カレーにチョコを入れるタイミングは?量はどのくらい?

 

 

皆さんはカレーを作る際に隠し味を入れますか?

 

 

カレーに入れる隠し味といえば、「チョコレート」「ケチャップ」「中濃ソース」「醤油」などさまざまな隠し味がありますよね。

 

今回、コチラ記事ではカレーの代表的な隠し味である「チョコレート」に関して紹介したいと思います。

 

この記事を読むと以下のことがわかるようになります。

 

・チョコレートを入れる意味

・入れるチョコレートの量

・カレーにチョコレートを入れるタイミング

 

以上の3点について触れていきますので、

「隠し味にチョコレートを使いたい!」

「チョコレートを使う意味が知りたい!」

という方はこの記事を最後まで読んでくださいね。

 

カレーにチョコレートを入れる意味は?

散らばったチョコレートの写真

 

そもそもなぜカレーにチョコレートを入れるのかわからないという方も多いと思います。

 

チョコレートを入れるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

1つずつ詳しくみてきましょう。

 

味に深みが出る

 

チョコレートを入れると味が深くなり、より濃厚なチョコレートに仕上げることができます。

 

チョコレートを加えるだけで、簡単にコクを出すことができますので

「カレーにコクが出ない」

と悩んでいる方は是非チョコレートを入れてみましょう。

 

また、チョコレートの種類によって、コクの深さや甘みの度合い、苦味などが変わってきます。

 

自分がどんなカレーにしたいかによって、お好みのチョコレートを入れてくださいね。

 

味の変化を楽しめる。

 

チョコレートには、ビター、ミルク、ホワイトの3種類がありますが、チョコレートの種類によって味は変わってきます。

 

ミルクチョコレートを入れれば、甘くなります。

 

ビターチョコレートは、ほんのり苦い大人の味のカレーに仕上がりますよ。

 

ホワイトチョコは、チーズのような風味を楽しむことができるため、チーズが好きな人におすすめです。

 

また、お酒が加えられているものを使用すると、より風味が増して美味しくなるのでおすすめです。

 

お子様が食べる場合は、ミルクチョコレートを入れると、辛いカレーも食べやすくなります。

 

最も一般的なのは、ミルクチョコレートですので、迷ったらこちらを入れましょう。

 

スポンサーリンク
 

カレーにチョコレートを入れるタイミングは?

 

カレーにいざチョコレートを入れようと思っても、タイミングがわからないという場合がありますよね。

 

この記事では2パターンの入れるタイミングについて紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

カレールウの場合

 

カレールウで作る場合、チョコレートを入れるタイミングは

 

お肉・お野菜を炒めて、水、ルーを加えるのと同時

 

にチョコレートを入れます。

 

最後に入れることによって、全体的に味が馴染むようになりますよ。

 

具材を炒める時にチョコレートを入れると、焦げてしまい、かえって風味が悪くなりまずくなってしまいます。

 

逆にカレールウを入れる前に入れると、チョコの風味が無くなります。

 

このことからベストなのが、

 

ルウを入れると同時でしょう。

 

チョコを溶かすときは、火をつけた状態ではなく、火を消して余熱で溶かしましょう。

 

チョコを煮込み続けると、カカオの苦味が出ることがあるからです。

 

カレー粉、スパイスの場合

 

カレー粉、スパイスで作る場合は、具材を炒めた後です。

 

カレー粉、スパイスの場合は、ルウと違ってチョコレートが溶けにくくなっています。

 

そのため、少し煮込むと全体的に馴染むようになるでしょう。

 

カレーにチョコを入れるおすすめの量はどのくらい?

 

ではカレーにチョコを入れる際はどのくらいが適量なのでしょうか。

 

入れすぎると味が崩れ、入れなすぎるとチョコを入れた意味がなくなります。

 

そこで適切なチョコの量を見ていきましょう。

 

1カケから2カケ

 

カレーに入れるおすすめのチョコの量はズバリ

 

1カケから2カケ

 

です。

 

鍋の大きさや、カレーの分量にもよって、チョコの量は変わります。

 

そのため、まずは1カケだけ加えてください。

 

それで足らなければ、もう1カケ足すようにしましょう。

 

チョコレートを足しすぎると

 

「甘すぎ」

「バランスが悪い」

「重たい」

 

という味になります。

 

チョコレートを入れすぎると、修正が効かなくなってしまいます。

 

そのため、チョコレートを入れるときは、必ず1カケずつ入れて、足りなければ、その都度足していくという形を取りましょう。

 

失敗が少なくなりますよ。

 

スポンサーリンク
 

今回のまとめ!

 

今回の記事では隠し味のチョコレートについて紹介しました

この記事をまとめると以下のようになります。

 

・チョコレートを入れるとコクが深くなる

・チョコレートの種類で味が変わる

・チョコレートを入れるときは火を止めるのがおすすめ

・チョコレートの量は1カケから2カケ

・チョコレートを入れるときは必ず味を見ながら少量ずつ

 

隠し味のチョコレートですが、使い方を間違えると一気に美味しくないカレーになってしまいます。

 

正しく使うと、美味しいカレーになるので是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です