レタスの食べ過ぎは下痢などを起こして危険?1日の適量はどのくらい?

 

 

 

レタスはサラダや炒め物、スープ、味噌汁など様々な食べ方で楽しめる野菜の一つです。

 

 

レタスメインのサラダにしたり、加熱調理したりすると、気づかないうちに結構な量を食べていることもありますよね。

 

 

でも、食べ過ぎると体にどのような影響が出るのかは、あまり知られていないかもしれません。

 

 

そこで今回は、

 

レタスの食べ過ぎが危険である理由や、1日の適量

 

を見ていきます。

 

 

レタスが体にとってより必要な食材になる食べ方もご紹介します。

 

レタスの食べ過ぎに気をつけて、美味しく食べられるようになりましょう。

 

レタスの食べ過ぎは下痢などの原因になり危険?

 

 

レタスを食べ過ぎると、体に悪影響が出てしまうことがあります。

 

 

レタスの食べ過ぎによる体への影響をまとめてみると、次のようなものが考えられます。

 

下痢

腹痛

消化不良

栄養失調

 

実は、レタスは成分の約95%が水分からできています。

 

もはやほぼ水分ですよね!

 

 

例えば、レタスたっぷりのサラダをたくさん食べていてお腹がいっぱいになったと感じることがあると思います。

 

それはまさに、水分で膨れているからです。

 

 

水分が多いということは、つまり体を冷やしてしまうことになります。

 

特に水分は内蔵を冷やすため、胃腸の働きが弱まってしまいます。

 

その結果、下痢や腹痛、消化不良といった悪影響が出るのです。

 

 

さらに食べ過ぎると体全体が冷えて、血流が悪くなる可能性もあります。

 

 

血流の悪化になるまでレタスを食べ過ぎるというのは、もはや過剰摂取に近い状態です。

 

 

日常の食事では、血流悪化になるまでレタスを食べることはほとんどないので、あまり慎重になりすぎなくても大丈夫ですよ。

 

 

また、レタスの食べ過ぎによる影響は、目に見えるはっきりとしたものだけではありません。

 

 

実は、レタスの食べ過ぎは栄養失調の原因になることも。

 

 

レタスは他の野菜に比べて、突出して多く含まれている栄養素はありません。

 

 

そのため、レタスだけを食べるレタスダイエットをしていると、知らず知らずのうちに栄養失調になっていることもあるのです。

 

栄養を摂っているつもりでも、実際は水分しかなかった!

 

なんて、ショックですよね。

 

スポンサーリンク
 

レタスの1日の適量はどのくらい?

 

レタスの1日の適量は、

 

大きめの葉であれば1~2枚

小さめの葉であれば2~3枚

 

です。

 

 

ただ、レタスを生食とするならともかく、加熱して食べるにはだいぶ少ない量かもしれません。

 

というのも、レタスは水分で、加熱によって水分が抜けると、かさがほとんどなくなるからです。

 

 

ですが、毎日レタスを食べるのではなく、時々食べるのであれば、適量より多くなっても気にしすぎなくて大丈夫ですよ。

 

 

レタスの体にいい、正しい食べ方を紹介!

レタス(野菜)01 | フリー素材ドットコム

 

レタスは食べ過ぎると、体に負担になってしまう場合があることが分かりました。

 

 

ですが、レタスは便秘の改善抗酸化作用余分な塩分の排出にも効果があります。

 

体に良い効果があるなら、食べ過ぎに気をつけながら積極的に摂取したいですよね。

 

 

そこで、体に良いレタスの食べ方をご紹介します。

 

 

レタスだけを食べない

 

レタスは体を冷やしたり、栄養が足りなかったりと、レタスだけを食べるのは体に良くありません。

 

例えば、

サラダにする時は必ず複数の食材を組み合わせる

他のおかずもプラスする

など、レタスのみの食事にならないように気をつけましょう。

 

たんぱく質やビタミン、ミネラルといった体に必要な栄養素を補うのがポイントです。

 

体を温める食べ方を考える

 

レタスは体を冷やしてしまうため、レタスを食べても体が冷えないように工夫するのもおすすめです。

 

例えば、

 

炒め物や蒸し料理、スープにしてレタス自体を加熱する

ショウガや唐辛子など体を温める食材と一緒に調理する

 

といった方法が考えられます。

 

レタス自体に火を通すと、レタス特有のシャキシャキ感は確かにかなり失われます。

 

ですが、加熱してくたっとなったレタスにも食感は少し残っていて、意外とハマってしまうかもしれませんよ。

 

 

味つけに注意する

 

レタスはドレッシングやマヨネーズ、塩、めんつゆなどどんな調味料とも相性が良いです。

 

ただ、レタス自体に特徴的な味があるわけではなく、どうしても調味料を多めに使ってしまいやすい欠点も。

 

レタスをダイエットのために食べていても、油分の多いドレッシングを使っていれば、逆に太りやすくなる可能性もあります。

 

レタス本来の味も感じられるように、味つけはほどほどにしましょう。

 

まとめ

 

 

レタスはあまり量が出ないため、ついつい食べ過ぎてしまいやすい野菜です。

 

でも、レタスを食べ過ぎると、

下痢

腹痛

消化不良

栄養失調

といった影響が出ることもあります。

 

レタスを毎日食べるなら1日の摂取量の目安は守りましょう。

 

レタスはダイエットの定番にもなっていますが、レタスだけを食べるのは栄養失調につながってしまいます。

 

 

レタスの食べ過ぎによる悪影響を防ぐためには、食べ方に気をつければ大丈夫です。

 

 

正しいレタスの食べ方をマスターして、体に良い成分をしっかり吸収できるようになりたいですね!!

 

「レタス」に関しての別途関連記事はコチラ↓

レタスが腐るとどうなる?原因や見分け方を紹介!!

レタスに茶色の斑点があるけど大丈夫なの?!病気や食べられるのかを紹介!

レタスの賞味期限・消費期限は?冷凍・冷蔵庫保存で何日持つ?

レタスが苦い原因や理由は?苦味の取り方や対処法を紹介!

レタスが変色する原因と変色を防ぐ方法を紹介!!戻すことはできるの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です