メロンが甘くない原因は何?甘くないメロンを美味しくするレシピを紹介!

 

 

色も柔らかさもちょうど良いと思って切ったメロンが甘くない!

 

もうガッカリしますよね・・・

 

食べるタイミングや栽培環境によっては、残念ながら甘くないメロンに当たることもあります。

 

でも、甘くないメロンになってしまうのは何故なのかが分かれば、美味しいメロンを選べるかもしれませんね!

 

そこで今回は、

メロンが甘くない原因や、甘くなる方法

をご紹介したいと思います。

 

もしも甘くないメロンに当たったとしても、美味しく食べられる方法もあるのです。

 

甘くないメロンを無駄にしないように、甘くないメロンについて知識をつけておきましょう!

メロンが甘くない原因を紹介!

 

 

メロンが甘くない原因としては、栽培時の環境も関わってきますが、完熟していないのが何よりも大きいです。

 

完熟した状態で食べられれば、甘いメロンを楽しめるのです。

 

そもそも、メロンは収穫した時にすでに食べ頃になっているわけではありません。

 

つまり、収穫したばかりの頃は、まだあの甘いメロンにはなっていないのですね。

 

収穫後に店頭に並び、私たちの手元に届いてから数日経過したところで食べ頃になるように販売されているのです。

 

ただし、店頭に長い期間並んでいたとすれば、買ってきた時にはすでに食べ頃になっている場合もあります。

 

すぐに食べられる場合を除けば、だいたいは完熟を待って食べることになります。

 

例えば、宅配便で届いたメロンが当てはまります。

 

始めから完熟したメロンでは、食べる時期には腐ってしまいますよね?

 

甘いメロンを食べるには、少しの辛抱が必要なのです!

 

ちなみに、甘くないメロンに当たらないためには、まず固さをチェックする必要があります。

 

メロンは固さが残っていると完熟にはなっておらず、甘さがまだまだ足りない証拠です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

メロンはどうやって甘くなる?

 

 

甘くないメロンは青臭いばかりで、ゴリゴリと固くて、もはやメロンとは程遠い状態になっています。

 

きゅうりや瓜のような食感や風味で、メロンだと思って食べるとガッカリしてしまいます。

 

つまり、メロンは追熟させるのがポイント。

 

追熟の目安は収穫した時から、5~7日程度です。

 

メロンを切る前に柔らかさを確認して、まだ固いようであれば切らない状態で常温に数日置いておきましょう。

 

25~30℃の室温で追熟するのがベストとされます。

 

寒すぎる部屋に置けばなかなか熟しませんし、冷蔵庫で保存してしまうと甘くないメロンのままになる可能性が高いです。

 

冷えすぎて完熟よりも腐る場合もあります。

 

 

メロンを冷蔵庫に入れるのは、甘いメロンを冷やして食べる時だけにしましょう。

 

 

より熟すと甘い香りが漂ってくる程にまでなり、これが食べ頃のサインです。

 

 

また、カットしてしまった甘くないメロンをどうしても食べたい時には、電子レンジで加熱してみましょう。

 

 

温かいメロンは少し抵抗を感じるかもしれません。

 

ですが、アレンジなしで少しでも甘くしたいなら試してみる価値はありますよ!

 

温め方は非常に簡単!

 

皮を除いてカットしたメロンを皿に乗せ、ラップはしない状態のまま電子レンジで温めます。

目安は500W30秒~1分です。

 

一度取り出して固さが残っているようなら、30秒ずつさらに加熱してみてください。

 

粗熱を取って冷やしてから食べると、温かさは気にならないですよ。

 

スポンサーリンク
 

甘くないメロンを美味しくするレシピを紹介!

メロン10 | フリー素材ドットコム

 

甘くないメロンは、あえて甘くないのを活かしてアレンジしてしまうのも一つの方法です。

 

 

意外と甘くないメロンの新しい発見があるかもしれませんよ!

 

 

早速、甘くないメロンを活用したレシピを見ていきましょう。

 

<メロンの漬物>

材料(2人分)

●メロン…1/4個

●塩…大さじ1/2

 

作り方

メロンを食べやすい大きさにカットする。浅漬けにするので、あまり小さ過ぎない程度で良い。

メロンをビニール袋に入れて、塩を加えて軽く揉み込む。

空気を抜きながらビニール袋の口を縛って冷蔵庫で保存する。

半日から1日程度経過したら完成。

 

「メロンを漬物にするの!?」

 

とびっくりするかもしれませんね。

 

でも、甘くないメロンを塩で浅漬けにすると、ほのかな甘みが感じられて、塩気がまたちょうど良くなるのです。

 

固いメロンも塩の力で柔らかくなり、ゴリゴリ食感が嘘のように食べやすくなりますよ!

 

メロンのコンポート

 

材料(2人分)

●メロン…1/2個

●はちみつ…大さじ1

●砂糖…大さじ3

●水…メロンが被る程度

●白ワイン…大さじ2

 

作り方

メロンを食べやすい大きさにカットする。しっかり形を残したいなら大きめにカット。

鍋にカットしたメロンとはちみつ、砂糖、水を入れて中火で加熱する。ふつふつと沸いてきたら白ワインを加える。

沸騰してきたら弱火にして、さらに5分程度加熱する。

火を止めて、粗熱をとる。

 

ちなみに、コンポートをさらに煮詰めていくとジャムになります。

 

メロンの果肉をしっかり残したい時はコンポート、果汁も果肉も全部美味しく食べたい時はジャムと、食べ方で加熱時間を変えてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

 

メロンが甘くない原因と甘くないメロンを美味しくするレシピを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

せっかくのメロンでも甘くないメロンは美味しくないですし、気分も下がってしまうことかと思います。

 

今回の内容を簡単にまとめると、メロンが甘くない原因は

 

栽培時の環境も関わってきますが、完熟していないのが何よりも大きい

 

ことが原因となります。

 

メロンについての別途関連記事はコチラ↓

メロンの賞味期限はいつまで?冷蔵庫・冷凍で1週間、1ヶ月は持つのかを紹介!

メロンは腐るとどうなる?見た目や臭いの判断方法は?食中毒の危険性は?

メロンが苦い原因はなぜ?食べたら舌がピリピリするけど大丈夫なの?

メロンの贈り物の意味は?花言葉や縁起の良さを紹介!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です