法である「アムウェイ」

 

恐らく親に「アムウェイやりたい!!」なんて言ったら最後、親にマジギレされることだと思います。「苦笑」

 

今回私が何故「アムウェイ」がやばいのか?と言うことを体験談と共に紹介して行きたいと思います!

 

スポンサーリンク

アムウェイとは?

出典:http://www.amway.co.jp

 

アムウェイについてご存知ない方の為に、アムウェイについて簡単に説明していきたいと思います!

 

 

アムウェイとは簡潔に言えば、日用品を売っている会社であります。

 

 

設立は1959年で創業者はリッチ・デヴォスジェイ・ヴァン・アンデルの2人で「成功を望むすべての人々にその機会を提供したい」という理念のもと設立されたMLM「マルチ・レベル・マーケティング」(通称:マルチ商法)を採用している会社です。

 

 

マルチと言うと「ねずみ講だ!!」と言う方がいますが、結論から言えばアムウェイはねずみ講では無いですし、マルチ商法と言うのも決して違法ではありません。

 

「本当に違法であれば今頃この世から消えています。」

 

 

アムウェイはむしろ会社としての売り上げはマルチ商法の中ではトップクラスで、世界での年間の売り上げ1兆円。

 

 

日本での売り上げ約1000億円と言われております。

 

そしてアムウェイに登録している、勧誘者をディストリビューターと呼び、現在日本では70万人が日々活動をしているデータがあります。

 

簡単に言ってしまえば、ディストリビューターは自分の勧誘した会員が商品を買ったキャッシュバックで報酬を得るシステムです。

 

つまり、単純計算すれば、下の会員を増やして、下の会員が高い商品を買ってくれれば、それだけ自分にキャッシュバックが入ると言うわけです!

 

後に解説しますが、これがマルチ商法の一般的なビジネスモデルになります。

 

次は私が、アムウェイを知った経緯を紹介していきたいと思います。

 

初めて勧誘されたのは今から一昨年の冬

「リピートアフタミー!!」の写真[モデル:Max_Ezaki]

 

 

結論から言えば、初めて私をアムウェイに勧誘したのは、会社の中でも、ある程度の地位にいる直属の上司だったんですよね、、、、

 

「俺の知り合いの家でやってるカレーパーティーに行かないか!?」と言われたのが全ての始まりです。

 

 

それ以降も何回もアムウェイに勧誘されたり、わざとホームパーティーに侵入した事もあるんですよね(笑)

 

しかし毎回、同じやばさを感じました。

 

でも、アムウェイって冒頭に言った通り、本当に評判が悪いビジネスモデルを採用していて、周りからやばいって言われているのですよね、、、、

 

 

でも残念ながらやばいって言われてしまうのには、それなりの理由がしっかりとあるわけなんですね。

 

ここでは今からアムウェイで夢を見ている方やこのままアムウェイを続けても本当にいいのか?

 

 

私がやばいと感じた、違和感を体験談と共に紹介していきます!

スポンサーリンク

アムウェイってやばい?私が感じたアムウェイのやばい実態とは?

 

「イケメン男子」の写真[モデル:大川竜弥]

 

ここではアムウェイについてヤバいと感じたことやアムウェイの問題点を紹介していきます。

 

どれも実際に体験した事なので、これからアムウェイをやろうか考えている人や、辞めようか迷っている人は少しでも参考にしていただければ、幸いです。

 

 

勧誘マニュアルがあり、勧誘を断れない様な手口がある。

 

アムウェイには勧誘する為のマニュアルがあり、そのマニュアルや勧誘手口が巧妙なんですね。

 

僕自身も今思えば、上司の勧誘にまんまと手のひらで踊らされてしまったと痛感しております。

 

私は何回かアムウェイの勧誘を受けたことがあるのですが、ほとんどの場合、最初からアムウェイと言うことを伝えず、ホームパーティーに誘い、信頼関係を構築していきます。

 

私も最初に勧誘された時、上司から「自由な人達の集まりで、絶対楽しいから来てみない!?」と誘われ、その日が金曜日と言うこともあり、夜遅くに仕事が終わった後に集まりに行ってしまったんですね、、、

 

アムウェイの人達と言うのは、どこか今までに関わったことのない属性の人達ばかりで、とても楽しかったのを覚えております。

 

しばらくもその上司のグループの人達と関わっていたのですが、これこそが最大の罠だったんですね。

 

ある程度信用関係を構築するといきなり、渋谷にあるアムウェイの本社に連れて行かれ、ここで勧誘されます。

 

その勧誘も上司1人ではなく、複数人で勧誘してくる上に、情報弱者であれば、高確率で「いいかも、、、、」と思ってしまう勧誘手口なんですね、、、

 

勧誘する際に最初から勧誘するグループもいるそうですが、私が勧誘を受けたグループのほとんどは、ある程度信頼関係が構築された後の勧誘でした。

 

とにかく勧誘されてしまえば、最後逃げるのには一苦労です。

スポンサーリンク

商品のデモンストレーションがインチキ

ディストリビューターの間では、デモと言われており、いかに普段、私達が使っている商品がアムウェイに劣っており、アムウェイが素晴らしい製品であるかをアピールして来ます。

 

しかし、結論から言えば、私自身アムウェイの製品は特許もいくつも習得しており、災害が起きた際に様々な製品が世界に貢献しており、素晴らしい製品であり私も愛用していた時期があります。

 

ただ、だからと言ってアムウェイの製品が特別他と比べてズバ抜けているかと言うと決してそう言う訳ではありません。

 

しかしアムウェイの信者のデモンストレーションでは、他社製品とアムウェイをやたら比較したがり、アムウェイの製品がいかに素晴らしいかを、とにかくしつこいぐらいアピールしてきます。

 

しかしほとんどの製品デモが残念なことにインチキをしているんです、、、

 

ここでは詳しくは解説しませんが、平気でインチキをし、他社製品をバカにする思考は個人的にやばいんじゃないかと本気で心配になってしまうレベルです。

 

 

こちらでは、アムウェイの製品デモのインチキの仕掛けを徹底暴露しております。

興味のある方は是非こちらもどうぞ!

アムウェイの商品デモはインチキ?洗剤のカラクリ・トリックの嘘を紹介します!

 

 

アムウェイをとにかく崇拝している

 

「俺は人形使いをやめるぞ!ジョj | 写真の無料素材・フリー素材 - ぱくたそ」の写真[モデル:鈴木秀]

 

アムウェイのディストリビューターはとにかくアムウェイに対して絶対的忠誠心を持っており、僕の上司もまさにそのタイプでした。

 

私自身も時計や財布には、ある程度のこだわりを持つタイプですが、特別「このブランドが最強!!」言ったような考えは決してありません。

 

しかしアムウェイのディストリビューターはとにかくアムウェイが絶対と言う思考が強いです。

 

製品はアムウェイに統一、アムウェイの成功者の言うことは絶対と言う、正にアムウェイに人生を捧げております。

 

私自身アムウェイに勧誘されている期間に他社製品を使おうとした際に、「他社はアカン」と言われ、アムウェイの製品を使う様に強要された時は、本気で大丈夫か?と思ってしまいました。

 

また、アムウェイのディストリビューターの成功者を見る態度が明らかに神を崇拝する様であり、アムウェイの成功者の言うことは絶対っと言うオーラがハンパなかったのを今でも覚えております。

 

私自身も心から尊敬している成功者はたくさんいますが、思考能力が無くなり、周りが見えなくなるほど崇拝すると言ったことは決してしない様に心がけております。

 

こうしてみると、完全にアムウェイの人達が成功者の言うことだけを聞いている様に見えてしまうんですよね。

スポンサーリンク

仲間意識がやばい

 

「芦ノ湖と海賊船」の写真

 

アムウェイの理念の1つ

 

それは仲間です。

 

アムウェイをしているとやたら仲間と言う言葉が飛び交ってきます。

 

しかしアムウェイの人達の言う仲間と言うのは少し違う感じがしました。

 

アムウェイのパーティーに誘われた時に「Y(私の名前)も今日からオレ達の最高の仲間だ!」とやたら言われましたし、知らずにグループラインに入会してしまったが最後、四六時中LINEの通知が鳴り止むことはなかったです。

 

私自身、何をするにしてもある程度の仲間意識は必要とは考えますが、今思えば、初対面で急に仲間だなんて言われてしまっても戸惑いますし、四六時中繋がっていないといけないと言うのは仲間ではなく、はっきり言ってしまえば、ただの依存にしか思えません。

 

セミナーがもはや宗教

「「お願い!」っと手を組んで祈る男性」の写真[モデル:大川竜弥]

 

私も何回かアムウェイのセミナーに参加したことがあるのですが、普通のセミナーとは少し異質な感じがしたのを今でも覚えております。

 

 

セミナー会場には恐らく2000人くらいはおり、内容はアムウェイの理念、健康のことから、これからの日本経済が下降するなどとと言うのが、大まかなセミナーの内容ですが、1番衝撃的だったのが、成功者がステージに立った時のあの盛り上がり方です。

 

 

「やばいところに来てしまったな、、、」と感じてしまいましたね。

 

 

セミナー中も成功者の方が何かを話すと同時に「うおーーーい!!」や別に凄いことを言ってないのに「おおーーーーー!」と言った歓声やセミナーが終わった後の「〇〇さんのセミナーやっぱやべーよ!!!」と皆がその様な話をしているのを聞いて完全に宗教団体か何かに紛れ込んでしまった感を今でも覚えております。

スポンサーリンク

ノルマを達成出来なければ自腹購入

 

「残りの生活費を計算する男性」の写真[モデル:藤沢篤]

 

恐らく知っている方にとって一番恐怖であり、マルチビジネスの問題点であるのが、この自腹購入です。

 

マルチビジネスの最大の特徴は先ほども解説した通り、キャッシュバックによる報酬です。

 

しかし、これが最大のネックです。

 

これに関しては正直な話、自腹購入を強要するグループそうで無いグループがありますが、ほとんどの場合、自腹購入をしているグループがほとんどです。

 

アムウェイにはキャッシュバックごとにランクがあり、一定の売り上げを達成することで、ランクアップできる仕組みを採用しております。

 

その為、アップライン「上の会員」はランクを上げる為に、下の会員に商品を買う様に強要してきます。

 

私の上司もアムウェイのディストリビューターとして、活動してましたが、いつの間にか口癖が「金ねえ、、、、」になっていましたね、、、

 

私の上司の場合、自分のランクを上げる為に一気に8万円分の商品を購入して、在庫過多になって嘆いていたのを今でも覚えていますし、もしも自分だったらと思うとゾッとします。

 

友達が離れて行き、最終的にはアムウェイの中でしか生活出来なくなる

 

 

アムウェイと言うのは広告を打たずに、ディストリビューター自身が広告塔になり、商品の良さを広げて自分の会員を広めていくビジネスです。

 

 

アムウェイをしていると最初にアップラインの人から「友達に紹介してあげて!」と言われLINEやFacebookでひたすら、アポイントメント「勧誘」する様に勧められます。

 

 

当然、簡単に上手く行くわけもなく、大抵の場合「ふざけるな!!」と言われてその後、連絡を取れなくなってしまうケースがほとんどです。

 

しかも大抵の場合、ディストリビューターはその友達や知り合いに対して、しつこく連絡したり、集団で勧誘したりします。

 

 

そうなれば必然的に縁を切られることもありますし、悪い噂だって広まります。

 

 

そうするといつしか、アムウェイの仲間だけしか信用出来なくなり、アムウェイの中でしか生活出来なくなってしまいます。

 

冷静に考えて見ると、アムウェイの中でしか生活出来なくなるのに、毎月高額な商品を自腹で購入しなくては行けない。

 

そうなると、アムウェイをやめたら最後、アムウェイの人達には見捨てられ、自分は帰る場所がないと言う最後を迎えてしまいます。

 

そう考えるとアムウェイの仲間だけに依存するのは本気でやばいと言えます。

スポンサーリンク

アムウェイの活動がハードすぎる

 

アムウェイの活動はほぼ毎日行われており、会社員であれば毎日会社が終わった後にセミナーを受け、アムウェイの製品をどう広めて行くかのミーティング、グループの家でのパーティなどで、私の会社の上司が家に帰えるのは毎日24時で6時起きと言う生活をしていました。

 

これがほぼ毎日となれば、移動の出費やセミナー代もかかる上に身体に負担がかかるのも無理はありません。

 

最後は借金地獄

 

アムウェイは初期費用はなく、年会費もディストリビューターとして活動する費用は3600円だけです。

 

しかし問題なのが、先ほども解説した自腹購入です。

 

アムウェイの商品のほとんどが普通の会社員にとっては高額な商品ばかりです。

 

しかし勧誘ノルマを達成出来なければ、グループは当然その分の売り上げを補わせようとしてきます。

 

それも毎月万単位での購入をしなくてはいけません。

 

当然そうなれば、普通の会社員の手取りではいずれ、商品代金を賄えなくなり、借金地獄に落ちてしまう人が後を絶たないのが現状です。

 

 

アムウェイはやばい?まとめ!!

 

いかがでしたか?

 

今回の話を聞いてもし、アムウェイに関して疑問を持ったのであれば、アムウェイに限らず、マルチビジネスに手を出すのは本気でおすすめしませんし、もしあなたがディストリビューターとして活動していて、辛いと感じるのであれば本気でアムウェイを退会することをおすすめします。

 

今の時代、アムウェイ以外に低リスクでできる、副業はいくらでもあります。

 

今回の紹介したアムウェイについて少しでも参考にしていただけたら、幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です