カレーのじゃがいもの代わりになる具材はある?代用品8選を紹介!

カレーに必須の食材と言えば、じゃがいもですよね。

じゃがいものホクホク感とゴロゴロ感はカレーに必要ですよね?

しかし、カレーを作ろうとしたら、じゃがいもがなくて、作るのを断念してしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では

カレーを作るときにじゃがいもがないときのじゃがいもの代わりになる食材

を紹介します。ぜひ参考にしてください。

カレーのじゃがいもの代わりなる代用品8選!

カレーを作りたいと思ったけど

「じゃがいもがない!」

「じゃがいも以外に代わりになる食材はないの?」

そんな、ときに代わりになる代用品を紹介していきます。

サツマイモ

サツマイモは、じゃがいもと食感が似ているため、じゃがいもの代用品におすすめです。

サツマイモならじゃがいものホクホク感やゴロゴロ感を再現することができます。

また、サツマイモは甘みもあり、単体でも味がしっかりとあるので、カレーをよりおいしくしてくれます。

里芋

里芋もじゃがいもの代用品として使用できます。

ですが、里芋は苦手な子供も多いようですので、カレーに入れる際には家族に確認してから、カレーに入れましょう。

また、里芋は煮込み過ぎると食感がドロドロした感じになるので、じゃがいものようにホクホクにしたいのなら、煮込み時間を調整してください。

かぼちゃ


かぼちゃもじゃがいもに似て、ホクホク感とゴロゴロ感がありますので、じゃがいもの代用品としておすすめです。

かぼちゃ自体にもしっかりと味があるので、カレーに入れてもかぼちゃの存在を発揮してくれます。

私の小学校の給食でもパンプキンカレーとして、かぼちゃが入ったカレーが出たことがあります。

いつものカレーとは違って、新鮮に感じ美味しかった記憶があります。

スポンサーリンク

大根

大根も太めに切り、しっかりと煮込むことでじゃがいものようなホクホク感とゴロゴロ感を再現することができます。

大根を入れることで、普段のカレーよりもジューシーでさっぱりしたカレーになります。大根とカレーって意外と合うのでおすすめです。

長芋

長芋もじゃがいもの代用品としてカレーに入れることができ、煮込み時間を調整すれば、シャキシャキとした食感を楽しむことができます。

また、すりつぶして入れると粘りを出すことができます。

長芋の粘りがカレーのとろみ付けとして活用できるのでおすすめです。

レンコン

レンコンもカレーに入れると美味しくなります。

レンコンのシャキシャキとした食感と楽しめます。

食感を楽しみたい方はレンコンを大きめに切るのがおすすめです。

なす

夏野菜の代表格と言える、なすもカレーに入れると美味しいですよね。

なすのとろとろとした食感はクセになります。

カレールーと一緒に煮込んでも美味しいですし、素揚げにして最後にトッピングしても美味しいですよね。

しかし、なすは苦手な子供もいるので、家族がいる方でカレーになすを入れる際は子供たちに確認したほうが良いでしょう。

ズッキーニ

ズッキーニもカレーに入れると美味しい食品です。

ズッキーニはキュウリのような見た目をしていますが、実はかぼちゃの仲間なんです。

意外ですよね。

ズッキーニもなすと同様にカレールーと一緒に煮込んでも美味しいですし、素揚げにして最後にトッピングしても美味しいですよ。

スポンサーリンク

カレーにじゃがいもがない時でも大丈夫!代用品を使ったサンプルレシピを紹介!

カレーにじゃがいもがない時でも、作れる「代用品」を使ったサンプルレシピを紹介していきます!

サツマイモ入りカレー

〈材料〉

  • サツマイモ 2本
  • 玉ねぎ 2玉
  • 人参 1本
  • 豚肉 300g
  • カレールー
  • 水 カレールーに記載されている分量
  • ニンニク
  • ご飯

〈手順〉

  1. ニンニクと玉ねぎをみじん切りにして、サツマイモ、人参、豚肉を一口大の大きさに切ります。
  2. 中火で熱した鍋に油をしき、ニンニクと玉ねぎを炒めます。
  3. 玉ねぎが飴色になり、ニンニクの匂いも油に移ったら、豚肉を入れ、火が通るまで炒めます。
  4. 豚肉に火が通ったら、残りの食材を入れます。食材に油が絡んだら、水を入れ、煮込みます。(途中アクがでたら取り除いてください)
  5. サツマイモと人参に火が通り柔らかくなったら、火を止めカレールーを溶かします。カレールーが溶けたら、再度10分ほど煮込み、最後にご飯にかけたら完成です。

スポンサーリンク

パンプキンカレー

〈材料〉

  • かぼちゃ 1/2個
  • 玉ねぎ 2玉
  • 人参 1本
  • ひき肉 300g(牛、豚、鶏どれでも可)
  • カレールー
  • ニンニク
  • ご飯

〈手順〉

  1. 用意したかぼちゃの半分をミキサーにかけ、ペースト状にします
    ニンニクと玉ねぎをみじん切りにして、残り半分のかぼちゃ、人参を一口大に切ります。
  2. 中火で熱した鍋に油をしき、ニンニクと玉ねぎを炒めます。
    玉ねぎが飴色になり、ニンニクの匂いも油に移ったら、ひき肉をいれ、火を通します。
  3. ひき肉に火が通ったら、残りの食材を入れます。
    食材に油が絡んだら、水を入れ煮込みます。
    人参とかぼちゃに火が通り柔らかくなったら、火を止めカレールーをペースト状にしたかぼちゃを入れます。
  4. カレールーとかぼちゃをよく混ぜ合わせ、再度15分程度煮込んで、ご飯にかけたら完成です。

まとめ

カレーに必須と言えるジャガイモの代わりになり、さらにまた違ったカレーを作ることができる食材たちです。

じゃがいもの代用品として

  • サツマイモ
  • 里芋
  • かぼちゃ
  • 大根
  • 長芋
  • レンコン
  • なす
  • ズッキーニ

の8つの食材を紹介しました。

どの食材もカレーによく合います。個人的にはかぼちゃがとてもおすすめです。

かぼちゃを入れて作るカレーのレシピも紹介しましたのでぜひ参考にしてください。

これでジャガイモがないときでも美味しいカレーを作ることができますね。

じゃがいもについての関連記事はコチラ↓

カレーのじゃがいもの足がはやいの意味は?腐りやすいは本当?

カレーにじゃがいもは何個入れるのがベスト?多いのと少ないのどっちがいいの?

カレーのじゃがいもが煮崩れする原因と防止策を紹介!!気になる方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です