夏野菜カレーを素揚げしないで美味しく作る方法は素焼きがおすすめ?!素焼きの方法を紹介!

夏だ!野菜だ!カレーだ!

突然ですが、みなさん、夏に食べたくなるものといえば、なんでしょう??

こんな暑い季節には、そうめんやかき氷などありますが、その中でも特に食欲を誘ってくる食べ物といえば!

そう!カレーですよね!

今回はそんなカレーの中でも栄養満点、夏バテ防止にぴったりな夏野菜カレーについてご紹介したいと思います。

そして、

カレーを食べたいけどカロリーが気になる、、、

という方も必見!

夏野菜カレーの中でも、素揚げなしの美味しい夏野菜カレーの作り方を最後に紹介しているので最後まで、ぜひ、ご覧ください!

夏野菜カレーの素揚げのやり方を紹介!

夏野菜カレーといえば、名前の通り、野菜がたっぷり入ったカレーですよね。

あの新鮮な夏野菜がゴロッゴロに詰まったカレー、想像するだけでよだれが出ちゃいそうです。

そんな、夏野菜カレーの野菜をより一層美味しくしてくれるのが、素揚げです。

ここでは、夏野菜カレーの素揚げの方法についてご紹介したいと思います。

以下素揚げのレシピです。

  1. ナスや、カボチャ、ピーマン等の野菜を用意します。
  2. それぞれ食べやすい大きさに切ります。(ナスは、水分量が多く、素揚げするときに油がはねる可能性があるので、軽く水分は切っておきましょう。)
  3. 鍋に3センチ程度油を注ぎ、180度くらいまで温めます。(いつもする揚げ物の油の量よりも少なくて大丈夫です。)
  4. 野菜を油の中に入れ、30秒〜3分程度揚げます。※各野菜の揚げ時間の目安ナス30秒〜1分 ・シシトウ・ピーマン・パプリカ1分 ・カボチャ2〜3分しっかり揚げたい場合は3分程度あげるのがオススメです。硬い野菜(カボチャやジャガイモは3分揚げることをお勧めします。)
  5. 揚げた野菜をバットにあげて、串で刺します。中に火が通っていないようであれば加えて30秒〜1分程度追加で揚げます。

スポンサーリンク

夏野菜カレーを素揚げしないで作る方法は素焼きがおすすめ!素焼きの方法を紹介!

夏野菜カレーを食べたいけど、カロリーが気になる。

脂っこいものはあまり得意じゃない。

という方にお勧めなのが、今回紹介する野菜の素焼きです。

素焼きであれば、揚げないのでカロリーも控えることができますし、揚げ物特有の重さもありません。

ここでは、美味しい素焼きの方法を2つ紹介したいと思います

1つ目「フライパンで焼く方法」

1つ目は、フライパンで焼く方法です。

【準備するもの】

  • 野菜
  • フライパン
  • オリーブオイル
  • バット
  1. お好みの野菜を食べやすい大きさに切ります。
  2. 野菜の表面についた水分を軽く拭き取ります。(油の飛び跳ね注意のため)
  3. 温めたフライパンにオリーブオイルが全体に行き渡るくらいにひきます。
  4. 野菜を並べます。
  5. 焼き具合を見ながら、軽く焦げが着くまで焼いていきます。
  6. 焼けたら串で野菜を刺し、火が通っているようであれば、バットに移します。

※表面のオリーブオイルが気になるようであれば、キッチンペーパーで野菜についたオリーブオイルを吸い取ってください。

火が通っていない場合は追加で30秒〜1分程度焼いてください。

2つ目「グリル焼きの方法」

2つ目は、グリル焼きの方法です。

【準備するもの】

  • 野菜
  • アルミホイル
  • オリーブオイル

【手順】

  1. 野菜を食べやすい大きさにカットします。
  2. 耐熱のお皿に野菜を並べて500wの電子レンジで3分間温めます。
  3. アルミホイルにオリーブオイルをひきます。
  4. アルミホイルに温めた野菜を並べます。
  5. グリルで約3〜5分グリル焼きします。(弱火)
  6. グリルから取り出し、串で刺して火が通っているか確認します。

※串で刺して火が通ってないようであれば、追加で30秒〜1分ほど加熱してください。

ジャガイモ等を使う場合は、電子レンジで6分程度温めてください。

スポンサーリンク
 

素揚げなしの素焼きした夏野菜カレーのサンプルレシピを紹介!

ここでは、素焼きの野菜カレーレシピをご紹介したいと思います。

簡単に作れるので、是非みなさんも作ってみてください!

素焼き夏野菜カレー(4人前)

【材料】

  • ご飯 800g
  • サラダ油 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 合挽きミンチ 200g
  • 野菜(ナス1本・ピーマン2つ・カボチャ4分の1・トマト大1つ等)
  • カレールウ1箱
  • 600cc
  • ガラムマサラ 小さじ2

【手順】

  1.  水で洗った野菜をそれぞれ食べやすい大きさに切り、表面の水分を拭き取ります。
  2.  サラダ油をフライパンにひき、ミンチ肉を炒めます。
  3.  カレールウと水、ガラムマサラを入れて、煮込みます。
  4. フライパンにオリーブオイルをひき、野菜を焼きます。
  5. 野菜に焼き目がついたら、串を刺し、火が通っているようであれば、バットに移します。
  6.  お皿にご飯とカレー、素焼きした野菜を盛り付けます。

※ガラムマサラはなくても良いですが、ガラムマサラを加えることで、スパイシーな風味を楽しむことができます。

そして、野菜との相性バッチリです。逆にマイルドなカレーを食べたい方は、材料にココナッツを加えるとマイルドな味わいになりますよ。

まとめ

今回は、

夏野菜カレーの野菜の素焼きの仕方

について紹介しました。

素焼きだと、素揚げに比べてカロリーを気にせず食べられそうじゃないですか?

素焼き野菜をたくさん食べて暑い夏を健康に乗り切りましょう!

「夏野菜カレー」に関しての別途記事内容はコチラ!!↓

カレーにナスを入れるタイミングは?崩れるのを防ぐには?

カレーにトマトを入れるタイミングはいつがベスト?量はどのくらい入れるといい? 

カレーを冷蔵庫に何日持つ?鍋ごとや1週間保存は危険なのかを紹介!

カレーに水を入れすぎた時の対処法・水っぽい解決策を紹介!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です