一人暮らしで野菜を食べない人が多い!野菜不足を解消する方法や対策を紹介!

「野菜が体に良いのは分かるけど、一人暮らしだとなかなか食べられない!」

一人暮らしは野菜不足になりやすい傾向にあります。

理由は人それぞれですが、一人で野菜を使いきれなかったり、野菜を買いに行くのが面倒だったりしますよね。

でも、一人暮らしだからこそ、野菜不足を解消してバランス良く食べたいものです。

そこで今回は

野菜不足を解消する方法や対策

をまとめてみました。

どれもすぐに試せるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一人暮らしだから野菜を摂るのが難しいということはありません。

上手に野菜を摂取する方法を見つけましょう。

1日で摂るべき野菜の量はどのくらい?

一人暮らし野菜

野菜の1日あたりの摂取量目標は350g以上です。

ただし、野菜であれば何でも良いというわけではありません。

野菜には様々な種類がありますが

  • 350gのうち120g以上を緑黄色野菜
  • 230g以上を緑黄色野菜以外の淡色野菜

で摂る必要があります。

ちなみに、緑黄色野菜にんじん、ピーマン、トマト、ほうれん草など色の濃いもので、淡色野菜は、キャベツ、大根、きゅうり、白菜など色の薄いものです。

一見、野菜350gと聞くと、簡単にクリアできそうな気がしますよね。

一人暮らしの強い味方でもあるサラダで350gをクリアしようとすると、袋のサラダミックス(1袋80~100gとする。)で、約3.5~約4.3袋になるのです。

1日、2日程度なら食べられるかもしれませんが、この量を毎日となると意外と大変ですよね。

しかも、サラダはどちらかといえば淡色野菜が中心になりがちで、バランスも気になるところです。

一人暮らしで野菜を食べない人が多い理由は?

一人暮らし野菜

一人暮らしだと、きちんと毎日目標の350g以上を食べるのはなかなか難しいものです。

というのも、一人暮らしで野菜を食べないのには次のような理由があるからです。

  • 何の野菜を買えば良いか分からない
  • レシピが思いつかない
  • 調理が面倒
  • 野菜を使いきれない
  • 自宅からスーパーまでの距離が遠すぎる
  • そもそも外食が多い

1つずつ詳しく解説していきます。

何の野菜を買えば良いか分からない

一人暮らし野菜

野菜が体に良いから積極的に食べようと思って野菜を買いに行っても、何を買えば良いか迷いますよね。

今何が美味しくて、何がおすすめなのか知らないと買いにくいかもしれません。

結局、野菜を買わずにそのまま帰ってきてしまうことも多いのでは無いでしょうか。

また、とりあえず買ったはいいものの、結局調理せずにダメにしてしまうことも。

レシピが思いつかない

一人暮らし野菜

普段から野菜を調理していなければ、野菜でどんな料理を作れば良いのか悩んでしまうものです。

レシピは調べれば簡単に見つかりますが、一人暮らしだとどうしても「レシピを調べてまで野菜を調理しなくても良いかな。」という気持ちになってしまいます。

レシピが思いつかないのは、野菜を買うのをためらわせる原因になるのです。

調理が面倒

一人暮らし野菜

野菜はそのままの状態でテーブルに乗るわけではありません。

洗って、切って、さらに、加熱してと様々な工程を経てやっと食べられます。

この調理自体が野菜を食べなくなる大きな理由です。

疲れている時は洗ったり、切ったりの細かい作業をしたくないこともありますよね。

なので、どうしても簡単に食べられるものに頼りがちです。

野菜を使いきれない

一人暮らし野菜

野菜は必ずしも一人暮らしで使いきれる量で売っているとは限りません。

バラ売りやカット売りが全ての野菜にあれば良いですが、キャベツ1玉や徳用にんじんなど大きく買った方がお得な場合もあります。

コスパ重視で買ったは良いけれど、意外と使いきるのは苦労します。

余らせているうちに腐って食べられないなんてことも。

自宅からスーパーまでの距離が遠すぎる

一人暮らし野菜

自宅からスーパーまでの距離が遠すぎる人も野菜を買うのをためらいがちです。

白菜やキャベツ、じゃがいもなどは重量もあり、疲れた仕事帰りの身体で持ち帰るのは、かなりしんどいです。

また、休みの日でも、自宅からスーパーの距離が遠いとそれだけで買い物に行く気力が失せてしまいます。

外食が多い

小ラーメンの写真

一人暮らしをしていると、どうしても時短の為や作るのが面倒になり、外食で済ませてしまう人も多いです。

外食だと好きなものを食べられるので、ラーメンや揚げ物、丼もの中心の食生活を送っている人もいるのではないでしょうか?

外食でも野菜を摂るとは出来ますが、私自身も外食するときはラーメンや揚げ物が多くなりがちです。

一人暮らしはどう野菜不足を解消する?方法や対策を紹介!

一人暮らし野菜

一人暮らしには野菜不足になりがちな原因が重なっています。

この原因が解決できれば、一人暮らしでも野菜を上手に摂取できるようになりますよ!

一人暮らしの野菜不足を解消する方法・対策は以下の3つです。

  • 食材配達を試してみる
  • 味噌汁やスープを野菜たっぷりにする
  • 加熱調理する

1つずつ詳しく解説していきます。

食材配達を試してみる



食材配達を利用すれば、お店とは違ってゆっくりと食べたい野菜を選ぶことができます。

しかも、それぞれの時期におすすめの野菜や、お得な野菜などが大きく取り上げられている場合もあり、旬の野菜を美味しく食べられます。

また、オイシックス(oisix)などの食材宅配サービスにはボリュームがあるヴィーガンのミールキットセットなどもあるので、楽しみながら野菜を摂ることができるメリットがあるのです。

\5000円分を初回限定で1980円でお試し!!/

味噌汁やスープを野菜たっぷりにする

野菜料理が思いつかないなら、いっそ味噌汁やスープにしてしまいましょう。

「この野菜、味噌汁やスープに合うの!?」と思ってしまうものもありますが、全部入れてみてください。

味噌や塩、コンソメ、めんつゆなどの調味料が意外と何でもアリにしてくれるのです。

私はトマトやピーマン、セロリ、ゴーヤなど冷蔵庫に余った野菜は腐る前に味噌汁に入れて食べています。

具沢山にすればおかずが少なくても、満腹感も栄養も十分得られます。

また、タッパーに入れて冷凍保存すれば長期保存できる上に一品+したいときに役立つのでおすすめです。

電子レンジで温めるだけで味噌汁を+できるので一人暮らしの強い味方です。

加熱調理する

野菜を簡単に食べるためにサラダにする人は多いかもしれません。

でも、生野菜だけで350gを摂取しようとすると、嵩ばかり多くてすぐにお腹が膨れたり、飽きたりして食べきれなくなってしまいます。

350gの目標をクリアするには野菜を加熱した方が嵩が減り、食べやすくなります。

しかも、生野菜よりも体を冷やす心配もなく、量を食べてもお腹に負担がかかりにくいですよ。

野菜不足を解決するなら「食材宅配」が1番おすすめ!



ちなみに、一番おすすめの対策は①の食材配達です。

一人暮らしで野菜不足に悩んでいる人にこそ、食材配達をぜひ試してもらいたいです。

食材配達では自分の好きな野菜を買えて、予めセットになっているものを買えばレシピが分からなくても、調理が面倒でも簡単に作れます。

また、野菜の分量も確認できるので、例えば1週間分の計画を立てて注文すれば、余らせてしまう量も減らせる可能性があります。

食材宅配の野菜は産地や生産者の名前がはっきり表記されており、スーパーで買う野菜以上に安心して食べることができます。

先ほども紹介した通り、オイシックスであれば動物性のものを一切使わないビーガン料理のミールキットをお手軽に楽しむことができ、健康に気を付けたい一人暮らしにおすすめです。

さらに、始めから具材をカットした状態の野菜を注文することもできて、かなり時短になるはずです。

\5000円分を初回限定で1980円でお試し!!/

まとめ

一人暮らしをしていると、野菜をスーパーまで持ち帰る手間や、野菜の調理、野菜を使いきれないといった理由からどうしても野菜を食べない習慣がつきやすいです。

野菜不足と分かっていても、やはり面倒や手間を考えると野菜を摂取する生活から遠ざかりがちですが、野菜不足になると免疫力の低下や肌荒れなどの原因になります。

そうならない為にも、野菜不足は今回紹介した方法で対策していくべきでしょう。

どうしても、自分で野菜を調理したり、買って帰るのが面倒と感じるのであれば食材宅配に頼るのも1つの手です。

私がおすすめするのはビーガン料理がお手軽に楽しめるオイシックス(Oisix)です。

オイシックスであれば、初回に限り5000円相当の食材セットが1980円でお試しでき、微妙と感じたら「初回だけで本契約はしない」ということも可能です。

オイシックスのレビューについてはオイシックス(Oisix)のお試しセットを実際にレビュー!口コミや評判は?メリット・デメリットを調査!で紹介しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お試しだけも可!!1980円でお得にオイシックス!!
オイシックスに申し込む
お試しだけも可!!1980円でお得にオイシックス!!
オイシックスに申し込む