シナモンの代用品7選!バニラエッセンスなど代わりに使える香辛料をを紹介!

お菓子作りや飲み物などで使われることの多いシナモンは香りを引き立たせてくれる香辛料であり、シナモンを好んで使う人も多いスパイスです。

シナモンが好きという人が多い一方でシナモンの独特の香りがどうしても苦手な人や使いたい時に限って、シナモンが家に置いていないという状況もあるかと思います。

ここではシナモンの代用品を7つ紹介していきますので、シナモンの代用品を探している人は是非参考にして見てください。

シナモンの代用品7選を紹介!!

シナモンの原料はセイロンシナモンカシヤの木の樹皮を乾燥させたものであり、芳香の成分はオイゲノールシンナムアルデヒドなどです。

独特の香りが特徴的であり、世界で使われているスパイスの1つで、「スパイスの王様」とも呼ばれています。

香辛料の中では王様と言われているくらいメジャーなスパイスであるシナモンを1度は口にした事があるのでは無いでしょうか?

私はシナモンの香りが大好きなのですが、中にはあの独特の風味が苦手といった人もいるそうです。

シナモンが苦手となると、シナモンを使うお菓子を作るときなどに困りますよね?

また、シナモンを普段から使わない人にとっては家に常備していない人も多いのでは無いでしょうか?

シナモンの代用として使える香辛料はちゃんとあります。

では、

シナモンの代用と使える香辛料を7選

紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

バニラエッセンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

LesJoies Shop(@lesjoies_shop)がシェアした投稿

バニラエッセンスはケーキなどの香りづけとして使われる香辛料です。

バニラエッセンスの甘い香りはお菓子作りに使われる事が多く、バニラの香りが好きな人も多いのでは無いでしょうか?

バニラエッセンスを使う際なのですが、バニラエッセンスをそのまま使うのではなく、レモンの皮やレモンの絞り汁などを組み合わせて使うことで、シナモンとはまた違った香りを料理に付け加える事が出来るそうです。

レモン以外にも、組み合わせることの出来そうな果物の絞り汁などを試して見ても面白そうであります。

具体的な

代用できるお菓子の例としてはケーキ類などでの代用が一番おすすめです。

シナモンが無い時に味にアクセントが欲しい時は試してみると良いでしょう。

オールスパイス

 

この投稿をInstagramで見る

 

いのうえかずみ(@kaz583827_)がシェアした投稿

オールスパイスフトモモ科の植物で果実が用いられています。

中世ヨーロッパの人が珍重した4種類のスパイスの、3つの香りを併せ持ったことからミックススパイスという名が付けられたそうです。

オールスパイスは肉料理に使われますが、お菓子作りでも使う事が可能であり、シナモンの代用として使う事が出来ます。

シナモンの代用として使える理由としたは、オールスパイスはシナモンクローブナツメグを混ぜ合わせた様な香りがあるので、シナモンの代用としても使う事が出来るのです。

オールスパイスが使われるお菓子として1つ例をあげるのであればクッキーなどで使われることが多いので、シナモンを使ったクッキーを作る際に、オールスパイスで代用することでまた違った仕上がりのクッキーになることが期待できるでしょう。

オールスパイスをシナモンの代わりとして使う場合の注意ですが、シナモンと全く同じ量を使うと、オールスパイスの香りが強くなってしまうので、代用として使う際は少しずつ様子を見て使うのがおすすめであります。

スポンサーリンク

ナツメグ

ナツメグは肉料理の臭みを取る際なんかに使われます。

その他にもクリームシチューポタージュなどなんかにも使われる他、クッキーなどの焼き菓子に使えば、香りづけの役割を果たしてくれる香辛料です。

ナツメグシナモンと一緒に使われるスパイスであり、特徴は控えめな甘みとスパイシーな香りが特徴であります。

シナモンの代用としても使う事が出来ますが、中には代用できない料理もありますので、シナモンの代用としてナツメグを使う際は、その料理がナツメグを使って代用しても良いのか一度確認することをおすすめします。

グローブ

原産地はインドネシアのモルッカ群島の香辛料でフトモモ科の樹木、チョウジノキが原料となっております。

チョウジとも呼ばれるグローブは肉料理やお菓子など幅広く使われる香辛料でスーパーでも売っている場所が多いのが特徴です

甘い香りが特徴であり、シナモンと一緒に使われることの多いグローブはシナモンと似た風味があるので代用品として使うことも出来ます。

シナモンと似た香りのあるグローブはシナモンが使われている大抵の料理で代用が効くと思われるので、個人的にはおすすめです。

ただし、グローブはシナモンと比べて香りが少し刺激的なので、代用品として使う際は量を抑えて使うなど工夫する必要はあります。

スポンサーリンク

ミックススパイス

ミックススパイスはその名前の通り、複数のスパイスや調味料が混ざっています。

ミックススパイスにも様々な種類がありますが、中にシナモンが含まれていれば代用品として使う事が可能です。

シナモンが含まれているミックススパイスであれば、風味にシナモンが混ざっているのでシナモンの風味に近づける事が出来るかと思います。

シナモンが含まれているミックススパイスを例にあげるのであれば、「ティーマサラ」や砂糖が含まれている「シナモンシュガー」などです。

五香粉

五香粉は中国でもメジャーな香辛料で5つ以上の香辛料からなる混合香辛料であります。

主に材料の臭み消しや香りつけに使われ、多くのレシピが存在する香辛料ですが、シナモンが含まれているので一応代用品として使う事が可能です。

一応というのは五香粉の香りはアジアンテイストな香りが特徴な為、肉料理や煮込み料理など使える料理が限られてくる為、五香粉をシナモンの代用として使う際は肉料理などで使うと良いでしょう。

ブランデー

料理の香りつけとして使われるブランデーもシナモンの代用品として香りつけとしておすすめです。

シナモンとは香りが異なる為、人によっては代用品と言えるかは微妙なところでありますが、シナモンの独特の香りが苦手な人にとってはブランデーでの香りづけも良い手かも知れません。

実はシナモンの代用品には向かないもの

最後に少しだけシナモンの代用には向かないものを紹介します。

一見、シナモンの代用品として使えそうなのに紹介されていない香辛料もあったのでは無いでしょうか?

ここでは先ほど紹介されなかった

シナモンの代用品には向かないもの

を紹介していきます。

甘くない香りのスパイス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Terre Exotique(@terreexotique_jp)がシェアした投稿


シナモンと言えば、独特の香りが特徴ですが香りが甘くない香辛料はシナモンの代用品としては向きません。

また、甘い香りがする香辛料でも、シナモンと風味が全く異なるものの場合は、一度使う前に検討する必要があります。

肉料理などであれば、シナモン以外にも美味しく仕上げる方法や下処理が出来るものの、お菓子作りとなるとシナモンの香りを活かすことが多くなるので、その辺も注意です。

ニッキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Boo!Boo!(@booboo_cooking)がシェアした投稿


ニッキは日本産のシナモンです。

シナモンはは幹の樹皮を乾燥させて使うのですが、ニッキは根っこの部分を使います。

一見すると、

「同じシナモンなのだから代用できるのでは無いか?」

を思ってしまいますが、ニッキにはシナモンの香り成分の1つであるオイゲノールが含まれていない為、香りが異なるのです。

ニッキの特徴はシナモンよりも辛みと爽快感が強いので、お菓子を作る際にシナモンの代用として使うには少し味が強くなってしまうそうなので、代用品には向きません。

スポンサーリンク

ハーブ系

 

この投稿をInstagramで見る

 

Boo!Boo!(@booboo_cooking)がシェアした投稿


ハーブといえば主に肉料理の臭み取りや香り付けに使われる、日本でもメジャーに使われている印象がありますよね?

そんな、素晴らしいハーブですが、シナモンの代用品としては向きません。

ハーブの香りと味はシナモンとはまた別物なので、代用品としてはおすすめ出来ないでしょう。

まとめ

シナモンといえば、やはりあの独特の風味が良いですよね?

一方でシナモンの香りが苦手だったり、シナモンを常備していない時にシナモンを使わなければ行けない場面が出てきた際に困ります。

シナモンが家にない、シナモンが苦手という方は今回の代用品を是非参考にし、自分に合うシナモンの代用品になるものを探していただければ幸いです。

シナモンに関しての関連記事はコチラ⬇︎
シナモンの保存方法は?賞味期限と消費期限を紹介!冷蔵庫に入れれば長持ちする?

シナモンの危険性を紹介!食べすぎ注意!?副作用や1日の摂取量は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です