カヌレをカリカリに復活される方法とおすすめの温め方を紹介!!

 

 

最近は洋菓子店やパン屋でも見かけ、専門店もあるカヌレです。

 

私の初めてのカヌレは、カヌレを写真でしか見たことがなく勝手にマフィンくらいの大きさだと思っていたのに、実物のカヌレを初めて見たときに「ちっちゃ!こんなん一口で終わる!詐欺!」と思ったのを覚えてます。

 

しかし、カヌレを一口食べたときの

 

外側カリカリ、中側しっとりで食感最高!!

 

味はしつこくなく 上品なのに素朴な味わい、ラム酒の香りに魅了されました。一口でカヌレ大好きになったのです。

 

カヌレは時間がたつと外側のカリカリが外側もしっとりに変わります。

 

外側がしっとりカヌレも美味しいですが時間がたっても、

 

外側カリカリ中側しっとりのカヌレが食べたい!

 

と思っている人に、カヌレをいつでも外側カリカリ中側しっとりに復活される方法暖め方を紹介します。

 

カヌレとはどんなお菓子?

 

 

カヌレはフランスのボルドー地方で生まれた焼き菓子です。

 

正式名称は「カヌレ・ド・ボルドー」といいます。

 

カヌレの生まれ故郷、ボルドー地方は昔から今も続く有名なワインの産地です。

 

ボルドー地方名産のワインをコラージュ(澄んだワインにするために浮遊物を取り除く作業)するために卵白を清澄剤として使っていたので大量に残った卵黄を有効利用するために作られたのが 「カヌレ」です。

 

カヌレとは「溝のついた」という意味で、表面の溝がカヌレにとっては大事な特徴となります。

 

カヌレは「外側カリカリ中側しっとり」ですが、カリカリの秘密は蜜蝋です。

 

蜜蝋をカヌレ型に塗り膜を作ってカヌレを焼くと、蜜蝋がカヌレの外側にコーティングされカヌレの特徴である外側カリカリが出来ます。

 

ラム酒の香りとバターのコク、外側カリカリ中側しっとりの食感は昔から皆に好まれ世界中で大人気の焼き菓子のカヌレです。

 

焼きたてのカヌレは外側カリカリ内側しっとりですが、時間がたてば外側も中側も、しっとりに変わります。

 

外側しっとりも風味があって美味しいので好きな人も多いと思います。

 

今回は時間がたって外側しっとりになったカヌレを外側カリカリに復活される方法を紹介です。

 

スポンサーリンク
 

カヌレをカリカリに復活させる方法は?


カヌレをカリカリに復活させる方法は、オーブントースターで焼き直すことです。

 

でも、焼いただけではカヌレはカリカリには復活しないので、プラス一手間でびっくりするほどカリカリに復活します。

 

1カヌレを、予熱していないオーブントースターに入れ中温で3分~5分焼く。 (オーブントースターの種類によって設定温度、加熱時間は調整してください) コツはオーブントースターで焼いているときに、カヌレが焦げないようにカヌレの向きを変えながら焼くと焦げずに均等に焼き上げることが出来ます。

2焼き上がったカヌレは思ったよりカリカリになっていないと思います。 そうなんです、ここでプラス一手間です。

焼き上がったカヌレをそのまま冷蔵庫で粗熱が取れるくらい(20分~30分)冷やします。

 

焼いて溶かして冷やして固める。

砂糖をフライパンで焼いたら溶けます。

その後、冷やすとカラメ ルになって固まるのと同じイメージです。

 

カヌレオーブントースターで焼いて冷蔵庫で冷やすと、カリカリのカヌレに戻ってくれます。 是非、お試しください。

 

カヌレのおすすめの温め方は?


カヌレを冷やすとカヌレの内側が引き締まり、しっとり、もちもち感が増して食感が変わります。

 

味も甘さ控えめになり、さっぱりとしたスマートな印象のカヌレになります。

 

カヌレを温めるとカヌレ全体のもっちり感が強まり、ラム酒の香りも強く、甘さも際立ち濃厚な印象のカヌレです。

 

冷やしたカヌレも温めたカヌレも、どちらも個性があって美味しいものです。

 

今回は、カヌレの温め方を紹介します。

 

 カヌレの温め方でおすすめは、レンジで加熱することです

 

1カヌレを皿に乗せ電子レンジに入れる。

 

2電子レンジ500wで15秒~30秒ほど温める。 (電子レンジの種類によりワット数、加熱時間を加減ください) 加熱しすぎると、中側のしっとり感がなくなりパサパサ、もっさりの固い食感に変わりますので注意してくださいね。

温めたカヌレはしっとり、もっちりでラム酒の香り漂う甘い大人のカヌレになります。

コーヒーや紅茶の他に、洋酒と一緒でも美味しいです。

是非、お試しください。

 

外側カリカリ中側しっとりのカヌレに復活させるためには、カヌレをレンジで温めた後に、オーブントースターで焼いて、冷蔵庫で冷やすこと。

 

今回ご紹介した全てのことを行えば、温かい外側カリカリ中側しっとりカヌレになり美味しくなりま すよ。

 

カヌレを食べたいと思ってカヌレが食べられるまでに、かなりの時間が必要です。

 

計画的に準備するか、我慢できるときにお試しくださいね。

 

スポンサーリンク
 

カヌレの上に「チョット乗せ」アレンジを紹介!


カヌレをそのまま食べても美味しいのですがカヌレの上に「チョット乗せ」アレンジをしても楽しいですよ。

 

1カヌレに生クリームチョット乗せ。 カリカリのカヌレと柔らかい生クリームのマッチングが美味しいです。生クリームの量はお好みで決めてくださいね。

 

2カヌレに生クリームと砕いたナッツをチョット乗せナッツはアーモンドでもピスタチオでもなんでもOK! (砕く方法)ナッツをビニール袋に入れ、まな板の上に乗せすりこぎで軽く2、3回叩きます。

砕けなかったら、力加減と回数を調整してください。
カヌレとナッツの食感が楽しいですよ。
3カヌレをチョコレートにドボン! チョコレートを耐熱容器に入れ、電子レンジで600wで約1分温めてチョコレートを溶かします。 溶けたチョコレートにカヌレをドボン! 温かいままでも美味しいですし、冷蔵庫でチョコレートが冷えるまで入れて固めても美味しいです よ。

カリカリのカヌレにパリパリのチョコレート。チョコレートの甘みとカヌレの濃厚な味が相性抜群!

 

4カヌレにマーマレードをちょっと乗せ。ジャムとカヌレは何でもあいますが、ジャムの中でもマーマレードが一番。 濃厚なカヌレとマーマーレードの苦み酸味がバッチリ!美味しいです。

いろいろ「チョット乗せ」をお試しください!!

 

カヌレをカリカリに復活される方法とおすすめの温め方を紹介!!まとめ!

 

カヌレをカリカリに復活させる方法おすすめの温め方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

私個人としては、しっとりとしたカヌレも好きですが、やはりカヌレと言えばあのカリカリの食感でありながら、中はしっとりとした感じかと思います。

 

カヌレは普通に温めただけでは、あのカリカリ感を復活させるのは難しいです。

 

ですので、是非、カヌレのカリカリ感を復活させたいと悩んでいた方は今回の内容が少しでも参考になれば幸いでございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です