電話が切断中になるのは何故?原因は着信拒否なのかを紹介!

 

 

何度も電話しているのにコールがかからずに、切断中になるのは何故なのでしょうか?

 

用事があって、電話したのに

 

コール音もせずにただプープーと音が鳴るだけだった

 

なんて経験、誰もが1度はあるかと思います。

 

何度も電話しているのにコールがならない切断中だと、着信拒否や端末に原因があるのか気になりますよね?

 

ここでは、電話が切断中になる原因なるのは何故なのかについて紹介していきます。

 

電話が切断中になる原因は?


 

電話をかけたのにもかかわらず切断中になる原因を紹介していきます。

 

電話が切断中になる原因は主に

 

通信状況

端末

着信拒否

 

のケースが多いです。

 

ケース別に原因を紹介していきます。

 

通信状況に原因がある場合

 

コールしたのにも関わらず、すぐにプープーと音が鳴ると気になりますよね?

 

 

その原因としてまず始めに考えられるのが、通信状況に原因がある場合です。

 

 

電波が悪い場所にいると、通信状況が悪くなり、コールしても音が鳴らないまま切断中になります。

 

 

また、回線が混み合うことでも切断中になり、繋がらないことがあります。

 

 

2021年現在ですと、コロナウイルスのワクチンの予約が混み合ったりして、電話がかけづらい時期がありましたよね?

 

 

電波の届かないところに自分か相手がいる時は、かからずにプープーと音が鳴ることはよくあります。

 

電波回線が混み合っている時は、諦めずに何度かコールすることで、プルルルっとかが来ることが多いです。

 

端末に原因がある場合

 

次に考えられるのが、端末に原因がある場合です。

 

2021年現在ですと様々なスマホやガラケーが登場しており、端末によっては不具合で繋がらないことがあるそうです。

 

相手の端末に原因がある場合はどうすることも出来ません。

 

しかし、自分の端末に原因があるのであれば、端末を一度再起動したりすると改善することが出来ます。

 

 

私も過去に経験があるのですが、端末に原因があり、切断中になっても着信履歴が残ることはありますので、そこで何かしらの不具合に気づくということはよくある話です。

 

着信拒否になる

 

着信拒否になっていると1番困りますよね?

 

着信拒否の場合ですが、プープーと音が鳴ることやアナウンスが流れますが、切断中になることもあります。

 

着信拒否されていたらショックですよね?

 

しかし、相手から着信拒否されてる場合は残念ながら、相手の端末に繋がることはありません。

 

スポンサーリンク
 

着信拒否を見分ける方法はある?

 

電話しようとして1番困るのが着信拒否という人も多いのではないでしょうか?

 

着信拒否を確かめる方法はあります。

 

電話の終わり方に注目する

 

着信拒否を100%見分ける方法はありません。

 

しかし、電話が繋がらない場合、電話の終わり方に注目してみるといいでしょう。

 

AndroidとiPhoneだと切断中になった際に若干の違いがあります。

 

Android電話がならずに切断中になる

 

iPhoneだとプープーとなった後に切断中になります。

 

必ずしも、着信拒否というわけではありませんが、相手の端末が分かれば、ある程度の予想は出来るかと思います。

 

2度〜3度コールしてみる

 

1度のコールですと、「たまたま繋がらなかっただけ」ということはよくあります。

 

私も電話が繋がらない時は、何度かコールしてみることはよくあり、2〜3度目で繋がったことが何度かありました。

 

1度コールして切断中と判断せずに何度かコールしても繋がらない、数日コールしてと同じ状況が続くのであれば、着信拒否を疑って見てもいいかもしれません。

 

 

非通知でかける

 

着信拒否の疑いがある場合、非通知でかけてみるのも手です。

 

 

私個人としては、非通知でコールされるのは好きではないので、あまりおすすめ出来る手段ではありません。

 

 

非通知コールは電話番号の前に184を押してコールします。

 

その後、5コールかそれ以上に呼び出し音が鳴るようであれば、着信拒否の可能性は高いです。

 

この時に1コールか1コール前に呼び出し音が鳴り、そのまま留守番電話に繋がった場合、着信拒否ではなく、ただ相手の携帯に繋がらない状態となります。

 

 

非通知で相手にコールして、着信拒否されたことが発覚すると、非常にショックな上に非通知でかけられた相手も良い思いはしません。

 

 

しかし「それどころではない、どうしても通話が繋がらないとマズイ」といった緊急時には非通知でかけてみるのも手です。

 

携帯キャリアの音声

 

最後に紹介するのは、携帯キャリアの音声ガイダンスです。

 

携帯電話といえば、色々のキャリアがあるかと思います。

 

今回紹介するのは携帯電話といえば、有名な大手3大キャリアのdocomoausoftbankの着信拒否の際のアナウンスを紹介します。

 

内容は下記の通りです。

docomo 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません。」
au 「おかけになった電話は、お客様の希望によりおつなぎできません。」
softbank 「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。」
「この電話はおつなぎすることができません。」
「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。」

 

 

着信拒否サービスに設定されており、この様なアナウンスが流れた場合、残念ながら着信拒否に設定されていると思っていいでしょう。

 

私も過去にあった経験なのですが、相手が意図せずに着信拒否に設定している場合もあります。

 

アドレスに登録されていない番号は着信拒否に設定されていたことがあり、相手に直接聞いたところ、そのように設定されており、電話がかかるようにしてくれました。

 

「着信拒否を意図的にされていた」と考えると直接相手に「着信拒否されていたんだけど何で?」とは聞きにくいですが、仕事などでどうしても連絡を取る機会が多い場合は、聞いてみてもいいでしょう。

 

スポンサーリンク
 

まとめ!

 

電話が切断中になる原因は着信拒否なのか?

 

という内容を今回、紹介させて頂きましたが、参考になりましたでしょうか?

電話が切断中になると

 

「もしかして着信拒否拒否かな?」

 

と思うことはあるかと思いますし、私も何度かその様な経験があります。

 

電話が切断中になる原因は必ずしも着信拒否というわけではなく、

・通信状況

・端末

によるものです。

 

着信拒否にされているのでは?と不安になる気持ちは分かりますし、実際に着信拒否にされていたらショックですよね?

 

切断中から着信拒否を100%見分けるのは難しいですが、今回紹介した内容が当てはまっているのであれば、着信拒否を疑ってみても良いでしょう。

 

電話が切断中で困っている方は、是非今回の内容を参考にしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です