アムウェイって闇が深く怖いの?実際にあった怖い話と信者の末路とは?

 

突然ですが、皆さんはアムウェイなどのマルチ商法って聞いたことがあるでしょうか?

 

マルチ商法の中でも今、勢いがあるのがアムウェイであり、今でもアムウェイの会員数は約75万組であり、2016年度の売上金は約1005億と言われております。

 

私自身もアムウェイに何度か勧誘された事があるのですが、アムウェイに対して「闇」を感じる部分が多かったんですよね。

 

これだけの会員数を持ち、売上金は距離1005億も保持しているアムウェイのどの様な部分に闇を感じるのでしょうか?

 

今回は、私や周りで起きたアムウェイに関する怖い話とアムウェイを続けた信者の末路について紹介していたいと思います。

 

スポンサーリンク

アムウェイって怖い会社なの?

出典:https://www.amwaylive.com

 

まず大前提としてお話ししておきたいのが、アムウェイという会社自体は人を脅したり、騙したりしている訳ではありません。

 

よく巷では「詐欺だ!」「ネズミ講だ!」「違法だ!」なんてよく分かっていない人がこの様な事を口にしますが、本当にそうだとしたら、渋谷のNHKのとなりにあれ程堂々と大きい建物建てられませんし、そんな会社を野放しにしておく程、日本の警察も頭悪くは無いです(笑)

 

しかし、実際にアムウェイというと怖いというイメージがあると思いますし、私自身も未だに怖いと感じます。

 

しかしアムウェイの闇を感じて怖いと思われる原因は主に

・勧誘が怖い

・無理やり製品を買わされる

・借金まみれになる

・友達がいなくなる

・宗教団体みたい

 

など、そう思われるのにはそれなりの原因があるのですね。

 

アムウェイが何故この様に言われてしまうのかは、別途こちらで解説しておりますので、気になる方は是非、こちらも合わせてお読みいただけたらと思います!

アムウェイはやばい?やばい理由は?アムウェイは宗教的ビジネスです!

 

実際にあったアムウェイの闇や怖い話を紹介!

 

ここでは、私が実際にアムウェイを怖いと思った体験談を話していきたいと思います。

 

勧誘手口が巧妙

 

 

結論から言ってしまえば、アムウェイの勧誘というのはタネが分かれば、見分けるのは比較的容易ですが、そうでなければ95%は騙されると思った方がいいです。

 

特に「ワシは絶対に騙されんぞい!」と言っている情報弱者は格好の的といえます。

 

私も始めて勧誘された時は会社の直属の上司でした。

 

よく仕事を教えてもらってましたし、仕事もできる上司で、誘われたのは丁度11月と寒さが本格化してきた時の話です。

 

最初は知り合いの家でパーティがあるといわれ、仕事終わりに参加し、楽しかったのを覚えております。

 

丁度、繁忙期という事もあり、楽しいことがしたいという気持ちが強く、パーティの誘いを受けた時は嬉しかったですね。

 

その後も何度か合っているうちに、信頼関係は構築されそんなある日、アムウェイの本社に連れて来られ、集団でアムウェイに勧誘されてしまいました。

 

当時アムウェイについて全く知らなかった私は、前日にアムウェイの話を聞いていたので、電車の中で調べてみると良い評判はなく、完全にマズイと感じたのをおぼえております。

 

最終的には断ったものの、アムウェイの勧誘は非常に巧妙な手口です。

 

私自身もし、安易に始めてしまっていたら恐らく幸せな結果にはなっていなかったでしょう。

 

こちらではアムウェイの勧誘に引っかからない方法を紹介しております!

アムウェイをしている人の特徴は?手口やSNSを見れば、勧誘者を見抜くのは楽勝です!

 

ワッツアップという大イベント

「河口湖と富士山」の写真

 

アムウェイには年に2回程ワッツアップという山梨で行われる研修イベントがあります。

 

このイベントは、アムウェイの中でも指折り数える程の重要なイベントであり、アムウェイの中でも「100回のセミナーより1回のワッツアップ」と言われるほどです。

 

このイベントでは、主に目的が2つあります。

 

1つ目は、既存の会員(ディストリビューター)のモチベーションを上げる為

 

2つ目は、ワッツアップを通して新規会員を大幅に増やす為です。

 

私自身、怖いと思ってしまった点が数点あり、1つ目が盛り上がりがまるで宗教みたいな点と、勉強する為の施設に着いたら、1日中怒涛のセミナーラッシュが続く事

 

2つ目ワッツアップの表彰式の仕組み

 

3つ目ワッツアップに参加するまで、アムウェイとは知らない人が何人かいる点です。

 

まず、ワッツアップの研修は1泊2日で行われ、その間アムウェイの中にいなくてはいけません。

 

私自身参加費を旅費と言われて、払ってしまったので行くだけ行ってみようという気持ちで参加したのですが、基本ずっとセミナーなので非常にハードスケジュールです。

 

私が覚えている限りでは施設に着いてから入浴と就寝、小休憩以外はセミナーだったと思います。

 

2つ目のワッツアップでは、月の売り上げのキャッシュバックが12%を超えると表彰台に立つ権利が得られます。

 

これは、参加後に私が知った事実なのですが、この表彰台に立つことで、自分の勧誘したい相手に見せることで、相手に凄いと思わせ、自分も表彰台に立ちたいという思いをさせることでアムウェイに入会する事を促します。

 

しかし、アムウェイに勧誘する人の大半はこの表彰台に登る為に、自分の下の会員に高額な商品の購入を進めたり、高額な商品を分割払いで自分で購入するケースが大半です。

 

私もこのワッツアップ前は「ワッツアップに行く前にアムウェイの製品を体感しておかないと、アムウェイのワッツアップのカリキュラムに付いていけなくなるよ!!」と言われ、高額製品を危うく買わされそうになった経験があります。

 

ワッツアップ前はとにかく、グループ内でも商品の購入を進めている姿が、とにかく恐ろしいと感じてしまいました。

 

次に個人的に一番怖いと感じたのは、アムウェイのワッツアップのイベント前日にアムウェイと知らされた人がいたということです。

 

普通に考えたら、前日になってアムウェイと知らせるなんて、とても常識のある行動だとは言えませんし、私が関与したグループにもその様な人が実際にいて、かなり戸惑っていました。

 

そんな中で、アムウェイの環境に嫌でも2日間いなくてはいけない上に、勧誘の嵐を受けるワッツアップへの参加というのは個人的に監禁以外の何物でもありません。

 

私自身、アムウェイのワッツアップのイベントは今でも忘れられない出来事です。

スポンサーリンク

セミナーの空気が異様

「「これまでの○○とは違います!」と勢いで売ろうとする販売員」の写真[モデル:ゆうせい]

 

私が違和感を感じたのが、アムウェイのセミナーの時の様子でした。

 

過去に何度かアムウェイのセミナーに参加していた時期があるのですが、私がイメージしたセミナーとは訳が違かったのを覚えております。

 

セミナーにも色々と内容が違うのですが、アムウェイの成功者が直々セミナーを開催する時です。

 

セミナーといえど、多少の笑談などはあっても良いとは思うのですが、もはや盛り上がり方が異常(というかもはや宗教団体)なんでは無いかと思ってしまいました。

 

セミナーを受けに来ている会員が終始笑顔ですし、成功者が名言らしき事を言う度に声が上がるのは、少し不気味に感じてしまったのを覚えおります。

 

しかし、それ以上に恐ろしかったのが、その環境に慣れてくると自分まで洗脳状態に陥ってしまう事です。

 

恥ずかしい話にはなってしまいますが、アムウェイのセミナーに連れて来られていた頃、最初は違和感を感じましたが、段々とその環境にいるに連れ「成功者が言っていることも分かるし、楽しくなってきた!」と感じてしまう様になりました。

 

アムウェイのセミナーがキッカケでアムウェイを安易に始めてしまう人がいると考えると今でも怖いと感じてしまいます。

 

製品の購入をやたら進めてくる

「購入した脱毛商品の効果がなくてサロンに質問してくる人」の写真[モデル:緋真煉]

 

アムウェイの製品のミーティングな何度か体験参加した事があるのですが、このミーティングでは、アムウェイの製品の良さを伝える為にどの様に相手に伝えるか?

 

マーケティングプランなどをグループの家を使い、ミーティングを行います。

 

製品を取り扱っている以上は、その製品について、深く勉強する必要があるので、このミーティング自体をどうこう言うつもりはありません。

 

しかし、問題はこのミーティングを利用して、やたら製品の購入を勧められた事です。

 

このミーティングに参加する度に「この製品を使わないとアムウェイの良さが分からないよ!」や「まとめて買うとすごいお得だから、試しに買ってみる事をオススメするよ!」などこのミーティング自体がアムウェイの製品のセールスタイムの様に感じてしまいました。

 

私を当時勧誘していた上司も後半になるに連れて「お金がない」を口々に言っていましたし、いま思うと、自分の売り上げとタイトル修得だったと思うと、恐ろしいです。

スポンサーリンク

成功者のカリスマ性

「リピートアフタミー!!」の写真[モデル:Max_Ezaki]

 

過去に何度かセミナーやグループの成功者に会う機会が私にはありました。

 

アムウェイの成功者というと最低でもDD(ダイレクトディストリビューター)クラス年収は300万円程になります。

 

最低クラスでもアムウェイには、69万組中たった3674組であり、その上であるエメラルドDD331組ダイヤモンドDDがたったの157組しか存在しません。

 

私は平日は会社に行き、休日はダラダラとパソコンで動画を見る生活をしていたので、当然成功者に会う機会なんてありませんでしたし、成功者なんていうのは、テレビやネットの中の存在でした。

 

アムウェイの成功者に会った時にまず始めに感じたのが、凄まじいカリスマ性です。

 

私が関与したグループの系列の成功者は年収2000万クラスの人で、普通に生活していたら、絶対に会えない様な人でした。

 

話していても普通の人とはマインドが違いますし、私自身怖いと感じたのが、そこ人といると不思議とアムウェイに関する不信感が無くなってくるという点です。

 

私自身、アムウェイに勧誘されてからしばらく、活動はしていないものの、不信感を抱きながらもそのグループに所属していました。

 

アムウェイの成功者の人は「人にはタイミングがあるから、あなたがやりたいと思った時にやればいいのよ!」「あなたがやりたいと感じた時は、全力でサポートするし、周りには沢山の仲間がいるからね!」など、その成功者の人に会う度に、成功者のカリスマ性の虜になっている自分がいたのです。

 

この様にアムウェイの成功者に会うことで、考え方が変わってしまう人も中にはいます。

 

アムウェイのグループに長くいることで、アムウェイの成功者に会う機会が多くなり、徐々にアムウェイに洗脳される環境が整っていると考えると、本当にアムウェイを始めなくて良かったと感じました。

 

集団での勧誘

 

黒服にサングラスの集団のイラスト

 

アムウェイの勧誘者の中には1対1ではなく、複数人で勧誘する勧誘者も多くいます。

 

私も何回かアムウェイに勧誘されたことがあるのですが、複数人で勧誘することで相手が断りにくくなる環境を作ろうとしているのです。

 

集団での勧誘は完全に尋問を受けている感じでしたし、中には首を縦に振らないと帰らしてくれない勧誘被害も受けたことがあります。

 

アムウェイの勧誘を何度も受けましたが、これだけは未だに怖いです。

スポンサーリンク

アムウェイが正しいという洗脳

洗脳のイラスト(男性)

 

アムウェイの中にいると、アムウェイが絶対正義という考え方を植え付けられ的なのを未だに自分の中で怖いと思っている出来事であり、未だにあの異質な感覚は忘れられません。

 

・アムウェイの製品以外は粗悪

・アムウェイ以外のマルチはねずみ講

・何かにつけ「感謝」「感謝」の嵐

・アムウェイの良さを伝えようとする謎の使命感

 

など、アムウェイのグループに所属しているとアムウェイをすることが絶対正義で、その他の事は悪と決めつける過激派の人も中にはいましたね。

 

特にアムウェイのグループに初めて会った時に、みんなが同じものを使っていたり、日本で売られているものは粗悪という考え方は「何かに取り憑かれたのではないか?」と感じる程の怖さでした。

 

また、別に感謝する事でもないのに「〇〇に感謝」など謎の感謝の押し付けラッシュも私自身宗教染みた何かを垣間見てしまったのを今でも忘れません。  

 

24時間アムウェイ漬け

24時間のマーク

 

私自身アムウェイに勧誘され、ワッツアップという研修に参加し、アムウェイのワッツアップの専用LINEに招待されたのですが、24時間LINEが鳴り止みませんでした。

 

アムウェイのミーティングに参加したことがあるのですが終わって終電を逃してしまい、アムウェイの人の家に止まらざる得なくなり、そこからもずっとアムウェイの話やアムウェイの成功者の動画の鑑賞会など、とにかくアムウェイ付けです。

 

この時に感じたのが、アムウェイのグループに所属すると、24時間アムウェイ付けになってしまうと感じ、恐怖を感じました。

 

私自身、人と四六時中いたいタイプでは無いので、何故24時間もアムウェイ漬けにならなければいけないのか未だに分かりません。

 

アムウェイにハマった信者の末路とは?

 

ここでは、アムウェイにハマって抜け出せなくなった信者の末路を見ていきましょう。

 

もし先ほどの話が少しでも怖いと思ったら、今すぐにでも退会した方が良いです。

 

在庫過多になり借金を負う

「いくら数えてもお金が足らない」の写真[モデル:千歳]

 

アムウェイなどのネットワークビジネスのグループの中には、月の購入金額を決めされる様なグループやノルマを達成出来ないと自腹購入させるグループも中には存在します。

 

私の上司がそうだったのですが、中々アムウェイで成果を出すことが出来ないのにも関わらず、月に5万円以上製品を買い込んだりして、在庫過多になっていました。

 

この様な現象が発生してしまう理由としては

 

・グループの売り上げ維持

・ピンレベルの維持

 

の2つが存在します。

 

またアムウェイで借金になってしまう人の特徴として多いのはクレジットカードの分割払いで金銭感覚が麻痺してしまうことに原因があり、中には気が付いたら100万円以上の借金を負ってしまい悲惨な末路を迎えてしまった人もいます。

 

私の上司は幸い借金を負う寸前でアムウェイを辞められましたが、もしあのまま続けていたら確実に借金を負っていたことでしょう。

 

またコチラではアムウェイを続けると、借金地獄になってしまうのか?

借金をする前に出来る対処法を紹介しています↓

アムウェイを始めると借金まみれ、借金地獄に落ちるのはなぜ!?借金してしまう理由と真実を解説!

 

アムウェイの中でしか生きられなくなる。

「自分だけ仲間はずれにされたドイツ人ハーフ」の写真[モデル:Max_Ezaki ozpa]

 

アムウェイで活動していると、高確率で周りから距離を取られがちです。

 

アムウェイで勧誘する際にまず「片っ端からアポイントメントを取れ」と携帯番号に登録されている人にアポイントメントと取らせようとします。

 

しかし、相手をアムウェイに勧誘すれば、アムウェイのことを知らない限りは高確率で断られて終わりです。

 

昔の友人に数年ぶりに連絡し、アポイントメントをとっても「そういうことか」と思われ、今後連絡が取れなくなってしまいます。

 

この様な勧誘活動を続けていれば「あいつから連絡が来ても無視しろ」という様な悪い噂が広がりますし、そうすると信じることが出来るのはアムウェイのグループしか信用出来なくなるのです。

 

仮にキツくてアムウェイを辞めたとしても、1度失った信用を取り返すことが出来ず、孤独になってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

アムウェイを辞められなくなる。

「厳しいリプに気分が落ち込む女性」の写真[モデル:河村友歌]

 

私個人が一番思う事はアムウェイで勧誘活動をしていること自体、会社員と変わらないということです。

 

結論アムウェイを辞めたければ、アムウェイに問い合わせをする事で退会手続きを行うことが出来ます。

 

会社員でも会社に非があると分かっていても中々会社を辞められない人も多いです。

 

アムウェイも会社組織と同じ構図なので、自身が辞めるとなると少なからず、グループの売り上げなどに影響します。

 

その為、アムウェイを辞めたいと感じても辞めることを引き止めてきたり、グループの中に長くいると情が芽生えてきて、辞めようにも辞められないといったことが起きてしまうのです。

 

私の上司も後半になるに連れ「アムウェイを辞めたい、辞めたい」と嘆いてましたが、中々辞めることが出来ない状態でした。

 

頭の中では辞めたいと思っても、アムウェイに長くいればいるほどアムウェイを辞められなり、ズルズルと居続けてしまう危険性があります。

 

またこちらでは、アムウェイを辞めたいのに辞められない人に向けてアムウェイの辞め方を紹介しているので、辞められない人は参考にしてみてください↓

アムウェイを辞めたいけど退会出来ない? そんなに辛いならとっとと辞めちゃえ!!

 

アムウェイを少しでも怖いと感じたら?

「抜け毛の怨霊」の写真[モデル:緋真煉]

 

アムウェイに勧誘された人もアムウェイで活動している人も、アムウェイに対して少しでも怖いと感じたらアムウェイから距離を取るべきだと思います。

 

実際アムウェイの勧誘者の多くは違法まがいの勧誘をしたり、無理なノルマを押し付けてくるグループも存在するのも事実です。

 

この様な環境に長く居てしまうと状況は良くなるどころか、良いように搾取されてしまう可能性が非常に高いといえます。

 

またアムウェイに勧誘してきた相手とは、今後のもしつこく勧誘される危険があるので、距離を取り、それが出来ないのであれば自分の身近な人に相談した方が賢明でしょう。

 

まとめ

 

今回はアムウェイを通して怖いと感じた闇を紹介しました。

 

何度も言いますが、もしアムウェイに対して少しでも怖いと感じたのであれば、今後アムウェイなどのネットワークビジネスには関わらない方が良いでしょう。

 

今の時代、アムウェイ以外にも低リスクで出来るビジネスはたくさんありますし、今の会社に不満を持っているのであれば、転職するのも手です。

 

今の時代、アムウェイ以外にも生き方はたくさんありますので、もし違和感を感じたのであれば、アムウェイから距離を取り、別の道を模索してみる事をおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です