レタスに茶色の斑点があるけど大丈夫なの?!病気や食べられるのかを紹介!

 

 

綺麗な黄緑色のレタスをよく見ると、茶色の斑点!

 

傷みなのか、病気なのか、気になりますよね?

 

 

せっかく新鮮なレタスを買って来ても、斑点があるだけでちょっと抵抗を感じることもしばしば。

 

 

そもそも、茶色の斑点の原因が分からなければ、食べても大丈夫なのかどうか不安に感じると思います。

 

 

そこで今回は、

 

レタスの茶色の斑点について原因

 

を見ていきます。

 

斑点が気にならないレシピもご紹介します!!

 

レタスの斑点を気にしなくても良くなる情報が満載ですよ!

 

レタスに茶色の斑点が!まさか病気?

 

 

 

ズバリ!

 

レタスの茶色の斑点は病気ではない可能性が高いです。

 

 

レタスの葉に茶色の細かい斑点が出ていると、どうしても病気のように思えてしまいますよね。

 

 

でも、茶色の斑点はレタスが病気になったから出てきたとは限らないのです。

 

 

斑点がすべて病気ではないと言いたいところですが、ごくまれにレタスは斑点細菌病という病原菌に感染してしまう場合があります。

 

 

例えば、斑点が茶色よりも黄色や褐色であれば、斑点細菌病にかかっている可能性も考えられます。

 

 

特に、葉の外側から内側に向かって変色しているようなら、病気かもしれません。

 

 

でも、あまり心配になる必要はありません。

 

 

レタスが病気になった時は、栽培中にすでに斑点が出ていて、きちんと選別されています。

 

つまり、私たちが買う時には病気になったレタスに当たる可能性は低いのです。

 

 

買ってきた時は綺麗なレタスに、徐々に茶色の斑点が出てきたのなら病気でない可能性が高く、安心して食べることができますよ。

 

スポンサーリンク
 

レタスに茶色の斑点があるけど食べられる?

レタス 画像 野菜 無料写真素材 フリー「花ざかりの森」

 

レタスに茶色の斑点が出てきたのは、レタスが腐ったからというわけでもありません。

 

 

レタスは腐れると斑点どころか、ドロドロに溶けてくるほどにまで傷んでしまいます。

 

しかも、臭いからも腐ったことが明らかに分かります。

 

 

つまり、腐れではないため、斑点のあるレタスを食べても問題はないです。

 

 

ただ、サラダなどレタスの葉の表面が目立つ料理の場合は、どうしても茶色の斑点が気になってしまうと思います。

 

葉の一部に斑点が出ているだけならあまり気にならないかもしれません。

 

でも、斑点が葉の広い範囲にたくさん出ている状態であれば、食べるのをためらってしまいますよね?

 

そのような時は、斑点部分を取り除いたり、斑点が目立たないレシピに変更したりすると良いですよ。

 

最後の項目で、茶色の斑点が目立たないレシピをご紹介します!

 

 

レタスに茶色の斑点が出来る原因は?

レタス 画像 野菜 無料写真素材 フリー「花ざかりの森」

 

 

レタスの表面に出てくる茶色の斑点は、レタスに含まれるポリフェノールが関係しています。

 

 

ポリフェノールといえば、抗酸化作用があり、いつまでも若々しくいるために必須の栄養成分ですよね!

 

 

そのポリフェノールが関係しているなら、茶色の斑点があっても食べられるのは納得ですね。

 

 

ところで、なぜレタス内部にあるはずのポリフェノールが、レタス表面の茶色の斑点と関係があるのか気になりますよね。

 

 

それは、レタスが傷ついたり、傷んだりしたことによってポリフェノールが表面に出てきて酸化するからです。

 

 

レタスが収穫後に、私たちの手元に届くまでには傷ついたり、擦れたりします。

 

 

保存状態によっては傷むことも十分にあり得ます。

 

 

こうしてレタスがケガした部分からポリフェノールが染み出して空気に触れた結果、酸化して茶色の斑点となって表面に表れるのです。

 

 

ちなみに、茶色の斑点というよりも、もう少し直径が大きくなってぼやっと広がった状態のシミができている場合もあります。

 

 

シミはレタスの鮮度が落ちているサインです。

 

シミが出てきたら、腐る手前のギリギリの段階なので、なるべく加熱してできるだけ早く食べましょう。

 

 

レタスの茶色の斑点が気にならないサンプルレシピを紹介!

 

レタスの葉に茶色の斑点が出ていて、食べられるとは言ってもどうしても気になってしまうこともありますよね。

 

斑点が気にならない料理にしてしまえば、全く問題なく美味しく食べられます!

 

今回は、レタスのおかか炒めをご紹介します。

 

レタスを炒めると葉がシワシワになり、さらにおかかをまぶすので、茶色の斑点が目立たなくなりますよ。

 

加熱するため、斑点のあるレタスの生食に抵抗がある人にもおすすめです!

 

<レタスのおかか炒め>

 

材料(2人分)

レタス…小ぶりなら1玉

●オリーブ油…大さじ2

●めんつゆ…大さじ4

●かつをぶし…小分け1パック

 

作り方

レタスを1枚1枚に分けて洗ってから食べやすい大きさにちぎる。

フライパンにオリーブ油を熱し、レタスを入れる。

レタスを炒めて全体に火が通ったら、かつをぶしをまぶす。

 

めんつゆをポン酢に変えると、サッパリとした味わいになって美味しく食べられますよ。

 

さらに、レタスは炒める以外にも、味噌汁やスープに入れても美味しく食べられます。

 

レタスは生で食べるもの!

 

と思っていた人にも、一度は加熱したレタスを試してもらいたいくらいおすすめです。

 

茶色の斑点も気にならず、しかも美味しいならやってみる価値はありそうですね!

 

まとめ!

 

レタスに茶色い斑点について、原因や食べても大丈夫なのかを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

レタスに茶色い斑点があっても、ほとんどの場合、食べても大丈夫ですが、ごく稀に斑点が茶色よりも黄色や褐色であれば、斑点細菌病にかかっている可能性も考えられますが、私達が買うレタスがそのようなことになっていることはほぼ無いので安心して大丈夫です。

 

レタスに茶色い斑点があっても、ほどんどの場合は安心して食べられますが、もし気になるようでしたら、茶色い斑点が気にならないレシピを試していただければと思います!!

 

 

「レタス」に関しての別途関連記事はコチラ↓

レタスが腐るとどうなる?原因や見分け方を紹介!!

レタスの食べ過ぎは下痢などを起こして危険?1日の適量はどのくらい?

レタスの賞味期限・消費期限は?冷凍・冷蔵庫保存で何日持つ?

レタスが苦い原因や理由は?苦味の取り方や対処法を紹介!

レタスが変色する原因と変色を防ぐ方法を紹介!!戻すことはできるの?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です