コンビニのおでんの添加物が危険性は本当?原因や安全性は?

 

 

コンビニに入っておでんの匂いを嗅ぐと、買わずにはいられなくなってしまう人も多いと思います。

 

おでんの具材自体、それぞれ味がしっかりしていて美味しい!

 

と感じますよね。

 

でも、ふと思うのが、

 

「この美味しさの秘密はやっぱり添加物?」

 

という疑問。

 

実際に、コンビニおでんは添加物が多いと話題になった時期もありました。

 

そこで今回は、コンビニおでんに添加物が多いと言われる原因を調べてみました。

 

コンビニおでんは危険なのかどうかもお伝えしていきます。

 

冬に食べたくなるおでんを安心して食べるためにも、押さえておきましょう。

 

コンビニのおでんの添加物が多いと言われている原因は?

 


おでんに添加物が多いと考えられがちな原因を見ていきましょう。

 

添加物が多いと言われている原因は主に3つ

おでんに含まれている原材料の表示がない

味がしっかりしていて濃い

高品質なのに値段が安く、添加物で低コストが実現できている可能性がある

 

原因として、コンビニおでんに対する情報が不足していて、消費者が不安に感じてしまうのです。

 

そもそも、コンビニおでんに添加物が多いと言われるのには、

 

長時間煮込んでも形が崩れない

おでんの具材が鍋にぷかぷか浮いている

家で作るおでんとはどこか違う美味しさがある

 

という素朴な疑問からスタートしています。

 

そして、その疑問を理由づけるのが

 

添加物

 

です。

 

自分で添加物抜きのおでんを作ろうとすれば、だしだけではコンビニのような味や見た目はなかなか出ませんよね。

 

 

コンビニおでんの誰が食べても美味しいと感じるあの味や、沈まずに美味しそうに見える具材は、やはりある程度の添加物のおかげなのかもしれません。

 

ちなみに、コンビニおでんによく使われている添加物をまとめると、次のようになります。

 

アミノ酸=たんぱく加水分解物

ソルビン酸などの保存料

着色料

亜硝酸ナトリウムなどの発色剤

リン酸塩

 

他にも使われている添加物はありますが、並べてみると意外と多いかもしれませんね。

 

アミノ酸は主にだしに使われています。

 

お店のように添加物なしにだしを作れば、どの店も全く同じ均一な味にはなりませんし、安価なおでんは提供できなくなります。

 

そこで役に立つのがアミノ酸なのです。

 

最近では、保存料や着色料を使わないおでんも増えてはいますが、具材によっては使われているものもあります。

 

 

型崩れを防止したり、見た目を良くしたりするのにも欠かせない添加物の一つです。

 

コンビニおでんが時間が経過しても鍋底に沈まないのは、具材に加える添加物を調整している可能性も否定できません。

 

スポンサーリンク
 

コンビニのおでんは本当に危険性あり?気になる安全性は?

 

コンビニおでんには、残念ながらある程度の添加物が使われている可能性が高いです。

 

添加物自然の食材そのものとは異なるため、当然、体にはあまり良くないと言われています。

 

 

添加物を摂りすぎれば、健康を害する可能性も残念ながらあります。

 

店舗で販売し、持ち帰って時間が経過しても美味しさをキープしているのはコンビニおでんの魅力です。

 

そのために添加物がどうしても必要であることも、分からなくはないですよね。

 

こんなにも添加物の話ばかりだと、コンビニおでんが怖くて食べられなくなってしまいますよね。

 

 

ですが、コンビニおでんが危険な食べ物で、食べるなとは言いません。

 

 

添加物は日常的に食べているものにも、もちろん含まれています。

 

 

コンビニのおでんだけが特別添加物が多く、危険だというわけではありません。

 

 

また、食べ過ぎるといっても、毎日大量にコンビニおでんを食べるなんてことは、なかなかできないですよね。

 

時々、コンビニおでんを少し食べるくらいであれば、添加物をそこまで怖がる必要もないです。

 

さらに、コンビニ各社はおでんに使われている添加物は法律で決められた範囲で、適切な使い方をしています

 

おでん鍋に工夫をして、美味しく見せるコツも考えているようです。

 

おでんの材料にだけ過剰に添加物を使っているわけではない

 

と言えそうですね。

 

ただし、コンビニおでんには塩分も多く含まれている可能性もあります。

 

 

おでんが美味しいから、寒くて温まりたいからと、具材も食べて、汁もすべて飲み干してしまうと、、、

知らず知らずのうちに塩分摂りすぎ!

なんてことも。

 

おでんはローカロリーで、食事にプラスしたり、夜食に選んだりできる強い味方です。

 

食べるときには、添加物や塩分を意識して、食べ過ぎに気を付けたり、塩分控えめの具材を選んだりすると良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

まとめ!

 

コンビニおでんは、味がしっかり染みていて、見た目も美味しそうで、ついつい食べたくなりますよね。

 

でも、

コンビニおでんには添加物が多く含まれている

という噂があるのも事実です。

 

ただし、添加物だけではなく、塩分も含まれているため、食べ過ぎにはやはり注意が必要かもしれませんね。

 

コンビニおでんの添加物は確かに気を付けた方が良いですが、食べ過ぎなければ、そこまで不安にならなくても大丈夫ですよ。

 

コンビニおでんに関しての別途記事内容はコチラ↓

コンビニのおでんの温め直し方!レンジで何分温める?気になる注意点は?

コンビニのおでんは汚い?不衛生と言われる理由や真相は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です