プレッツェルの賞味期限はいつまで?日持ちや保存方法を紹介!

プレッツェルは普通のパンとは違って表面が特徴的な茶色なのと独特な形をしているのが特徴です。

プレッツェルと他のパンとの違いはまだまだあります。

プレッツェルの原料は、主に小麦粉とイーストです。

また、プレッツェルは、焼く前に数秒間水酸化ナトリウム水溶液につけます。普通のパンを作る時にはなかなかしない工程も特徴です。

プレッツェルの中にもパンだけでは、なくプリッツのようなパリポリした食感を楽しむことができるものもあります。

今回はそんなプレッツェルの賞味期限や保存方法についてご紹介しようと思います。

プレッツェルの賞味期限や日持ちはいつまで?


プレッツェルの賞味期限

  • 菓子パンタイプのものだと2日〜3日
  • パリパリしたお菓子タイプのものだと1ヶ月

のものが多いです。

大手会社で作られたものだと1年以上日持ちするものもあります。

パンタイプのものは、日持ちが短いのですぐに食べるのをおすすめします。

私自身、プレッツェル専門店でパンタイプのプレッツェルを購入したことがあるのですが、店員さんに聞いたところ一番美味しく食べられるのは

「購入日中、美味しく食べれるのは、3日以内」

とおっしゃっていました。

どの商品も基本的にその日のうちに食べるのが美味しいみたいものです。

ですが、パリポリ食べられるお菓子タイプのものは長期保存が可能なのでたくさん購入しても問題ないそうです。

スポンサーリンク
 

プレッツェルの食べてはいけない賞味期限のサインは?


パンタイプとお菓子のタイプで日持ちの差がかなりあるプレッツェルですが、プレッツェルの食べてはいけない賞味期限のサインとして何が挙げられるでしょうか?

プレッツェルを食べてはいけない賞味期限のサインは

  • カビが生えている
  • 異臭がする

1つ目「カビが生えている」

これは、パンのタイプのプレッツェルによく起こるものです。

カビの発生は、腐っていることを表しています。

食パンも長期間放置していると白いパン生地にカビが発生します。

黒や緑のカビであれば見つけやすいのですが、中には目に見えにくいカビが発生しているものもあるので、

カビの部分を取り除いたら食べても大丈夫!

というわけにもいきません。

カビが生えているものを確認したらすぐに処分しましょう。

2つ目「異臭がする」

プレッツェルから異臭がする時も要注意です。

基本的にプレッツェルは塩っぽい味があるのですが、そんなシンプルな味付けのプレッツェルから酸っぱい臭いがし始めたらそれは危険なサインです

異臭がするのは腐り始めているのと同じです。

それに、異臭がするプレッツェルを食べようと言う気持ちにはなかなかならないですよね。

袋を開けて異臭がしたらすぐに処分してください。

プレッツェルのおすすめの保存方法は?

プレッツェルの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

プレッツェルの保存方法をここではご紹介しようと思います!

一番おすすめの方法は、常温で保存することです。

どこのプレッツェルも基本的に常温で保存することを前提に賞味期限を設定しています。

常温で保存されたものが一番美味しい状態で食べることができるからです。

ですが、中には長期間保存したい!

という方もいますよね?

そんな方におすすめなのが、「冷蔵保存」「冷凍保存」です。

ですが、これはパンタイプのプレッツェルに限ります。

この2つの保存方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

冷蔵保存

「冷蔵保存」をした場合、2日〜3日までだった保存期間が一週間程度まで伸ばすことができます。

常温で置いておくとどうしても雑菌が繁殖しやすい状況になるのですが、冷蔵保存をすることで雑菌の繁殖を抑えることができます。

2日〜3日では食べきれない!でも近いうちに食べきりたい!

という方におすすめの保存方法です。

冷凍保存

冷蔵保存は長期保存が可能になります。

冷凍保存と違って約1ヶ月保存することができます!

コストコの商品を買ったときにやりがちな保存方法ですよね。

冷凍保存は長期間の保存が可能になりますが、常温で保存するのと違って、風味が飛んでしまいます。

味は多少変わってしまいますが美味しく食べることができます。

まとめ

プレッツェルの賞味期限

  • パンタイプのもので2日〜3日
  • お菓子タイプのもので1ヶ月
  • 大手メーカーになると1年〜2年

いづれも常温で保存した場合の賞味期限です。

プレッツェルの食べてはいけないサイン

  • カビが生えているとき
  • 異臭がするとき

この2つが当てはまった場合はすぐに廃棄するようにしましょう。

プレッツェルを長期保存したい場合は、「冷蔵保存」又は「冷凍保存」がおすすめです。

長期保存しなければならないときは冷蔵保存又は、冷凍保存する様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です