ファミチキの温め方!温め直しはオーブンや袋のままレンジは大丈夫?

 

皆さんは大手コンビニで売っている「ファミチキ」は好きですか?

 

ファミチキといえば、もうすっかりファミリーマートの看板商品となりましたよね?

 

ファミチキはやはり出来立てが1番ですが、家に持って帰ったりすると冷めてしまいます。

 

そんな時に、温め直して美味しさを取り戻したいと考えるかと思いますが、せっかく温めるのであれば、美味しくしたいものです。

ここでは、

ファミチキの美味しい温め直し方

とファミチキを温める際に

オーブンや袋のままレンジに入れても大丈夫なのか

について紹介します!!

ファミチキの温め直しはオーブンや袋のままレンジは大丈夫なの?

 

ファミチキを温め直ししたいと思った時に袋から取り出したり、お皿を準備したりの手間って、実は面倒ですよね?

 

袋のままレンジに入れると

「ファミチキの袋が燃えないか」

と心配になるかと思います。

 

これは結論からいえば、ファミチキは袋ごとレンジで温め直すのはやめておいた方が良いでしょう。

 

私も過去にファミチキを袋ごと温めたことがあるのですが、袋ごと温めると

 

・袋が焦げる

・ファミチキの油が紙に移り、ベタベタになる

・すごく熱くなって、取り出すのが大変

 

また、レンジであれば、ファミチキの袋が燃えることは基本ありません。

 

しかし、ファミチキの袋ごとオーブンで温めるのは絶対にやってはいけません。

 

袋が燃えてしまいます。

 

オーブンを使ってファミチキを温め直したいという時は袋ごとではなく、袋から取り出してオーブンで温めましょう。

 

次はオーブンでの温め方を含む、ファミチキのおすすめの温め直し方を紹介していきます!

 

スポンサーリンク
 

ファミチキのおすすめの温め方を紹介!

 

ここではファミチキの温め方を紹介していきます。

ファミチキのおすすめの温め方は

・グリル

・オーブントースター

・フライパン

の3つです。

 

この3つの温め直し方について、詳しく見ていきましょう。

 

魚焼きグリル

 

ファミチキを温め直す方法として、始めに紹介するのが、魚焼きグリルを使った方法でございます。

 

魚焼きグリルで温める時は、強火で焼いてしまうと一気に焦げてしまいますので、温める際は弱火でじっくり焼くことが大事です。

 

魚焼きグリルを使った温め方法は以下の通りでございます。

 

1.1本につき、30秒〜40秒ほど電子レンジで加熱

2.電子レンジで加熱したファミチキをグリルを使い、片面ずつを1〜2分ほど加熱する。

 

グリルでの温めは焦げやすいので、様子を見ながら加熱する事をおすすめします。

 

1分未満でも「ちょっといい具合になってきたかも?」と思ったらすぐにファミチキを裏返す又は取り出すといい具合の焼き具合になります。

電子レンジ

魚焼きグリル

の順番でファミチキを温め直すと外はカリカリのファミチキが出来上がるので、おすすめです!(手間はかかりますが)

オーブントースター

 

次に紹介するのが、ファミチキをオーブントースターで温め直す方法です。

 

先程も解説しましたが、ファミチキをオーブントースターで温める時は絶対に袋ごと入れない様にしましょう。

 

袋が燃えてしまい、危険です。

 

オーブントースターで温める際はファミチキの袋ではなく、アルミホイルを使います。

 

温める手順は

1.1本につき、30秒〜40秒程電子レンジ過熱

2.アルミホイルをクシャクシャにさせて広げ、その上に、ファミチキを乗せる

3.アルミホイルに乗せたファミチキをオーブントースターで、2〜3分片面ずつ焼き色をつける

4.焼き終わったファミチキは最後油を取ってカット。

 

オーブントースターでファミチキを温めると焦げやすいので、温める際は絶対にその場を離れて放置しない様にしましょう。

 

オーブントースターで焼くと、魚焼きグリル同様にカリカリのファミチキが出来上がるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
 

フライパン

あなたが落としたのはこのフライパンですか?それとも私ですか?の写真

 

フライパンを使ってファミチキを温めるのもおすすめです。

 

フライパンで温める場合は、オーブントースターを使った温め方の代用になります。

 

温め方はオーブントースターを使った温め方と似ていますので、家にオーブントースターがない人はフライパンを使った温め方を試していただければと思います!

 

フライパンを使った温め方の手順は

1.1本につき、30秒〜40秒程電子レンジ過熱

2.フライパンにアルミホイルを敷き、ファミチキを並べて温める。この時弱火から中火で様子を見ながら温めるのがベスト。片面1分〜2分温めながら様子を見るのがおすすめです。

3.ファミチキが温まったら、ファミチキをフライパンから取る。

 

フライパンとアルミホイルがあれば、カリカリに温めることができるので、他の温め方同様におすすめです。

 

ファミチキの温め方!温め直しはオーブンや袋のままレンジは大丈夫?まとめ!

 

ファミチキのおすすめの温め直し方を紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

ファミチキを温める際は袋ごとレンジに入れて温め直すのは基本的におすすめしません。

 

更に言うのであれば、オーブントースターに袋ごとファミチキを入れて温め直すのは、危険なので絶対にやめましょう。

 

ファミチキを温め直す際は手間がかかりますが、まずは電子レンジで1本につき、30秒〜40秒温めてから

・魚焼きグリル

・オーブントースター

・フライパン

で温め直すとカリカリに仕上がります!

パーティーの時やクリスマスは特にファミチキが食卓に並ぶことが多いので、是非お試しくださいね!

 

今回の関連記事はコチラ↓

ケンタッキーのチキンの冷凍保存は何日まで?美味しい温め方を紹介!!

ファミチキは危険性が高いは本当?体に悪い理由がやばい!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です