バイトをずる休みした時の罪悪感を消す方法5選!気まずい原因も紹介!!

 

 

アルバイトをしていると、出勤日に限ってどうしてもいきたいイベントや予定が入ってしまったり、なんとなくバイトにいきたくない時ってありますよね?

 

そんな時に正直に「今日はいきたくないので行きません!」

 

と正直に言える人は極少数でしょう(笑)

 

私もバイト時代は急に行きたいイベントやなんとなく気が乗らないという理由でずる休みを何回かした事がありますね(笑)

 

しかし、ずる休みをしてしまうとついつい罪悪感や次の日、職場で気まずい思いをしてしまう真面目な人も多いのではないでしょうか?

 

罪悪感が無くなれば良いのにと思いつつも、心は正直なものです。

 

ここではそんな、バイトをずる休みしたときの罪悪感を消す方法を○選と、気まずくなってしまう原因について紹介していきますね!

 

 

スポンサーリンク
 

 

バイトをずる休みした時に罪悪感を感じる気まずい原因は?

 

「心臓が痛いビジネスマン」の写真[モデル:OZPA]

 

 

本来であればずる休みはするものではありませんし、あまりにもずる休みの回数が増えると信用を失うリスクも十分にありますので、まずその辺は注意するべきでしょう。

 

どんな理由であれ、バイトを休まれてしまうと少なからず、お店はその負担を背をわなければなりません。

 

お店の負担を考えるとそれだけで、罪悪感を感じますし、次の日気まずい原因にもなってしまいます。

 

ずる休みした罪悪感を消す方法を紹介する前に、私達がずる休みをすると罪悪感を感じたり、気まずさを感じるのか考えていきましょう!

 

突然休んでしまったから

「頭痛が痛くて悶え苦しむ外資系社員」の写真[モデル:Max_Ezaki]

 

突然バイトを休まれてしまったら、どんな事情があれど、業務に支障を来してしまうのは確かです。

 

私もバイト時代は体調不良を始め、身内の不幸などで出勤に穴が開いてしまった時は確かにいない人の分の業務を負担しなければならないので大変でした。

 

事前に休むことが分かっていれば、バイト先も対応出来るもの、当日だとやはり困ってしまうのが本音です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

真面目に考えてしまう

 

ずる休みをしたもののついつい頭の中でモヤモヤ考えてしまうのは真面目な証拠です。

 

ずる休みをする事で

 

「今日忙しい日だったよな」

「周りの人怒ってるのではないか?」

「元々人が少ない日だった」

 

など、私もずる休みした時に確かにこの様なことを考えてしまい、罪悪感に苛まれることはありましたね(笑)

 

休むこと自体はいけない事ではないことは分かっていても、ついつい考えてしまうものです。

 

バレたときのリスクを考えてしまう

「もしもし?私いま襲われてます」の写真[モデル:大川竜弥]

 

ずる休みをした時に真っ先に考えてしまうのはバレてしまった時のリスクです。

 

ずる休みがバレてしまえば当然、バイト内での信用は減りますし、今後休みたいと思っても簡単に休みにくくなってしまいます。

 

しかし、私も今までずる休みをした事がありますが、体調不良だったと言えば基本的にそこまで模索してくる人はいません。

 

バレた時のリスクを考えると罪悪感も増してしまいますし、バイト先で気まずい思いをしなければならなくなってしまうので、気になるのはごく自然な事でしょう。

 

スポンサーリンク
 

 

騙してしまった感が出てしまっている

「あやしい薄ら笑いの案内人」の写真[モデル:大川竜弥]

 

ずる休みをする時は当然、何らかの嘘をついて休むことがほとんどかと思います。

 

「朝起きたら熱が〜」

「親戚に不幸がありまして〜」

 

など嘘をついてずる休みをしたことがある人はいるのではないでしょうか?(私は実際にあります(笑))

 

嘘をつけば、良心が痛むこともあるでしょう。

 

ずる休みをする場合、嘘をつくことがほとんどですが、やはり嘘を付くことに対して抵抗がある気持ちは分かりますね。

 

ずる休みした日に限って忙しい、人手不足

 

ずる休みする時に悩むのが

 

「今日セールの日で忙しいんだよな〜」

「今日自分がシフト抜けたらマズいんだよな〜」

 

など、ずる休みしたい日に限って忙しかったり、人手不足だったりすると悩みますよね?

 

しかも、そんな時に

 

「今日休みたいんですけど・・・・」

 

なんて言われれば、お店側も流石に参ってしまうのが正直なところです。

 

行きたくない日は大抵、忙しい日だったり、シフトに穴を開けたらマズい日だったりすることが多いのは分かります。

 

こういう時って非常に悩ましいですよね?

 

スポンサーリンク
 

 

ずる休みした時に罪悪感を消す方法5選を紹介!

 

バイトでずる休みするとその日は仕事をしなくても良いものの、

 

休んでしまった+嘘をついてしまった

 

で罪悪感を持ってしまう気持ちは分かります。

 

私も過去にバイトをずる休みした時は「しょうがない」と割り切っていた反面、罪悪感がなかったというとそうでもありません。

 

ここでは、罪悪感を少しでも消す方法や考え方を一緒にシェアしていきたいと思います!

 

少しでもあなたの罪悪感が消えたり、薄くなってくれれば嬉しいですね!

 

しっかりとした休息は必要なので仕方がない

「日本の夏を古民家で過ごす外国人観光客」の写真[モデル:Max_Ezaki]

 

 

バイトとはいえ、連勤でシフトを組まれたり、学生生活が忙しくなると、どうしても疲れてしまうのは仕方のないことであります。

 

流石にずる休みを何回もしてしまうのは少し問題があるかもですが、どうしても気が乗らないのにバイトに行っても良い仕事は出来ないでしょう。

 

ずる休みは頻繁にするものではありませんが、休息が必要な時に休みを取ること自体は悪い事ではないので、気にしすぎないことが大事です。

 

あくまでも病欠で休んだテイで謝る

「会議に遅刻して入ってきた部長」の写真[モデル:のせさん]

 

ずる休みで休んだ次の日はしっかりと謝る様にしましょう。

 

「昨日はご心配おかけしてすみませんでした。今日からまたよろしくお願いします」

 

と誤れば、大抵周りは許してくれますし、もしもそうでない職場であれば、それは職場環境に問題があると言っても良いでしょう。

 

病欠で休んだテイで誤れば、相手も責めませんし、許してくれることがほとんどです。

 

ずる休みした次の日はしっかりとマスクを付けて少し、体調の悪いフリをして謝るのがコツであります!(経験談)

 

スポンサーリンク
 

休んだ分挽回する気持ちで働く

「オススメの品を案内するコンビニ店員」の写真[モデル:あまのじゃく]

 

ずる休みをして申し訳ないと感じるのであれば、言葉もそうですが行動で示しましょう!

 

休んだ分、挽回する気持ちで働けば、先ほど解説した通り、責める様なことはしませんし、ずる休みだったとしても十分に罪滅ぼしになります。

 

言葉よりも行動で示した方が、相手に伝わりやすいものなので、ずる休みした時に罪悪感を感じる人は休んだ分を挽回する気持ちで働きましょう。

 

仕方がないと割り切る

「肩の力を抜こうよ」の写真[モデル:大川竜弥]

 

罪悪感を感じている中、割り切るのは難しい事ではありますが、ずる休みしたくなるということは、何かしらバイトに行きたくない様な環境であることが多いです。

 

そんな環境で真面目に働いていては、コチラが先に滅入ってしまうことはよくある事であります。

 

私も昔働いていたバイトには行くのも苦痛になる様なバイトも何個かありました。

 

確かになんでもかんでも環境や他人のせいにするのはよくありませんが、自分を責めすぎるのもよくありません。

 

「まあ気分が乗らなかったし、仕方ないかな?でも休んだ分頑張ろ(笑)」

 

と開き直ってしまうのも大事です。

 

休んだからといって、実際にお店が潰れるわけではありませんし、その分しっかり休めば問題ないと思って良いでしょう!!

 

スポンサーリンク
 

 

実はみんな1回や2回はずる休みしてることを理解する

「ベンチで悪態をつく男性」の写真[モデル:ハヤト]

 

ずる休みなんていうのは実はみんな、1回や2回はしているものです(笑)

 

特にバイトであれば、いくらでも代わりはいますし、ほとんどの人がバイトよりプライベートや自分のことを優先したいのはごく普通のことかと思います。

 

私の周りでも実際にバイトをずる休みしてSNSでは

 

「〇〇ちゃんとイベント来たよー!!」

「バイト休んでやった(笑)」

 

みたいにバイトをずる休みしている人はいましたね(笑)

 

しっかりとバイトに貢献していたり、必要最低限の仕事をしてる人でもプライベートの方が大事なものです。

 

ずる休みしたら、その分違う形で頑張れば、私は問題ないと思いますがどうですかね??(笑)

 

ずる休みが増えている時は休んだり、バイトを変えるのも手です!

「1.「おこ」な男性」の写真[モデル:OZPA]

 

ずる休みをすること自体は悪いことではありません!

 

しかし、ここで伝えたいことはもしもずる休みをする頻度が増えているのであれば、注意警報かも知れませんね。

 

生活環境に疲れてしまっているか、そのバイト自体に楽しさややりがいを見出せなく、ダラダラ続けてる可能性が高いです。

 

ずる休みが増えるということは、何かしら環境に問題があるかと思います。

 

有給を使ってバイトを休める様にしたり、長期的に休みが取れるのであれば、取ってみたりするのも手でしょう。

 

しかし、そうも行かないのであれば、そのバイトは自分にあっていない可能性があります。

 

その時は一度冷静に考えてみることが大事でしょう。

 

バイトに行くのが辛いのであればバイトが泣くほど行きたいくないし辛い、大学生やフリーターに解決策を紹介!で解決策を紹介しておりますので、是非参考にしていただければ幸いです。

 

バイトの利点は辞めても自分の代わりがいくらでも効くという点ですので、自分にあった適性の環境で働くのが手でしょう。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

 

バイトをずる休みしてしまった時の罪悪感の消し方についてと、ついつい気まずくなってしまう原因について紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

バイトを休むこと自体はいけないことではありませんが、やはりバイト先のことを考えてしまうと、罪悪感を感じてしまうのは私も経験があるので分かりますね。

 

しかし、罪悪感を感じるのは真面目に働いている証拠ですし、そう感じること自体は間違えではありません。

 

「なんかちょっと気が乗らないことが増えたな〜」

 

と感じたら、一旦立ち止まって考えるのも大事ですし、一旦環境を変えてみるのも良いでしょう!

 

とにかく、無理して働いて、体調を壊してしまっては元も子もありません。

 

自分にあったペースで働ける職場で働くのが、私は一番大事かと思いますね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です