生チョコ型の代用品4選!牛乳パックなど代わりとして使えるものを紹介!

 

みなさ————ん!

やってきますよ!

バレンタイン!

 

ここでバレンタインに関する豆知識をちょこっと2つご紹介!

2月14日バレンタインデーですが、恋人やお友達にチョコレートを贈る習慣があるのは日本だけってご存知でしたか?

 

フランスやヨーロッパでは、バレンタインデー「恋人たちの日」と言われています。

 

フランスやヨーロッパのバレンタインデーはカップルがレストランで食事をしたり、プレゼントを交換したり一緒に過ごすそうです!

 

そして、男性が女性に花を贈るのがメジャーなようですよ。

 

日本とヨーロッパでは、かなり違ったバレンタインデーの過ごし方ですね!

そして、もう一つ!

 

バレンタインデーの由来についてご紹介します!

バレンタインという名前は、僧バレンティヌからきています。

 

昔、ローマで兵士の結婚が禁止されていた時代に、僧バレンティヌは恋人たちの結婚をとり行った罪で処刑されてしまいました。

 

僧バレンティヌが殉教(信仰する宗教のために己の命を捨てること)した日が、

 

「バレンタインデー」

 

になったそうです。

 

今も、バレンティヌは、恋人たちの守護神として信仰されています。

 

少し、話が逸れてしまいましたが、今回はバレンタインデーでは定番のスイーツ!

 

生チョコについてです。

 

生チョコの型の代用品生チョコ型の代用品を使ったサンプルレシピもご紹介するのでぜひ最後までご覧くださいね〜

 

生チョコ型の代用品4選を紹介!!

手作り生チョコの写真

 

生チョコ作ろうとしたら型がない!

 

どーーーしよう!

 

とお困りのそこのあなた!

 

生チョコの型は身近なもので代用できます!

 

ここでは、おすすめ代用品を4つご紹介しようと思います!

 

スポンサーリンク
 

1つ目「製氷型」


氷を製氷するときに型を使うことありませんか?

 

または、テーマパークに行ってキャラクターの製氷型買ったはいいものの、全然使っていない、、。

 

などなど。

 

その型、ぜひ、使いましょう。

 

生チョコの生地を製氷の型に流し込んで冷蔵庫で固めます。

 

完成するととってもかわいい生チョコが完成しますよ!

 

2つ目「牛乳パック」


牛乳やジュースのパック飲み終わったらそのままポイっと捨てていませんか?

 

このパック、意外と生チョコの型が作れるんです!

 

パックをハサミで切って、四角の箱を作ります。

 

必要であれば、セロハンテープ等で止めて補強してください。

 

クッキングシートをパックに敷いた上で、生チョコの生地を流し込んで固めると完成します!

 

3つ目「タッパー」


タッパーってとっても便利ですよね。

 

このタッパーも牛乳・ジュースパックと同様、

 

クッキングシートを敷いて生チョコの生地を流し込んで冷蔵庫で固めれば完成です!

 

スポンサーリンク
 

4つ目「カップ麺」

カップラーメンのかやく(加薬)の写真

 

みなさん食べ終えたカップ麺は洗って捨てていますよね?

 

このカップ麺のカップも実は代用できちゃいます!

 

綺麗に洗ってクッキングシートを敷いて生チョコの生地を流し込んでください。

 

四角い型にしたい場合は、ペヤングなどの焼きそば系のカップがいいかもしれませんね笑

 

生チョコ型代用品で個人的なおすすめはどれ?


 

さて、これまで4つの代用品を紹介してきましたが、みなさんそろそろお気づきだと思います。

 

型は、高さのあるものであれば基本代用できます。

 

クッキングシートを準備していればOKです。

 

やろうと思えば、卵焼き用のフライパンでもできちゃいます!

 

私個人的におすすめの代用品は製氷型です。

 

ハート型星型などかわいい製氷型がたくさんあるので正方形に切る生チョコよりも可愛くできますよ!

 

スポンサーリンク
 

生チョコ型の代用品を使ったサンプルレシピを紹介!

 

代用品を使ったサンプルレシピをここでは、ご紹介しようと思います。

 

【材料】

板チョコレート 4枚

生クリーム100cc

ココアパウダーまたは粉糖 適量

 

【手順】

1、 板チョコを包丁で細かく刻みます

2、 生クリームを鍋に入れて軽く沸騰する程度に温めます。

ヘラで終始かき混ぜる用にしましょう。

3、 細かく刻んだチョコレートを鍋の中に入れてかき混ぜます。ドロッとしてきたら火を弱めてください。

4、 代用品(製氷型・牛乳パック・タッパー等)に生地を流し込みます。

5、 冷蔵庫で一晩〜一晩半ほど冷やします。

6、 冷蔵庫から取り出して、ココアパウダーや粉糖をふりかけます。

7、 好きな大きさに切ります

 

まとめ!

 

今回は生チョコ型の代用品に付いてご紹介しました!

 

牛乳パックタッパーは簡単に準備できるものなので

 

生チョコ型がない!

 

というときでもパッと準備しやすいのではないでしょうか?

 

最後に簡単なレシピをご紹介しましたが、生チョコ自体は一晩寝かせる必要があるので、バレンタイン当日に作ると間に合いません!

 

ぜひ、前日に作ってみてくださいね!

 

それでは素敵なバレンタインデーをみなさんお過ごしください!

 

ハッピーバレンタイン♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です