じゃがいもをレンジに入れると固くなる理由を紹介!柔らかくホクホクにするコツは?

 

 

じゃがいもは、ゆでてホクホクにするのが一番美味しいですが、時間が掛かったり、ゆでていると暑かったりして意外と厄介なものです。

 

だからこそ、電子レンジで加熱するのが簡単なのに、確実で重宝しますよね。

 

ですが、じゃがいもは電子レンジ調理をすると何故かホクホクというより、ぎゅっと締まって固くなってしまうのが難点。

 

そこで今回は、

じゃがいもが電子レンジで固くなる理由

柔らかくホクホクにするコツ

 

をご紹介します。

 

また、じゃがいもを温める時の注意点もお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

 

便利な電子レンジ調理で、美味しくじゃがいもを加熱するコツを一緒に見つけましょう!

 

じゃがいもをレンジに入れると固くなる理由は?

 

 

 

じゃがいもをレンジに入れると固くなってしまうのには、次のような理由があります。

 

  • じゃがいもに水分が少ない
  • 加熱のし過ぎ
  • 温めるじゃがいもが多過ぎる

 

 

じゃがいもは含まれている水分が少ない野菜です。

 

そもそも、電子レンジには水分が多いものは温まりやすく、水分が少ないものは温まりにくいという性質があります。

 

つまり、水分が少ないじゃがいもは、ただ電子レンジに入れただけでは温まりにくく、固くなってしまうのです。

 

そんなじゃがいもを必要以上に加熱すれば、ますます水分が失われていきます。

 

じゃがいもは根菜だからといって、長時間温めれば良いというわけではありません。

 

比較的長い時間温めると、水分だけが抜けて固いじゃがいもになってしまいます。

 

 

また、沢山使いたい時は一気に大量のじゃがいもを電子レンジに突っ込みたくなりますよね。

 

 

でも、電子レンジで加熱できる量には当然限界があります。

 

 

大量のじゃがいもを温めるということは、じゃがいも同士が重なり合っている部分があるはずです。

 

 

重なり合っていると、どうしても火が通りやすい部分と通りにくい部分とが出てきて、固いじゃがいもが出てきてしまいます。

 

スポンサーリンク
 

じゃがいもを柔らかくホクホクにするコツを紹介!


じゃがいもを柔らかくホクホクにするためには、ちょっとした工夫をするのがポイント。

 

早速コツを見ていきましょう!

 

じゃがいもを柔らかくホクホクにするコツ

  1. 切って加熱する時は水を少し加える
  2. 切る時にじゃがいもの大きさをそろえる

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①切って加熱する時は水を少し加える

注がれる水の断面の写真

 

じゃがいもは丸のまま温めた方が水分は飛ばず、固くなりにくいです。

 

ただ、切って加熱すればそのまま食卓にも出せるので便利ですよね。

 

切ってから加熱する場合は、普通サイズのじゃがいも1個に対して小さじ1の水を加えると固くなりません。

 

私もじゃがいもをただ容器に入れて、電子レンジで加熱した時に、パッサパサのコチコチになった状態で出てきました。

 

水をちょっと加えるだけで柔らかくなるなら、試してみなきゃ損ですよね!

 

②切る時にじゃがいもの大きさをそろえる

121ページ目 | じゃがいもの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

 

ゆでる場合とは異なり、電子レンジでは均等に温まりにくいことがあります。

 

なので、じゃがいもの大きさをバラバラに切ってしまうと、小さいものは火が通りすぎて固くなり、大きいものは半生といった仕上がりになってしまいます。

 

予めじゃがいもの大きさが同じになるように切れば、大きさによる加熱の差を防ぐことができます。

 

ちなみに、じゃがいもを温める時は重ならないように平らに並べるのも大事ですよ。

 

じゃがいもを柔らかくホクホクにするコツは、そこまで手間に感じたり、難しく考えたりする必要がないくらい簡単なものですよね。

 

水分と切る大きさに気を付けるようにしましょう!

 

 

3.じゃがいもを温める際の注意点は?

キッチンに並ぶ調理器具類の写真

 

 

じゃがいもが固くなる理由や、柔らかくホクホクにするコツについて見てきました。

 

最後に、じゃがいもを温める際の注意点をまとめてみました。

 

  • 一気に加熱しようとしない
  • 水を入れすぎない

 

1つずつ見ていきましょう。

 

一気に加熱しようとしない

電子レンジの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

 

じゃがいもは電子レンジで簡単に加熱できますが、始めから長時間加熱するのはやめましょう。

 

温めるじゃがいもの大きさや数、メニューも考慮しながら温めて、加熱が足りない時に数分ずつ追加して加熱していくようにしてください。

 

調理の仕方に応じた美味しいじゃがいもを逃さないためにも、数分ごとに固さを確認すると良いですよ。

 

水を入れすぎない

水写真素材、ロイヤリティフリー水画像|Depositphotos

 

じゃがいもが固くならないためには、水を少し入れるのがコツでしたが、水の量には注意が必要です。

 

というのも、柔らかくしようと水を入れすぎると、じゃがいもが型崩れしてしまうのです。

 

私も水を入れすぎたことがあり、加熱が終わった時にはマッシュポテト状態になっていました。

 

水を入れる時には、分量に十分注意しましょう。

 

まとめ

 

じゃがいもを電子レンジで温めるのは、難関のように思えますよね。

 

じゃがいもが固くなるのには

じゃがいもに水分が少ない

加熱のし過ぎ

温めるじゃがいもが多過ぎる

といった理由がありました。

 

ですが、コツを押さえればじゃがいもの電子レンジ調理も決して難しくはありません。

 

コツとして、

切って加熱する時は水を少し加える

切る時にじゃがいもの大きさをそろえる

をご紹介しました。

 

じゃがいもを電子レンジで加熱するのも、もう怖くはありませんね。

 

「じゃがいも」に関しての別途関連はコチラ↓

カレーのじゃがいもの代わりになる具材はある?代用品8選を紹介!

じゃがいもを水にさらす時間はどのくらい?理由や意味を紹介!!

カレーのじゃがいもの足がはやいの意味は?腐りやすいは本当?

カレーにじゃがいもは何個入れるのがベスト?多いのと少ないのどっちがいいの?

カレーのじゃがいもが煮崩れする原因と防止策を紹介!!気になる方法は?
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です