カレーに玉ねぎは何個入れる?入れすぎると甘くなる?入れすぎたときの対処法は?

 

玉ねぎは、カレーに欠かせない食材です。 しかし、カレーに入れる玉ねぎは何個入れると美味しいのでしょうか?

 

玉ねぎをたくさん入れすぎると、カレーは美味しくなくなるのでしょうか?

 

カレーに入れる玉ねぎの量や、玉ねぎを入れすぎたときの対処方法をご紹介します。

 

カレーに玉ねぎは何個入れる?作り方別に紹介!

 

玉ねぎがたくさんは入ったカレーは、味に深みが有り美味しいです。

 

カレーを作るときはカレールーの外箱の作り方をみながら作ります。

 

カレールーの外箱に書いてあるカレーの材料は、カレーメーカーにもよりますが以下くらいです。

 

【材料】(4皿分)

● カレールー 1箱
● 肉 200g
● 玉ねぎ 中1個
● サラダ油 大さじ1
● 水 700ml

 

玉ねぎは、カレー4皿分で1個と書いてあることが多いです。

 

カレー4皿で玉ねぎ1個は少ないと感じる方も多いと思います。

このカレールーの外箱の材料は、カレールーの中に玉ねぎが原材料として入っているから少なめに表記してあるのです。

 

カレールーには、玉ねぎのほかにも味のコクや深みを出すために玉ねぎ以外の野菜や果物が 入っています。

 

では、実際にはどのくらいの玉ねぎを入れたらカレーが美味しくなるのでしょうか?

 

カレールーを使った場合とルーから手作りする場合に分けてご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

カレールーを使ったカレーに玉ねぎは何個?

 

カレールーを使う場合は、カレールーの外箱に書いてある材料で作るのがベストです。

 

カレーが美味しくなる配合でカレールーを作り、そのカレールーが美味しくなる材料が書いてあります。

 

しかし、カレーにもっと玉ねぎの風味が欲しい時や味に深みが欲しい時などは、カレールーの外箱に書いてある材料の倍の量、2個までは入れても大丈夫、美味しいカレーになります。

 

単に、玉ねぎの量を増やしてカレールーの外箱の作り方通りにカレーをつくったら玉ねぎゴロゴロのカレーが出来てしまうので、ちょっとアレンジです。

 

カレールーの外箱に書いてある玉ねぎ1個はいつも通り、肉と炒めて煮込みます。

 

増やした玉ねぎ1個は、飴色になるまでしっかりと炒めて使うのです。

 

【作り方】

1. 玉ねぎ1個をくし切り、肉を一口大に切る。

2. 残り玉ねぎ1個は、みじん切りにする。

3. 鍋に油を入れ、みじん切りの玉ねぎを炒める。(玉ねぎが透き通って、飴色になるまでかき混ぜながら炒める)

4. 飴色になった玉ねぎを鍋から取り出す。

5. 鍋に油を引き、肉、くし切り玉ねぎを炒める。

6. 玉ねぎがしんなりしてきたら、水、飴色玉ねぎを入れ約20分間煮込む。

7. 具材が柔らかくなったらカレールーを入れとろみがつくまで煮込む。

くし切りの玉ねぎから玉ねぎの食感が感じられ、飴色玉ねぎから玉ねぎの甘さと香りがカレーに深みを与えて美味しいカレーになります。

 

ルーから作るカレーに玉ねぎは何個?

 

カレールーを市販品ではなくスパイスを入れて作る時には、かなりの量の玉ねぎを入れても入れすぎにはならないのです。

 

1人分に中1個の玉ねぎなら、玉ねぎの味を感じられ美味しいカレーになります。

 

【カレールーの材料】(4皿分)

● 玉ねぎ 3個
● ショウガ 2片
● ニンニク 2片
● トマト缶 1缶
● サラダ油 大さじ2
● クミン 小さじ2
● ターメリック 小さじ2
● コリアンダー 小さじ2
● ガラムマサラ 適量

【カレールーの作り方】

ニンニク、ショウガ、玉ねぎをみじん切りにする。¥

フライパンに油を引き、ニンニク、ショウガを入れ炒めて香りを出す。

玉ねぎを入れて、飴色になるまで(10分~30分)炒める。

玉ねぎが飴色になったら、クミン、ターメリック、コリアンダーを振り入れる。

トマト缶を入れ、水分を飛ばす。

ガラムマサラを入れ辛さを調節する。

 

簡単なカレールーの作り方です。

 

このようにカレールーの中に玉ねぎをたくさん使いますので、玉ねぎの風味豊かな美味しいカレールーとなります。

 

お家にあるもので作れますので、ぜひともお試しください。

 

スポンサーリンク
 

カレーに玉ねぎを入れすぎると甘くなる?入れすぎたときの対処法は?

 

カレーにたくさん入れると美味しくなる玉ねぎですが、どんな物でも加減という物があるのです。

 

いくら美味しくなるからと入って入れすぎると玉ねぎだらけになり、トロトロのカレーではなく、もさもさのカレーになってしまいます。

 

味も玉ねぎの甘さが、カレーの風味を消し美味しくないカレーになるのです。

 

では、カレーに玉ねぎを入れすぎて甘いカレーになったときには、どのように対処したらいいのでしょうか?

 

カレーに玉ねぎを入れすぎたときの対処方法

 

玉ねぎを入れすぎて甘く美味しくないカレーが出来たときには、酸味と辛味を足してみましょう。

 

まず、トマトの皮を剥きザク切り(トマト缶でもOK)にしてカレーに加えます。

 

そこに、辛口のカレールーがある場合は加え煮込みます。

 

カレールーが余っていない場合は、ガラムマサラ一味唐辛子を振りかけてみましょう。

 

玉ねぎの甘さが抑えられ、カレーが美味しくなるのです。

 

しかし、トマトもガラムマサラも玉ねぎも入れすぎは美味しくないので、料理をするときには、少なめに入れ味見をして足りなければ少しずつ味を足していくということが大切になります。

 

玉ねぎがたくさん入ったカレーはとても美味しいです。

 

しかし、入れすぎると甘くなり食感ももさもさのカレーになるので注意が必要になります。

 

まとめ

カレーに玉ねぎを何個入れる?入れすぎると甘くなる?入れすぎたときの対処法

について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

カレーに玉ねぎを入れると味に深みが出て、美味しいカレーになります。

 

カレールを使ったカレーであれば、玉ねぎは2個

 

ルーから作るカレーであれば、玉ねぎは1人分に中1個の玉ねぎなら、玉ねぎの味を感じられ美味しいカレーになります。

 

しかし、玉ねぎを入れすぎるとカレーがもさもさになってしまいますので、カレーに玉ねぎを入れる際は、適量を見定めて入れることがおすすめです。

 

是非、今回の内容がカレー作りに少しでも参考になれば、幸いです。

 

「カレー」+「玉ねぎ」に関しての別途記事はコチラ↓

カレーは玉ねぎなしでも作れる?代用品とレシピを紹介!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です