マフィン型の代用品5選!アルミカップや牛乳パック、紙コップは使える?

 

マフィンって知っていますか? 1個ずつ分けられるので「おみやげ」「差し入れ」「プレゼント」にも喜ばれます。

 

甘さ控えめなので「朝食に食べている」という方も多いのではないでしょうか?

 

マフィンは、家庭で簡単に手作りできます。

 

でも、実際に作ろうとしたら

「マフィン型のなんて家にないよ」

などの声が聞こえてきそうです。

 

しかし、大丈夫です、マフィン型は家にあるもので代用品にできます。

 

今回は、

 

「マフィンを作ろう!」

 

と思ったのに

 

「マフィン型がない!」

 

そんなときの「マフィン型の代用品」をご紹介します。

 

マフィン型の代用品5選を紹介!!

 

 

最近は100均にも繰り返し使えるシリコン製、使い切りで楽な紙製などたくさんのマフィン型が販売されています。

 

しかし、「試しに作ってみたいだけ」「わざわざ買うのは勿体ない」などと思っている型のために、どこのご家庭にもあるものの中から、マフィン型の代用品になるものを使い方と一緒にご紹介しますね。

 

牛乳パックでマフィンをつくる

 

 

牛乳パックをマフィン型の代用品として使うときの使い方をご紹介しますね。

 

1. 牛乳パックを縦に面ごとに切り分ける

2. 長い辺はそのままで、短い辺がマフィンの高さになるのでお好みの幅に切る。

3. 長い辺を円形にまとめて(不要な部分は切り落とす)ホッチキスで止め円形にする。

4. アルミホイルを広げた上に円形の牛乳パックをのせ、内側に折り返し外側を全て覆う。

5. 円形の牛乳パックの内側にも全て(底も)アルミホイルで覆う。

6. 型にあわせてクッキングシートを敷く。

 

アルミカップでマフィンをつくる

 

 

 

お弁当におかずを入れるときに使うアルミカップは、そのままマフィン型に使えます。

 

形もマフィン型に近いので、マフィン型の代用品として便利です。

 

しかし、マフィン型に比べると少し柔らかいので生地を流し入れて横に広がるようであれば、二重にするかアルミホイルを円形にして支えにしましょう。

 

アルミ製のカップは熱伝導が良く、マフィンの焼き上がりがムラなくきれいにできます。

 

シリコンカップでマフィンをつくる

 

 

 

シリコンカップもお弁当のおかずを入れるのに使っているカップです。

 

お弁当を作るご家庭では常備していることも多いと思います。

 

シリコンカップはマフィン型にそっくりな代用品です。

 

しかし、シリコンカップオーブン対応のものオーブン不可のものがあります。

 

オーブン不可のものは使えませんので注意が必要です。

 

シリコンカップは繰り返し使えて便利ですが、シリコン独特の匂いがあります。

 

シリコンの匂いが気になるときには、内側にクッキングシートを敷いて焼きましょう。

 

紙コップでマフィンをつくる


紙コップもマフィン型の代用品になります。

 

最近はかわいいデザインの紙コップもたくさんあるので、お友達やイベントの時にプレゼントとし てマフィンを渡したいときにい便利です。

 

ただし、紙コップをマフィン型の代用品として使う場合は、必ず紙コップの内側と外側にアルミホイルで覆います。

 

さらに、内側にクッキングシートを敷きましょう。

 

プレゼントで渡すときには、マフィンの粗熱が取れた時点でアルミホイルを外せば綺麗なままで渡せます。

 

コーヒーカップでマフィンをつくる


コーヒーカップもマフィン型の代用品として使えます。

 

しかし、耐熱性のコーヒーカップだけなので、子ども用のプラスチック製などはオーブンで溶けてしまうのでマフィン型の代用品としては使えません。

 

陶器製ステンレス製のコーヒーカップを利用すると見た目もかわいく食べるもが楽しくなります。

 

そのまま、生地を流し入れて焼くこともできますが、内側にクッキングシートを敷くと洗い物も簡単です。

 

コーヒーカップ以外にも、お茶碗スープカップなど耐熱の陶器製のものでしたらマフィン型の代用品として使えます。

 

ご家庭の中でマフィン型の代用品として使えそうなものを探してマフィンを焼くと楽しいですよ。

 

マフィン型があるご家庭でも、ぜひ一度試してみてください。

 

スポンサーリンク
 

マフィン型の代用品として使えそうで使えないものはある?

 

 

マフィン型の代用品として使えないものは、明らかに耐熱性のないプラスチック製など見るからに分かります。

 

では、マフィン型の代用品として使えそうで使えないものはあるのでしょうか?

 

使えそうで使えないものではないのですが、使うときに注意が必要なものとして「牛乳パック」「紙コップ」があります。

 

えっ!さっき使えるっていってたじゃん!!

 

と思った方に牛乳パックと紙コップがなぜ注意が必要か?

 

注意が必要な理由注意点をご紹介します。

 

牛乳パック、紙コップをマフィン型の代用品にするときに注意が必要な理由

 

牛乳パック紙コップは内側がポリエチレンでコーティングされています。

 

常温で使用する時は安全ですが、マフィン型の代用品として使う時は注意が必要になるのです。

 

牛乳パック紙コップの内側をコーティングしているポリエチレン110°Cを超えると溶けはじめます。

 

マフィンは180°C前後で焼き上げる焼き菓子なので、牛乳パック、紙コップのポリエチレンが溶け出す可能性があるのです。

 

このポリエチレン食品衛生法で定められた無害のものではありますが、溶けたポリエチレンが食品に付く可能性があります。

 

加えて、ポリエチレンが溶けることで牛乳パック紙コップが焦げてオーブン内で発火する可能性もあります。

 

牛乳パック、紙コップをマフィン型の代用品にするときに注意が必要な注意点

 

牛乳パック紙コップの内側にポリエチレンがコーティングされていることで、何を注意したらよいのでしょうか?

 

「マフィン型の代用品」で説明しましたが、牛乳パック紙コップマフィン型の代用品として使う際はアルミホイルで内側と外側の全てを覆うことが大切になります。

 

アルミホイルがポリエチレンと食品が触れないようにしてくれるのです。

 

さらに、クッキングシートを内側にひくと安心できますよ。

 

スポンサーリンク
 

マフィン型の代用品を使ったサンプルレシピを紹介!!

 

マフィン型の代用品が決まったら、おいしいマフィンを作りたいですよね。

 

簡単に作れるマフィンのレシピをご紹介します。

 

【材料】

ホットケーキミックス ・・・ 150g

たまご ・・・ 1個

牛乳 ・・・ 100cc

砂糖 ・・・ 50g

バター ・・・ 50g

 

【作り方】

1. バターは冷蔵庫からだして室温にもどしておく

2. ボウルに卵、牛乳、砂糖を入れ泡立て器でよく混ぜる。

3. 混ざったら、ホットケーキミックス、柔らかくなったバターをいれ泡立て器でよく混ぜる。

4. マフィン型の代用品に3を6分目まで流し入れる。

5. 180°Cに予熱したオーブンで20分~25分焼く。

(お使いのオーブンにあわせて加熱温度、時間を調整してください)

6. 竹串を刺して生地がつかなければ焼けています。

7. 網の上で粗熱を取ります。

 

ホットケーキミックスを使った、簡単なマフィンの基本レシピをご紹介しました。

 

マフィン基本レシピの生地(作り方の3)に、ドライフルーツチョコチップナッツや細かく切ったフルーツを混ぜて焼いてもおいしいですよ。

簡単にできて、おいしいので是非ともお試しください。

 

まとめ

 

マフィンの型の代用品を紹介してきました。

 

マフィンは自宅でも作れるお菓子で、マフィンの型が無くても、今回紹介した代用品で作ることが出来ます。

 

代用品を使い際は高温に耐えられるものを使うようにしましょう。

 

最後にマフィンの代用品で作るレシピを是非参考に、美味しいマフィンを作っていただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です