カヌレの食べ方のマナー!!手で食べるのはマナー違反でフォークで食べるのが正しい?

 

 

カヌレは小ぶりな一口サイズのものであれば、手でそのまま食べたくなりますよね。

 

一方で、ちょっと一口では難しそうなカヌレを手でつかんでかぶりつくのは何だか気が引けるものです。

 

でも、カヌレの食べ方にマナーがあるかどうかはあまり知られていないかもしれません。

 

そこで今回は

 

カヌレを食べる時のマナー

 

について見ていきます。

 

さらに、カヌレを美味しく食べるための方法もご紹介します。

 

カヌレをお店でもおうちでも美味しく楽しめるように、食べ方を覚えておきましょう。

 

カヌレを手で食べるのはマナー違反?

 

カヌレの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

 

カヌレを手で食べるのは、マナー違反ではありません。

 

 

確かに、フランス生まれのちょっとおしゃれなカヌレを手掴みして口に運ぶのは何となく気が引けると思います。

 

 

ですが、小さめなカヌレを手で取ってそのまま食べても、大きめなカヌレを手で千切って食べても、特にマナー違反とはなりません。

 

 

最近では一口サイズのカヌレも作られていて、片手でポイッと気軽に食べられるものもあります。

 

せっかく食べやすく作られたカヌレを、わざわざ手以外のものを使って食べなくても大丈夫なのです。

 

ちなみに、大きめのカヌレは頂上のくぼみに両手の親指を入れて真ん中から半分に割って、さらに一口サイズにしてから食べます。

 

まんじゅうを割って食べるのと同じような要領で、カヌレも食べられますよ。

 

スポンサーリンク
 

カヌレの食べ方にマナーはある?

 

 

カヌレはフランス生まれのおしゃれな焼き菓子ですが、食べ方に決まったマナーがあるわけではありません。

 

手で食べても、フォークとナイフを使って食べても、食べやすいように食べて大丈夫です!

 

ちなみに、食べやすさの面で言えば、フォークとナイフを使うのも意外とおすすめですよ。

 

特にお店では表面をカリカリに焼いた固めのカヌレが出てくることが多いかもしれません。

 

固いカヌレは手で千切っても良いですが、よりスマートにきれいに、しかも食べやすいのはフォークとナイフです。

 

ナイフを手前にスッと引いて、カヌレの溝に沿って切っていきます。

 

固いカヌレも、簡単にきれいに切ることができますよ。

 

カヌレの食べこぼしがなく、さらに、断面の美しさも楽しめます。

 

ちなみに、ナイフをノコギリのように前後に何度も動かして切ると、カヌレ生地がボロボロに崩れてしまい、食べにくくなります。

 

思いきり、スッとナイフを入れるのがポイントです。

 

おしゃれなフランス菓子であるカヌレを食べこなしている大人な雰囲気も出せちゃいますよ!

 

 

カヌレの美味しい食べ方は?

 

 

カヌレはそのままの状態で食べるのも十分美味しいですよね。

 

 

でも、ひと手間加えるだけで、そのままのカヌレとはまた違った食感や風味を楽しめるのです!

 

例えば

  • オーブントースターで焼く
  • 電子レンジで温める
  • 冷蔵庫で冷やす
  • ジャムや生クリームなどをトッピングする

 

といったものです。

 

オーブントースターで焼く

 

カヌレといえば、外側のカリッとした食感が特徴ですよね。

 

でも、時間が経つにつれて、柔らかくなってしまいます。

 

そんな時は、オーブントースターで好みの固さになるまで焼いてみましょう。

 

出来立てのようなカリカリしたカヌレを楽しめますよ。

 

生のカヌレを焼く場合とは異なり、オーブンを予熱で温めておく必要はありません。

 

食べたい時に1~3分程度サッと焼くだけで大丈夫です。

 

ただし、思いっきりカリカリにしたくて長い時間オーブントースターで焼くと、あっという間に表面が真っ黒に焦げてしまいます。

 

せっかくの香ばしいカヌレが台無しにならないように、焼きすぎには十分注意してくださいね。

 

電子レンジで温める

 

 

逆に、カヌレの固さが気になって食べにくい場合は、電子レンジで軽く温めてみるのがおすすめ。

 

温めすぎると、かえって固くなってしまったり、パサついたりしてしまうため、30秒くらいずつ様子を見ながら温めましょう。

 

外側と内側の食感の違いはなくなりますが、しっとり、ふわふわとしたカヌレに仕上がりますよ。

 

冷蔵庫で冷やす

 

夏の暑い日には冷たいカヌレも良いかもしれません。

 

カヌレを冷蔵庫で冷やしてみてください。

 

電子レンジ同様に、カリカリした食感はなくなりますが、キュッと引き締まったカヌレを食べられます。

 

プリンとはまた違いますが、冷たいカヌレと冷たい飲み物は相性も良いですよ。

 

ジャムや生クリームなどをトッピングする

 

カヌレといえば、特にトッピングをせずにそのまま食べるのが主流です。

 

 

でも、お好みのジャム生クリームフルーツなどをトッピングするのもおすすめ。

 

 

最近では、甘いものだけではなく、ベーコン野菜などの食材を乗せているものもあります。

 

 

プレーンでカヌレを食べるのも美味しいですが、トッピングを乗せるといつもと違うカヌレになりますよ!

 

まとめ!

 

カヌレの食べ方には決まったマナーはありません。

 

自分の食べやすいスタイルで、自由に楽しんでも大丈夫なお菓子です。

 

食べやすい方法は、カヌレのサイズや固さによって選んでみるのも良いかもしれませんね。

 

また、カヌレはそのまま食べても、ひと手間加えても美味しく食べられます。

 

自分好みのカヌレの食べ方を見つけて、カヌレをもっともっと楽しんでくださいね。

 

「カヌレ」に関しての別途関連記事はコチラ↓

カヌレをカリカリに復活される方法とおすすめの温め方を紹介!!

カヌレの賞味期限は常温・冷蔵・冷凍保存でいつまで?保存期間はいつまで?

カヌレ型の代用品として使えるもの3選!中には100均で買えるものも!!

カヌレが固いのは何故?原因やどれぐらいの硬さが正解なの!?

カヌレに空洞ができる原因は?中身のあるカヌレを作るコツを紹介!

カヌレが美味しくないと言われる理由!ゴムみたいでまずいのは本当!?

カヌレが生焼けになる原因や見分け方!正しい焼き加減を紹介!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です