バニラエッセンスの代用品12選!プリンなどのお菓子を作るのに最適な調味料などを紹介!

 

 

プリンやクッキー、ケーキなどをのお菓子を作る際によく使われるのがバニラエッセンスですが必要な時に限って「バニラエッセンスがない・・・どうしよう」と感じ、慌ててしまったことのある人は多いのではないでしょうか?

 

バニラエッセンスがなくてもお菓子を作ることはできるものの、やはりバニラエッセンスのあの良い香りはお菓子作りにはなくてはいけない存在ですし、バニラエッセンスがないといざお菓子が仕上がったときでも「アレ・・?」と違和感を感じてしまうことでしょう。

 

しかし、バニラエッセンスは代用品を使うことである程度、カバーすることは出来ます。

 

ここではそんなバニラエッセンスの代用品と使える調味料を紹介していきますので、是非参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク
 

バニラエッセンスの役割は?


バニラエッセンスと言えば、数滴入れるだけで広がる、甘い香りが特徴的というのは言わずとも知っている方は多いかと思います。

 

バニラエッセンスはお菓子の香りを引き立たせる役割があることはもちろん、お菓子を作る際に使われる牛乳や卵の臭みを消してくれる役割もあるのです。

 

バニラエッセンスには甘い香りが含まれており、数滴使うだけでもお菓子にアクセントを加えてくれる一方で、バニラエッセンス自体には甘みはほとんどないので、実のところを言ってしまえば、バニラエッセンスなしでもお菓子を作ることは出来ますし、味自体に大きな差は出ません。

 

では、「バニラエッセンスなんてなくても良いのでは?」と解決出来ればそれはそれで良いのですが、それが出来ればバニラエッセンスの代用品をいちいち探さなくても良いですよね?

 

バニラエッセンスを入れるお菓子にバニラエッセンスがないと、お菓子に必要な甘い香りが出ずに、味気ないお菓子になってしまいます。

 

香り自体に味をつける効果はありませんが、香りの効果によって味わいを深くする効果はありますので、せっかくの美味しいお菓子に香りがないのは悲しいことです。

 

そんなバニラエッセンスの代わりの代用品としておすすめの調味料などを次は紹介していきたいと思います。

 

バニラエッセンスの代用品を紹介!

バニラビーンズ

 

バニラエッセンスがない時に最初に思いつく代用品と言えば、バニラビーンズなどのバニラ関連かと思います。

 

バニラエッセンスがない時でもバニラビーンズで代用はもちろん可能です。香り付けだけでなく、バニラビーンズのプチッとした食感を楽しむことも出来る上に焼き菓子カスタードなど、色々なお菓子と相性が良いのも嬉しいところです。

 

スポンサーリンク
 

バニラシュガー

 

バニラシュガーはバニラの香りが付いた砂糖で、コーヒーや紅茶なんかに使われれます。

 

バニラエッセンスほど香りは残りにくいものの、バニラシュガーを普段から飲み物に入れて飲む習慣のある人であれば、常備している家庭もあるのではないかという事で今回紹介させていただきました。

 

バニラシュガーを使う際は入れた分だけの砂糖の分量を減らしましょう。

 

バニラオイル


バニラオイルは香りもバニラエッセンスとほとんど香りは同じであるので代用品として使うことが出来ます。

 

バニラオイルはバニラエッセンスの代用として使うことが出来るものの、加熱料理しないアイスゼリーとは相性が悪くベタベタしてしまったという声も聞くので、バニラオイルで代用する際は、焼き菓子蒸したりするお菓子で使うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク
 

レモン汁

 

レモン汁もお菓子に良く使われる、定番調味料です。

 

男性であれば、甘い香りが特徴のバニラエッセンスの香りよりもレモンの爽やかな風味が好きな人が多いのではないでしょうか?(実は自分がそうだったりします!!)

 

レモン汁を入れることで、いつもと違った仕上がりになり、サッパリした味わいが好きな人はレモン汁で代用してみるのも良いかと思います。

 

ラム酒

 

ラム酒の原料はサトウキビの蒸留酒で、カラメルを焦がした様な少し苦味があるのが特徴です。

 

お菓子でいえば、チョコレートレーズンバターなどに使われるラム酒はバニラエッセンスの代用として使うことが出来ます。

 

ラム酒には「ゴールドラム」「ホワイトラム」「ダークラム」がありますが、バニラエッセンスの代用品として使うのであれば「ダークラム」がおすすめです。

 

スポンサーリンク
 

 

ブランデー

 

ブランデーもお菓子の味付けによく使われるお酒であります。

 

ブランデーはバニラエッセンス同様に甘い香りを付けるのに適しており、特にプリンとの相性は抜群という声も多いです。

 

バニラエッセンスより、ほろ苦くなるのでもしかしたら好き嫌いが分かれてしまうかも知れませんが、ブランデーが苦手でない方であれば、ブランデーを代用品として使うのはおすすめかと思います。

 

アールグレイ

 

柑橘系の香りが特徴のアールグレイはパウンドケーキなどに良く使われます。

 

バニラエッセンスの代用品として使うことで、バニラエッセンスにはない、上品な香りになるのでおすすめです。

 

紅茶が好きな方であれば、アールグレイが常備している家庭も多いので代用品の中では比較的、代用しやすいのも嬉しいところであります。

 

スポンサーリンク
 

メイプルシロップ

 

メープルシロップはお菓子やパンにかけたりと馴染み深い人も多いかと思います。

 

メイプルシロップもバニラエッセンスの代用品として使うことが出来ますが、使う際はメープルシロップを入れた分、少し砂糖の割合を減らすと良いとのことでです。

 

またメイプルシロップドバドバ入れすぎると水っぽくなってしまうので、入れる際は様子を見ながら入れると良いでしょう。

 

カラメル

 

苦味が加わるカラメルソースは甘いお菓子との相性は抜群であり、バニラエッセンスの代用品として、メイプルシロップ同様に役割を果たしてくれます。

 

カラメルもメイプルシロップ同様に液状であり、他のものよりも使用量が多くなる場合がありますので、その時に生地自体が緩くなってしまうと見た目が良くなくなるので注意しましょう。

 

チョコチップ


味にアクセントを付けたい時にチョコチップは役に立ちます。

 

バニラエッセンスとは香りは異なるものの、お菓子好きであればチョコチップが苦手な人は少ないかと思いますし、焼き菓子やプリンなどとの相性は抜群です。

 

時にチョコチップのプリンはスーパーなどではなかなか売っていないので、子供のおやつに出せば、うけること間違えなしでしょう。

 

スポンサーリンク
 

ココナッツオイル

 

ココナッツオイルはココヤシの実の抽出される油です。

 

ダイエット効果が期待できるなど、お菓子に使える上に身体に気を使いたい人はバニラエッセンスではなく、あえてココナッツオイルを使って見ても良いでしょう、

 

バニラの香りと少し似ているので、香り付けにはおすすめの上に、ココナッツオイルの香りがアクセントになってくれるかと思います。

 

ただし、ココナッツオイルを入れすぎてくどくなってしまったという声もありますので、入れる際は少量ずつ試して入れるのが良いでしょう。

 

カルーア


カルーアはメキシコのアラビカ種のコーヒー豆を主原料の1つとして作られています、コーヒーリキュールの1種で牛乳と混ぜてカルーア・ミルクとして使われることも多いです。

 

お菓子作りでも使われることが多いカルーアはこってりとした味が特徴で大人の味を楽しみたい時におすすめであります。

 

まとめ!!

 

バニラエッセンスの代用品について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

バニラエッセンスはお菓子に甘くて良い香りを付けてくれる役割があるものの、バニラエッセンスの役割はあくまでも「香り付け」の役割を果たしているだけなので、味自体には大きな影響はありませんので、バニラエッセンスがなくてもお菓子が作れます。

 

しかし、味わい深い香りを付け足すのであれば、バニラエッセンスは欠かせない存在であり、バニラエッセンスがない場合は代用品を使うのがおすすめです。

 

バニラエッセンスを使いたいけど、バニラエッセンスがない際は是非、今回紹介した代用品を参考にしていただければと思います。

 

バニラエッセンスに関しての関連記事はコチラ↓

バニラエッセンスの賞味期限はいつ?余った時の使い道と保存方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です